« ■吉田 猫次郎氏のコメント | トップページ | ■最高裁初判断(ローンの分割返済の「一括」特約) »

2006.01.12

■武富士さんの違法履歴

返済金過払い訴訟 原告らに600万円返還 釧路地裁 武富士和解に応じる  

 【釧路】返済した借金の入金処理が適正に行われず、15年間も必要のない金の振り込みをさせられたなどとして、釧路管内の50代の女性が、消費者金融大手の武富士(東京)を相手取り、過払い金の返還や慰謝料など約930万円の支払いを求めて釧路地裁(片田信宏裁判長)に起こしていた訴訟は11日までに、同社が女性と家族らに約600万円を支払うことで和解が成立した。

 原告側代理人によると、同地裁の和解勧告を原告、被告双方が受け入れた。武富士側は「入金は女性の依頼で、夫らの借金返済に振り分けていた」と主張していたため、和解金は利子などを含め女性に三百九十万円、女性の夫に八十六万円、長男に百十九万円がそれぞれ支払われる。三人分を合わせると、過払い金は事実上、全額返還されることになる。原告側代理人は「納得できる金額で、事実上の勝訴」としている。

 訴えによると、女性は一九八四-九二年、武富士釧路支店から計百三十八万円を借り、二○○四年二月までに約三百六十回、少なくとも約四百八十万円を返済した。ところが、女性が取引履歴を同社から取り寄せ、金融機関の振り込み控え二百三十二枚と比べたところ、取引履歴の未記載や、振込額より少ない記載が百二十七回あり、「組織的、継続的に不正な入金処理を行った」と主張していた。

(北海道新聞ニュースより)

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060112&j=0030&k=200601126497

-----------------

★今日の一言

取引履歴と入出金の確認はやはり面倒でも,確認が大切ということですね。

契約番号で

****-***-03とかあれば,以前に01,02が存在しているのが普通です。

実際に入金履歴が銀行等に残っている場合は照合の確認が必要ですね。

例えば,取引履歴の開示上は4回分数十万の入金があるのに,手持ちの契約番号の末尾が****-05とかあれば,過去にまだ1回分以上の履歴が業者側にあるはずです。その都度契約が変わっていたりします。照らし合わせれば,分かることです。

※銀行取引で振り込み入金の場合は,通帳に履歴が残っています。もし,古い通帳が見つからなくても7~10年分は,銀行の窓口に行けば個人情報なので情報開示していただけます。郵便局だと5年前位らしいです。(どちらにしても時間がかかるのと,開示要請しなければ履歴がドンドン消されていきます)

※同時に情報機関(全情連・CIC・CCB・テラネット)から個人情報の照会をして入手しておくと良いでしょう。金融業者から最新契約時期や事故・遅滞等の内容で,5年前まで記録保存されています。

☆今年は本当に記録的な大雪で大変ですね。あ~仕事も忙しい・・・。

しかし,今年はさらに「勇気で前進!」

|

« ■吉田 猫次郎氏のコメント | トップページ | ■最高裁初判断(ローンの分割返済の「一括」特約) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過去に改竄は、各社かなりあったようですね。 N太もライフに1回分やられています。証拠がありますので、大口のレイクの不当利得返還請求訴訟後、訴える予定です(^O^)

投稿: N太 | 2006.01.20 09:40

N太さんの言う通りですね。しっかりと自分で確認もしていかないと・・・。共々に頑張りましょう!

投稿: | 2006.01.21 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■吉田 猫次郎氏のコメント | トップページ | ■最高裁初判断(ローンの分割返済の「一括」特約) »