« ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て | トップページ | ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより »

2006.11.04

■「消費者金融」の書類が全く残ってない人の場合

‥‥……━★

過去に「消費者金融」から借り入れたが,家族に見られたくない為に既に証拠隠滅している。しかし「過払金」を取り戻せるのなら取り戻したい方も多いかと思います。そんな方には下記をご覧下さい。

おなじみの下記ブログからの転載です。

最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所) http://blog.livedoor.jp/sarakure110/

E-mail info@sarakure.jp

TEL 0834(31)4132

メール+TEL+直接面談でも無料相談が受けられます。

※また債務があっても,長い取引で利息制限法に引直後の過払いや,完済済みの場合は,着手金は0円とHPにあります。

------------

■いいんだよ  書類がなくても (11月4日付けブログより)

昨夜は水谷修先生の番組を最後まで観てしまった。終了は午前3時。
 再放送はありがたいが、NHKももう少し、時間帯を考えてほしい。
 もっとも最近のテレビは、録画予約が簡単に出来るから、最初から録画用の番組だと割り切れば良かったのかもしれない。

 水谷先生のように1日1000通のメールは来ないが、このブログを見たという方からほぼ毎日借金の相談メールが届くようになった。

 意外に多いのは、領収書や契約書は全く残っていないし、借入が始まった時期の記憶もあいまいなのだが、こんなのでも過払い請求できるでしょうかという類の相談。

 結論としては全然問題ない。
 実際私の所に来る相談者で、領収書や契約書をていねいに残している人はほとんどいない。
 もういらないと思った、家族に見つかるとヤバイから、理由はさまざまだが、ほとんどの人が古い書類は破棄している。

 それでも借りたサラ金の名前だけは覚えているから、依頼を受ければすぐにそのサラ金に受任通知を出す。
 記録の管理はサラ金がしているので、住所、氏名、生年月日がわかれば後はサラ金側で調べて取引の明細を送ってくる。
 たまに古い取引履歴を隠して、途中からの分だけを開示してくるズルイサラ金もいるが、数年前に比べるとそうした不心得サラ金はずいぶん減った。やはり最高裁が取引履歴の開示義務を正面から認めたのが大きかったと思う。

 そんなわけですから、書類が全く残ってない人も勇気を出して相談してほしい。
 

(ここまで)

---------

★今日の一言

先ずは,アクションから始めましょう!

水谷先生の事もありますが,先哲は「闇夜で人の前に灯を灯せば,我が前も明るくなる」と言われています。

自分と同じように困っている人の為に何かをする。それは人間にしかできない事です。私もそんな気持ちで明日を信じて現在闘っています。

私の善悪の定義は,「希望」を与える人は善であり。「希望」を奪う者は悪としています。

|

« ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て | トップページ | ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
初めて拝見しましたが、凄く勉強になるブログですね。感心してます。
これからも何度かお邪魔し、学びたいと思います。

投稿: oboro41 | 2006.11.05 23:08

ご訪問&コメントありがとうございます。
「ブログ」でみんな頑張っている方がたくさんいます。私の所を経由し,いろんな方のアドバイスをもらって頑張って下さいね。

投稿: yuuki | 2006.11.05 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て | トップページ | ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより »