« ■ライフ(アイフル)更生前の過払金問題 | トップページ | ■連帯保証人人口はどれくらい?(2500万人?) »

2006.07.31

■金融会社内部からの動向

‥‥……━★

★信販会社に勤務されている方の一連の感想です↓(ご参考までに)

---------------------

発行人  : Masa
URL  : http://blog01.sea-manta.net/
メルアド : ma3437@yahoo.co.jp
『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』
(ID:0000160251)

====================
  子供にお金がかかる、特に中高年の為のキャッシング道!
  現役信販マンが教えるカードの落とし穴に嵌まらない方法
====================
6人に1人が3ヶ月以上延滞中?!
     全国信用情報センター連合会調べで、利用者実態分かる?
====================
毎度おせわになります、Masaです。

朝日新聞は、よく政府寄りの記事を載せています。

今回の一連の貸金業規正法の改正へ向けての報道を追っていて、それが良く
分かりました。気がついてしまいました。

何か、動きがある前に必ず政府に利するような報道が行われ、世論の地ならし
をしているんです。

昔から我が家は朝日新聞取っていたのですが、最近までこの事に気がつきませ
んでした。

このデータについても、貸金業法改正での例外規定の動きを封じる為の動きで
あることは確かなのですが、中の数字については興味深いものでしたので今回
紹介することにしました。


(朝日新聞引用 ココから)
「消費者金融 267万人返済延滞 平均残高101万円
2006年 7月27日 (木) 06:05

消費者金融の利用者は1600万人近くにのぼり、その6人に1人、約267万
人が3カ月以上、返済が滞っている。貸金業界の信用情報機関「全国信用情報セ
ンター連合会(全情連)」の調べでこうした実態が分かった。

政府・与党は多重債務者対策として上限金利の引き下げを検討しているが、業界
の要望を受けて「少額・短期の融資」に特例の高金利を認める案が浮上している。
ただ、利用者が消費者金融1社から借りる額の平均は40万円弱。このため特例
を認めると大半の利用者に高金利が適用されかねない状態だ。

資料は5月22日時点で全情連に登録する顧客データから作成。4社以上から借
りている多重債務者は約356万人。平均残高は約200万円で、3割以上が滞
っている。1社のみの利用者(平均残高36万円)でも9.6%が延滞している。

全情連の加盟業者は大手が多く全業者数の2割以下なので、業界全体の利用者数
や借入残高はさらに多いと見られる。貸金業規制法では客の返済能力を超える貸
し付けを禁止しているが、実態は延滞が多発しており、貸金業者の審査能力が改
めて問われそうだ。 政府・与党は出資法の上限(年利29.2%)と利息制限
法の上限(同15~20%)の間の灰色金利を撤廃し、利息制限法に原則一本化
する方針。秋の臨時国会をめどに貸金業規制法などの関連法を改正する考えだ。
ただ、一部の国会議員や業者は少額・短期の融資に高い特例金利を認めるべきだ
と主張。
「1社当たり残高50万円、期間1年以内」といった案が有力になっている。

その場合、2社からの借り入れを認めれば計100万円、3社なら計150万円
まで高利で貸すことが可能だ。利用者の平均残高は101.5万円で1社からの
借り入れは平均39.9万円。過半の融資が特例扱いになりかねない。

現在、「灰色」部分の利息は利用者が任意に支払うなどの条件を満たしていない
場合に業者に返還請求できる。ただ、法改正後は「灰色」が「シロ」となって返
還請求ができなくなるだけに、「特例によって、かえって業者が有利になる」と
の批判がでそうだ。」
(ココまで)


この記事が出た27日、案の定、金融庁の与謝野金融相が有識者でつくる金融庁
の貸金業制度等懇談会に出席し、貸金業の上限金利引き下げに伴って少額・短期
の場合に例外として高金利を認める案について、「例外を設けた時に例外でなく
なることもあり、相当慎重でないといけない」と発言しました。


それはそれとして・・・。

「消費者金融の利用者は1600万人近くにのぼり、その6人に1人、約267
 万人が3カ月以上、返済が滞っている。」

16.7%!!が3ヶ月以上延滞?!

コレは思ったより高い数字で驚きました。

信販会社でもカードなどで延滞する客は、皆さんが想像する以上に多いです。
新入社員のとき、1ヶ月延滞の数の膨大さに唖然としたものでした。

でも、3ヶ月遅れとは・・・。回収が厳しい状態ですね。


「4社以上から借りている多重債務者は約356万人。平均残高は約200万円
で、3割以上が滞っている。1社のみの利用者(平均残高36万円)でも9.6
%が延滞している。」

4社以上借りている多重債務者は全体の22.3%!

コレは正直、もう少しいるんじゃないの?って感じです。

実際融資を申し込んでくる客で4社以上利用中の人は、結構多いんですよ。

信販会社も合わせるともっと増えることになるのは明らかです。

ただ、3割が延滞してるって言うデータは知らなかった・・・。


一般的に、5社200万を超えると支払不能に限りなく近づくといわれています。

そのため大手消費者金融5社は、すでに4社以上から借金をしている人には新規
の貸し出しをしないという自主規制を掲げていますが、こうしたルールに実効性
のない実態が浮かび出されたと言えるのでは?


それなら、そういう多情債務に近い人はどうしたら良いのか?

どうせ払うのなら、安い金利のところで払ったらいいんです。

「おまとめ」と呼ばれる一本化ローンも世の中にたくさんあります。

でもそれを使うのも良いですが、前からご案内の通り現在信販系カードローン等
が低金利・高額利用可能枠をウリに商品展開しています。
利率も圧倒的にコチラの方が安いです。

これを使わない手はないでしょう!!

もちろん無理せず、自分の状態を見極め、法的手続きを選ぶべき場合は勇気を持
ってそちらを選ぶべきです。

そうでない方は積極的にこのチャンスで低金利に借り替えるのが得ですよ。
(ここまで抜粋)

|

« ■ライフ(アイフル)更生前の過払金問題 | トップページ | ■連帯保証人人口はどれくらい?(2500万人?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ライフ(アイフル)更生前の過払金問題 | トップページ | ■連帯保証人人口はどれくらい?(2500万人?) »