« ■トヨタ自動車の1兆円の利益は、従業員に強いられた苛烈な労働から | トップページ | ■「消費者金融」の書類が全く残ってない人の場合 »

2006.11.04

■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て

‥‥……━★

最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所) http://blog.livedoor.jp/sarakure110/
の11月3日付けブログに
「結局11月19日の日本PTA中国ブロック研究大会で夜回り先生こと水谷修先生に記念講演をしていただく件は中止となった。
 水谷先生は、最後まで周南市に来る意向を示されていたが、当日の混乱に配慮されて自ら身を引かれた。
 大変残念な思いである。
(中略)
本日深夜12時からNHK教育で、夜回り先生の番組が再放送されるので、まだご覧になってない方はぜひ観ていただきたい。 」
とあったので,途中からだったが見ることができた。
 
水谷修先生の事は,恥ずかしながら今まで知らなかった。しかし中村弁護士が推薦されるので,余程の人物であろうと思い途中からだったがチャンネルを回しました。
 
感想は,私が想像していたより遙かに「カルチャーショック」を受けました。
世の中はまだまだ広い,こんな人やこんな世界があったのか・・・。あらためて驚きと,感動と憤りを感じた。(今,子供達が,大人が,社会が孤独な世界で悲鳴を上げている。)
まさに,現代の問題の縮図といえるのではないでしょうか?根本的に社会の中に「水谷修先生」のような方が,昔はもっと居たから「現代社会」がかろうじて成り立っている。
 
しかし,現代に於いては「教育」の現場で「家庭」の中で「基本的な道徳」が教えられていないし,教える先生がいないのが現状のように見受けました。(昔はおじいさんやおばあさんが子供達に教えていたと思います)
 
極端かも知れませんが,「小学校」から孔子の「論語」を昔のように教えてもいいのではないだろうか?
それ位,現在の大人~子供まで「倫理観」の根幹となる「哲学」簡単にいえば,社会で生きていく上での「相互助け合い精神」が欠如していると思えてなりません。
 
もっと突き詰めれば「男」と「女」,「親」と「子供」の関わり方が,私も含めてへたくそではないかと反省させられた。
 
社会に自分に「余裕」がないから,より弱者の立場にいる者へ「感情をぶつけてしまう」そうしないと,自身が保てない日常・社会が現実としてある。
 
昔は,どこの地域にも「原っぱ」や「空き地」がたくさんあり,子供達が必ずのびのびと遊んでいた。「ガキ大将」もいてちゃんとルールを作っている世界があった。大人の世界も,いろんな意味で「いい加減な世界」があちこちであった。
 
昔の一こまを振り返ってみる。(残念ながら悪い面だけが現在社会に残ってしまった観がある)
「選挙でのお金による買収」は日常茶飯事。
「政治家とやくざ」は紙一重。
「お巡りさんもたとえ悪事をしていても,近所の人なら見逃して更生を見守る」
「子供」で問題があれば,家族同然に近所の人が心配や遠慮なしに叱っていた」
「悪い事をした子は,近所のお寺に預けられた」
「正義と不正義が同居しながらも,ちゃんと成り立っていた」・・・等
 
丁度,マンガの「3丁目の夕日」の世界が,一昔前まで存在していたから「みんな」が住む場所もあったと思うのは私だけだろうか?
 
今やその場所は,「ネット」の中に移ろうとしている。しかし,まだまだ社会の復活を信じたい。
それを作るのは,1人1人の「いたわりのある心」「権力を恐れない心」「正義の心」「お金にへつらわない心」「勇気でほがらかに生きる心」では無いかと私は思います。
 
「水谷修」という国宝級の先生がいる社会で,今一緒に生活しているのも事実。
「水谷修」先生から励ましを頂いた方は,その意志を受け継いで次の世代に「アドバイス」していく使命があると私は強く感じました。
 
報道では,「水谷修先生」はガンにより余命が少ないと知りました。周南市での公演が中止になったのは,「時間との闘いの方」なので非常に残念だと思いました。
その代わり新たに12月23日の夕方に周南市で記念講演をしていただけることになり、現在PTA有志で準備を進めている。とあり,
 
 「夜回り先生とクリスマスの夕べ」
が本当に有意義な時間となる事を心からお祈り申し上げます。
 
「水谷修先生」資料も調べた範囲で掲載させて頂きます。
(水谷修氏:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)より」
(水谷修氏:インタビュー Yahoo!books)
(水谷の遺伝子~ 「夜回り先生」(水谷修氏)応援サイト~)

|

« ■トヨタ自動車の1兆円の利益は、従業員に強いられた苛烈な労働から | トップページ | ■「消費者金融」の書類が全く残ってない人の場合 »

■SFコーポレーション(三和ファイナンス)の続報」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ギャンブル」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■トヨタ自動車の1兆円の利益は、従業員に強いられた苛烈な労働から | トップページ | ■「消費者金融」の書類が全く残ってない人の場合 »