« ■グレーゾーンの過払返還金・2億円の見通し! | トップページ | ■消費者信用団体生命保険(金融庁) »

2006.09.13

■元銀行員から見た「グレーゾーン」

‥‥……━★

元銀行員の方のメルマガから転載させて頂きます。

●借りるぞ 銀行融資!「~第141号・非常識な金利引き下げ交渉は考えもの」

より一部抜粋させて頂きます。

------------

◆発行元:上田経営コンサルティング事務所
◆発行責任者:銀行取引コンサルタント 上田 真一                               
◆ホームページ  http://www5e.biglobe.ne.jp/~stbank/   
◆ブログ日記   http://blog.livedoor.jp/stbank/ 

★ このメルマガの内容とは

 地方銀行に十数年勤務し、
  銀行営業を通し1,000社を超える融資取引先をみてきた
  銀行取引コンサルタントが語る銀行融資取引の実践書です。
 勤務中に取り上げた融資案件は、3,000件以上。そのノウハウを公開します。

 銀行から資金をひきだす方法・・・。
  そのノウハウを使い中小企業・個人事業者の支援を行っています。
  全国の読者、経営者の小冊子購入者から、銀行から融資を受けられた!
  との声を多数いただいています。
(省略)

--------

2.金融コラム ~ グレーゾーン金利問題で思うこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近、消費者金融の貸出金利が社会問題化していますよね。
 一言でいうと、「金利が高すぎるから低くするかどうか?」
  ということに尽きます。

 それで、何でもめてるかというと、
 利息制限法と出資法に基づく貸出上限金利が違うからです。
 前者が、20%(金額により3段階あり)で、後者が29.2%となっています。

 この両法の上限金利の間をグレーゾーンと言ってるわけです。
 ここで、詳しい説明は避けます。
 
 私は、利息制限法の上限金利でも十分高いと思っています。
 ですから、20%に制限できたとしても、
 根本的な解決にはならないと思っています。

 だって、そうでしょう?
  今回は、消費者金融ということで、個人への貸出が主ですが、
 あなたの会社が運転資金などを20%を超える金利で借りていたら、
 どうなるでしょうか?

  経常利益や営業利益の段階で、20%を超える利益が出ているでしょうか?
  ほとんどの中小企業は、金利負担に耐えられないでしょう。

 銀行が貸してくれないから、消費者金融で借りる。
 でも、その消費者金融会社の貸出原資は、
 銀行からの借入だったりします。

 銀行からみると、消費者金融会社は優良企業とみなしてきた経緯があります。
 一時期には、都市銀行の収益を凌ぐほどでしたからね。

 私は、上限金利を低くしたからといって、
 根本的な解決はないと思います。

 根本的な解決のためには、子供の頃からのしっかりした教育が
 大事だと思います。

 普通の人が20%以上の金利で借りれば、返せないですよ。
 そのあたりの常識がなく、
 安易に借りてしまう若年層が多いことが問題だと思います。

(省略)

------------

★今日の一言

なるほど,さすが元銀行マンのコメントには重みを感じます。

確かに,商売でも20%の利益を上げるのは中々大変なのが実情。これが個人だとどうしても安易に考えてしまいますね。私も反省しなければ。。。

    

|

« ■グレーゾーンの過払返還金・2億円の見通し! | トップページ | ■消費者信用団体生命保険(金融庁) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■グレーゾーンの過払返還金・2億円の見通し! | トップページ | ■消費者信用団体生命保険(金融庁) »