« ■地裁での「過払金返還請求」結果---第1幕終了 | トップページ | ■過払い利息の返還求め一斉提訴、「アイフル」相手どり »

2006.02.28

■過払金返還訴訟-第二幕

過払い返還5百億円、灰色金利制限で増 消費者金融4社

 貸金業者に対し、利息制限法の上限を超える「グレーゾーン金利」分の返還請求が相次ぐ中で、武富士やアイフルなど消費者金融大手4社が返還に応じた額が、昨年4~12月で358億円に達したことがわかった。最高裁判決などで借りた側に有利な司法判断が定着して返還額は急増。05年度は500億円近くに達する見込みだ。業者側は過払い金の総額を公表していないが、会計上返還すべき債務への計上を求める動きもあり、影響はさらに拡大するとみられる。

 利息制限法での上限金利は、貸出金額に応じて年15~20%に抑えられているが、多くの貸金業者は罰則がある出資法の上限金利(年29.2%)との間の「グレーゾーン金利」で貸し付けている。

 このため、借金返済に悩む契約者が、利息制限法の上限を超える金利は違法だとして、過払い金の返還を求める訴訟が全国で続出。業者側が敗訴や和解で返還する事例が増えてきた。最高裁は今年1月にグレーゾーン金利の適用を厳しく制限した判決を出し、返還の流れは加速している。

 消費者金融大手4社でみると、05年4~12月の返還額は、武富士128億円、アコム87億円、プロミス75億円、アイフル68億円。武富士では前年同期より6割増で、同期間の当期利益(369億円)が25%減った一因になった。アイフルもすでに05年3月期実績の倍近いという。前期の実績を明かさないアコムとプロミスも、返還額の急増は認めている。

 06年3月期の通期見込みでは、武富士が170億円程度に達し、4社合計では500億円近くになる見通しだ。各社とも「経営上無視できない金額だ」と認めている。

 借り手を支援する法律家グループは、業者側が返還すべき過払い金の総額を明確にし、契約者への債務として会計処理するよう要求。今月初め、日本公認会計士協会などに指導を申し入れた。仮に一括して会計処理する場合、多額の引当金の積み増しが必要で、業績にさらに大きな影響が出ることが予想される。

(朝日新聞ニュースより) 02月26日

http://www.asahi.com/business/update/0226/001.html

------------------

★今日の一言

過払金返還訴訟が急増しています。今の内に過払金返還請求をしないと一部の中小の会社の存続が・・・心配されます。(会社が民事再生等されると返還請求が難しくなるからです)

親族の方を,やっと説得して地裁での「過払金返還の本人訴訟」を始めることが出来ました。まだまだこれからです。頑張ります!

|

« ■地裁での「過払金返還請求」結果---第1幕終了 | トップページ | ■過払い利息の返還求め一斉提訴、「アイフル」相手どり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■地裁での「過払金返還請求」結果---第1幕終了 | トップページ | ■過払い利息の返還求め一斉提訴、「アイフル」相手どり »