« 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会には、最高裁の判決後、問い合わせが急増 | トップページ | 貸金業関係の事務ガイドラインの一部改正  »

2005.08.18

多重債務者から高額手数料、「調停屋」代表ら5人逮捕

知らない方は、気を付けましょう!

多重債務者に簡易裁判所での特定調停を勧める民間の「調停屋」が、

大阪地検特捜部により18日弁護士法違反容疑で逮捕された。

大阪市内に営業所を構えるグループ5人。

(読売新聞より抜粋)

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050818i210.htm

--------------------------------

「無料の地域情報誌に、債務の整理を請け負うとした広告を掲載」

大阪地検特捜部は18日、大阪市港区の許斐正明容疑者(58)田村学容疑者(54)ら男女5人を弁護士法違反の疑いで逮捕。

名称は、コーワ電算PCセンター」や「ファイナンシャルカウンセラー」などの肩書を名乗り、スポーツ新聞や大阪市内の一部地域で発行されている無料の地域情報誌に「支払い方法を見直しませんか」と、整理を請け負うとした広告を掲載し、訪れた多重債務者らに特定調停を申し立てるよう勧め、書類の書き方を教えるなどして報酬を受け取っていたという。

(朝日新聞その他より要約)

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200508180067.html

|

« 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会には、最高裁の判決後、問い合わせが急増 | トップページ | 貸金業関係の事務ガイドラインの一部改正  »

■SFコーポレーション(三和ファイナンス)の続報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会には、最高裁の判決後、問い合わせが急増 | トップページ | 貸金業関係の事務ガイドラインの一部改正  »