« ■消費者金融会社の業績悪化は必至 | トップページ | ■過払金史上,最強の女性かも? »

2006.10.16

■サラ金の政界・官界工作 (「最強法律相談室」ブログより)

‥‥……━★

いつも分かりやすいので,転載させていただきます。

------------

最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所) http://blog.livedoor.jp/sarakure110/

E-mail info@sarakure.jp

TEL 0834(31)4132

メール+TELでも無料相談が受けられます。

※また債務があっても,長い取引で利息制限法に引直後の過払いや,完済済みの場合は,着手金は0円とHPにあります。

---------

■サラ金業界の露骨な政界・官界工作の一部が明らかになった。(10月15日付)

報道によると、サラ金業界は03年~05年の3年間に、自民党、公明党に対し、合計1949万円の資金提供をしたようだ。
 この中には、安倍内閣の閣僚6名(塩崎恭久官房長官・甘利明経済産業大臣・柳沢伯夫厚生労働大臣・若林正俊環境大臣・山本有二金融担当大臣・渡辺喜美副大臣)や中川秀直党幹事長なども含まれている。

 さらに別の報道によると、旧大蔵省、財務省から官僚OB23名がサラ金大手5社(武富士・アコム・アイフル・プロミス・三洋信販)に、役員や顧問として天下りしているようだ。

 上限金利の引き下げ問題で、政府与党が国民多数の声を無視してサラ金業界寄りの姿勢をとり続けていることと、上記の政界・官界工作とは決して無縁ではないだろう。

 それにしても政治家・官僚の金権腐敗体質は目に余る。
 天下り官僚は、直ちにサラ金会社を退職すべきだし、自民党、公明党は受け取った資金を全額返還すべきだ。

 サラ金業界の露骨な政界・官界工作には引き続き目を光らせていこう。

-------

★今日の一言

国が滅ぶ兆しには,必ず「官僚等の権力の魔性」が関与しています。

これは過去の「歴史」が証明してくれています。

今は「主権在民」しっかり政治を監視していきましょう!

|

« ■消費者金融会社の業績悪化は必至 | トップページ | ■過払金史上,最強の女性かも? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■消費者金融会社の業績悪化は必至 | トップページ | ■過払金史上,最強の女性かも? »