« ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) | トップページ | ■過払いの多い人(50~60代以上) »

2006.11.13

■消費者金融を一斉提訴、上限超過の過払い金返還求める

消費者金融などに利息制限法の上限(年15―20%)を超える金利を支払わされたとして、35都道府県の多重債務者ら約1800人が13日、全国の約70社を相手取り、過払い金計約27億円の返還を求める訴えを各地の地裁や簡裁に一斉に起こした。

 原告らは、出資法が定める上限金利(29.2%)以内でも、利息制限法の上限を超えた「グレーゾーン(灰色)金利」については、債務者に返還する義務があると主張している。

 支援する「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」(東京・千代田)によると、一斉提訴は、利息制限法の上限を超える金利の過払い金返還請求を認めた1968年11月13日の最高裁大法廷判決にちなみ、2004年から毎年実施。今年で3回目となり、多重債務者の増加でグレーゾーン金利が問題となる中で、昨年とほぼ同じ規模となった。グレーゾーン金利を巡っては、出資法の上限金利を20%に引き下げて廃止することなどを柱とした貸金業法案を政府が提出、開会中の臨時国会での成立を目指している。

(日本経済新聞ニュース NIKKI.NETより 11月13日付 )

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061113AT1G1302313112006.html

-----------

★今日の一言

現在,本当に「過払い金訴訟」が全国で竜巻のように起こっている。「債務者一揆が遂に全国へ」

この現象は,さらに加速していくでしょう!

おなじみの最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)では,11月末には,2億5000万円を突破!する予告さえ出ている。本当に凄い!

(11月11日付最強法律相談室ブログより転載。)

平成18年の過払金取戻額、本日現在合計2億3295万8472円。

 11月末までには2億5000万円を突破する予定。

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/

----------

‥‥……━★

(再度,過去記事を転載↓)

現在借り入れされている方,既に完済済みの方にさらに朗報?

「消費者金融会社」が過払金返還の為に「グレーゾーン金利で儲けすぎた(債務者が支払い過ぎた)金利」=「貯金」の返還準備作業が進むということらしい。

ただし,手続きをしないと「役所」のように「過払金」を返してもらえない。

過払い金の返還手続きは下記を参照して下さい。(利息カットで元金だけを分割払いの「特定調停」等の債務整理もご参考に!

-----------

‥‥……━★
大きく分けると,以下の2つに分かれます。
①弁護士等の代理人型
②本人訴訟型
個人的には②の「本人訴訟型」を推薦しますが,ご事情がある方は,①の弁護士等も有効に活用して,「借金」等の解決をしていきましょう!
--------
①弁護士等の代理人型
最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所) http://blog.livedoor.jp/sarakure110/

E-mail info@sarakure.jp

TEL 0834(31)4132

メール+TELでも無料相談が受けられます。

※また債務があっても,長い取引で利息制限法に引直後の過払いや,完済済みの場合は,着手金は0円とHPにあります。

さらに,10月21日ブログでは「本人訴訟」の方は,

もし不安な問題が発生した場合は、メールやTELで相談(無料)してもらってもいい。」

とあります。まさに「鬼に金棒!」です。有効にご相談しましょう!

---------

②本人訴訟型
「過払金返還」や「債務圧縮(特定調停等)」のお考えの方は,話題の書籍を前回に引き続きご紹介します。(破産免責後の過払い金返還も書かれています
 
「Q&A過払金返還請求の手引 第2版」です。私もすごく役に立ちました。特にCDROMに収録されている引直計算ソフトは6%で計算(エクセル要)出来るすぐれものです。
※Q&A本でも訴訟等は簡単ですが,よりよく効果的に使いこなす為には,この書籍と下記のブログも合わせて参考にしてください。
------  

●本人訴訟の必読ブログ「逆襲の債務者」
http://gyakusyu.blog24.fc2.com/

 
(訴訟をしてから,「電話」等で裁判開始前交渉での和解が効果あるようです。これは,訴訟時の提出内容で,相手に反撃の余地が無いほど効果大)

-----

また,過払いが発生しない「残債務」がある方は,「特定調停」等の合わせ技で有効に利用される事をお薦めします。

●私のお薦めブログは,N太の『どっちもどっち』

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimuが大変参考になります。

------

●最新判例は,兵庫県弁護士会を参照して下さい。http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/index.html

------

 
Q&A本のネットで購入出来るのは主に下記のところです。

 
amazon↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896282965/503-1326705-7075954

紀伊国屋bookweb↓
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9980457139

セブンアンドワイ↓
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31669018

本やタウン↓
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9980457139

e-hon↓
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031669018&Action_id=121&Sza_id=C0

ビ-ケーワン↓
http://nifty.bk1.co.jp/product/2648105?PartnerID=nifcc422d42070103b00

楽天ブックス↓

http://item.rakuten.co.jp/book/3965850/

|

« ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) | トップページ | ■過払いの多い人(50~60代以上) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) | トップページ | ■過払いの多い人(50~60代以上) »