« ■約230万人の多重債務者 | トップページ | ■警察庁より振込み詐欺,情報公開 »

2006.07.26

■どうする?アイフル他

違法な取り立てを行ったなどとして金融庁から業務停止命令を受けた消費者金融大手のアイフルが25日発表した平成19年4~6月期(第1四半期)連結決算によると、業務停止による新規契約の落ち込みに加え、利息制限法の上限金利を上回る「グレーゾーン金利」での貸し付けで得られた利息の返還などで営業費用がかさみ、最終利益は前年同期比27.7%減の146億円と大幅減益となった。

 同社は、北海道函館市など5店で違法な取り立てを行ったなどとして5月8日からの3~25日間、約1900の全店舗(無人店含む)の業務を停止した。CM自粛なども響き、4~6月の無担保ローン獲得件数は47.9%減の約4万3000件と激減、不動産担保ローンや事業者ローンも軒並み落ち込んでいる。

 これに加え、過払い利息の返還関連費用が前年同期比4倍の65億円となったほか、貸倒関連費用が16%増の462億円にふくらむなど営業費用の急増が収益を圧迫した。

 ただ、住友信託銀行と共同出資した事業者向けローン会社「ビジネクスト」など、子会社の好調により、売上高に相当する連結営業収益は0.8%増の1356億円となった。

 19年3月期の通期業績は5月発表の当初見通しを変更せず、連結最終利益は20.2%減の525億円を見込んでいる。

(産経新聞ニュース 7/25より)

http://www.sankei.co.jp/news/060725/kei087.htm

----------

★今日の一言

三洋信販も減収のようだし,多分その他各社も同様と思われる。

既報のとおり,多重債務者は約230万人で約1200万人が予備軍としているらしい。景気がよくなったといっても,庶民にはまだまだ先のこと。

各地で豪雨に遭われて,ますます返済困難な方も多くいると思うと,今後も「過払金返還」等の流は変わらないであろう。

「債務者一揆」がすでに始まっているのであろう。各地の裁判所・書記官様,民衆の嘆きをお聞き入れ下さいね。

|

« ■約230万人の多重債務者 | トップページ | ■警察庁より振込み詐欺,情報公開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■約230万人の多重債務者 | トップページ | ■警察庁より振込み詐欺,情報公開 »