« ■祝1億5千万円突破!(過払金) | トップページ | ■これでいいのか?グレーゾーン金利廃止 »

2006.08.09

■日掛け金融 過払金訴訟

自営業者ら「保証料で実質違法金利」と金融業者提訴

 金利のほかに高額の保証料を払わされ実質的に法定金利を上回る返済をさせられたとして、全国の自営業者らが8日、日掛け金融業者と保証会社に対し不当利得の返還などを求め、各地の地裁や簡裁に提訴した。

 原告弁護団によると、取引履歴を開示しない業者には慰謝料も請求した。原告は、提訴予定も含め11道府県の延べ約270人で、請求総額は約5億3000万円になる見通し。

 日掛け金融業者は従業員5人以下の零細業者を対象とした場合に限り、最高年54.75%という高金利での融資が認められるが、これとは別に高額な保証料を支払わされることが多い。

 熊本地裁では8日午前、約120人が提訴。記者会見した青山定聖弁護士は「日掛け金融業者と保証会社は密接につながっており、違法な高金利システムが成り立っている。全国には、まだまだ潜在的被害者がいるのではないか」と話した。

(日本経済新聞ニュース NIKKI NETより)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060808STXKC044108082006.html

----------

★今日の一言

日掛け金融の場合,高利の為約3年5ヶ月位返済をしていれば過払金が発生するらしい。もっとも,キチンと「日掛け金融」の特例の通り業務をしている所はほとんど無いのではないかと思います。領収書・借り入れ等の書類を今一度確認してみましょう!

私も過去に親族の会社が「日掛け金融」と取引していたので,過払金を返還してもらいました。

|

« ■祝1億5千万円突破!(過払金) | トップページ | ■これでいいのか?グレーゾーン金利廃止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■祝1億5千万円突破!(過払金) | トップページ | ■これでいいのか?グレーゾーン金利廃止 »