« ■事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部が改正 本日施行 | トップページ | ■過払い金返還 集団訴訟 »

2005.11.15

■貸金業者側から見れば?(参考)

(社)東京都貸金業協会から出ている資料です。

http://www.tokinkyo.or.jp/html/hourei/karibarai.html

放置できない過払金返還請求の激化

協力  小田部 胤明 顧問弁護士

代理人弁護士による消費者金融を相手取った過払金返還請求が急増していますが、(社)東京都貸金業協会・広報委員会では、放置できない重大な問題と考え、これに反論するための見解を小田部弁護士にまとめていただきました。

(PDF No1 No2を参照してみてください)

※↑そういえば民法704条の「悪意の受益者」の項目については書かれて無いみたい?

何故???

----------------

★今日の一言

最高裁の判決に伴い,昨日「金融庁の事務ガイドライン」が改正されましたので,上記の内容は過去の記載として見ると裏表がより鮮明に思えます。

☆特定調停編

特定調停を申し立てたら,相手方の会社から上申書(17条決定)等の書類が,簡易裁判所に届きます(たぶん)。

担当書記官に「呼出期日」が来る前(1~2週間)に書類が届いているか?確認してハンコ(申立書で使った物)を持って行き,コピーをもらっておきましょう。

ただし,費用がかかります。一枚50円前後(何故白黒なのに,そんなにするの~)

|

« ■事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部が改正 本日施行 | トップページ | ■過払い金返還 集団訴訟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部が改正 本日施行 | トップページ | ■過払い金返還 集団訴訟 »