« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の記事

2005.08.31

N太の『どっちもどっち』不当利得返還請求訴訟を本格的に!

以前から注目していたブログです。

いよいよ本格的に動き始めました。これからの展開から目が離せないでしょう!

訴訟は既に1社勝利されています。「不当利得返還請求訴訟」(過払い金返還)

を予定されている方は、是非ご参考に!応援してあげて下さい!

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu(リンクにもあります)

-----------------------

※私も訴訟予定ですので、大変参考になります。勇気でますよ!

ちなみに別館をYahooに作りました。(目的はYahooのブログに書き込む為です)

http://blogs.yahoo.co.jp/yuuki_go_2005

| | コメント (0)

2005.08.29

各地の裁判所の書式(PDF形式)

本当に便利な時代です。(以前よりありましたがご参考までに!)

インターネットで裁判所に行かなくても、書式が見れます。

「特定調停~破産手続き等の書式」

各地の裁判所では、書式をPDF形式でHP上に掲載しています。

(ほとんど間に合いますが、まだPDF化してない所も見受けられます。

この場合は、近くの裁判所の書式が参考になるでしょう!)

http://courtdomino2.courts.go.jp/K_home.nsf

-------------------------------

※おいおい資料を整理して書いて行こう思います・・・。

①個人的には、先ず「破産手続きはどの様な書類」が必要なのか?

を見られると「特定調停」をする場合にかなり参考になると思います。

(保険の解約金・退職金等が出てくる・・・ご両親が昔銀行や郵便局等で

保険や定期をしてくれていたり等の話もよくあるみたいです。)

------------------------

②破産手続き→民事再生→特定調停と普通の逆から見直して

みると意外にも解決が早く見つかるかもしれませんよ。

| | コメント (0)

2005.08.25

■吉田 猫次郎氏 テレビ「ガイアの夜明け」に出演■

【中小企業経営者の駆け込み寺】

東京・神田にある事務所。経営コンサルタントの吉田猫次郎さん

はこれまで9000人以上の中小企業経営者たちの相談にのって

きた。吉田さんの元を訪ねるのは、高利な金融機関から

事業資金を借り、経営に行き詰まった末に“自殺”を考えた人たち。

最後の救いを求めてやって来る。吉田さんはこうした経営者たちに、

死なずに現状から脱する方法を説いている。

未だに資金調達に苦戦している中小企業。

吉田さんの活動や借金から自殺という最悪のケースを回避する

事業者たちの姿を見つめ、その現状を浮き彫りにする。(抜粋)

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview050823.html

---------------------------

再放送は8/27(土)12:00~

日経CNBC(見逃した方は是非ご覧下さい)

http://www.nikkei-cnbc.co.jp/schedule/ProgramList.asp?pldate=20050827

-----------------------

※吉田 猫次郎氏は、書籍やメールでは知っていましたが、

実際にお仕事をされているところは初めて見ました。

(もっと遠い存在の人と思っていましたが。親しみやすい人柄で安心。)

吉田猫次郎氏のメルマガ http://www.nekojiro.net/

| | コメント (0)

2005.08.23

貸金業関係の事務ガイドラインの一部改正 

現在金融庁では、貸金業関係の事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部改正(案)を下記で公表しています。

同時に意見も募集(平成17年9月2日(金)17:00まで

.改正の趣旨

 

 貸金業者に取引履歴の開示義務があり、正当な理由に基づく開示請求を拒否した場合には行政処分の対象となり得ることを明確化するとともに、併せて、弁護士等の代理人を通ずる場合を含め、取引履歴の開示が求められた際の本人確認の手続について明確化するもの。

http://www.fsa.go.jp/news/newsj/17/kinyu/f-20050812-1.html

平成17年9月中下旬より適用予定らしい。

| | コメント (0)

2005.08.18

多重債務者から高額手数料、「調停屋」代表ら5人逮捕

知らない方は、気を付けましょう!

多重債務者に簡易裁判所での特定調停を勧める民間の「調停屋」が、

大阪地検特捜部により18日弁護士法違反容疑で逮捕された。

大阪市内に営業所を構えるグループ5人。

(読売新聞より抜粋)

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050818i210.htm

--------------------------------

「無料の地域情報誌に、債務の整理を請け負うとした広告を掲載」

大阪地検特捜部は18日、大阪市港区の許斐正明容疑者(58)田村学容疑者(54)ら男女5人を弁護士法違反の疑いで逮捕。

名称は、コーワ電算PCセンター」や「ファイナンシャルカウンセラー」などの肩書を名乗り、スポーツ新聞や大阪市内の一部地域で発行されている無料の地域情報誌に「支払い方法を見直しませんか」と、整理を請け負うとした広告を掲載し、訪れた多重債務者らに特定調停を申し立てるよう勧め、書類の書き方を教えるなどして報酬を受け取っていたという。

(朝日新聞その他より要約)

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200508180067.html

| | コメント (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »