« ■第165回国会に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」を提出(金融庁) | トップページ | ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て »

2006.11.02

■トヨタ自動車の1兆円の利益は、従業員に強いられた苛烈な労働から

‥‥……━★

「グレーゾーン金利」関係とは違うニュースだが気になったので掲載させていただきます。

--------

トヨタで死んだ 30歳過労死社員の妻は語る(1) 生体リズム壊す変則勤務体制

トヨタで死んだ 30歳過労死社員の妻は語る(1) 生体リズム壊す変則勤務体制
内野さん一家。苛酷残業で疲れきった健一さんだったが、よく子どもの面倒を見て家事も手伝っていたという
トヨタ自動車の1兆円の利益は、従業員に強いられた苛烈な労働から生み出される。2002年2月9日、月に144時間を越える残業をしていたトヨタ自動車 社員、内野健一さん(当時30歳)が職場で倒れ死亡した。妻の博子さん(36歳)は労働基準監督署に労災を申請したが却下され、その取り消しを求め裁判を 起こしている。テレビや新聞は裁判をほとんど報道せず、紙面に掲載したとしても「自動車工場」などと企業名を伏せている記事もあるほどで、この裁判を半ば 黙殺中だ。妻の博子さんに聞いた。

 一従業員の死の根底には、世界のトップ企業・トヨタ自動車の構造的問題が隠されている。亡くなった内野健一さんの身に、何が起きたのか。

【Digest】
◇ある朝突然に夫は逝った
◇現地版のみのマスコミ報道
◇夫の弟、義父、実の父もトヨタ関係
◇勤務時間は6:25~15:15と16:10~1:00
◇なぜ深夜に自動車をつくらなければならないのか
◇夫が深夜にベランダから“浸入”帰宅
◇変則勤務で夜間手当てを会社は節約
◇夫はトヨタ社員であることを誇りにしていた
◇月給は20万円台、2回の出産時は海外出張
◇電話の音も止めて夫を寝かせた
◇トヨタに「祝日」という文字はない


◇ある朝突然に夫は逝った

 2002年2月9日、まだ辺りは真っ暗な早朝。自宅で寝ていた内野博子さんは、インターフォンとドアを叩く音で目が覚めた。トヨタ自動車の堤工場で働く夫が仕事中に倒れたと、彼女の母親が告げにやってきたのだ。

 内野さんはそのときのことを振り返る。
 「あまりにも突然の知らせでした。夫は子どもの頃から車が好きで、工場では『カムリ』『ウィンダム』の車体品質検査をしていました。ひどい仕事疲れだったとはいえ、病気もしなかった夫がなぜ・・・。

 もちろん、会社の人は、自宅に電話を入れました。でも、夜勤のある夫のため、電話の音が寝室で聞こえないようにしていたのです。ですから、夫が工場で倒れたことをすぐに知ることはできませんでした。

 享年、30歳でした。亡くなる半年くらい前から夫の残業がどんどん増え、年が明けてからは異様な働きぶりでした。私は不安にかられていたのですが、その不安は的中し、過労による致死性不整脈で死んでしまったのです。

 夫はいつもニコニコした優しい人で、疲れているのに家事もよく手伝ってくれ、子どもの面倒もよく見ていました」

 内野家には当時、3才と1才の子どももいた。夫の死後、内野さんは、豊田労働基準監督署に労災申請したが、却下された。それでは納得できず、愛知労働者災害補償保険審査官に対し、原処分の取り消しを求めて審査請求した。ところがこれも却下。

 そのため2005年7月22日、遺族保障年金などの不支給処分(320万円)の取り消しを請求し、内野さんは国を相手取って裁判を起こした。
  トヨタ自動車の過労死に関係する過去の裁判では、同社の係長だった夫(当時35歳)が過労で自殺したのに、豊田労働基準監督署の署長が労災と認めず遺族補 償年金を支給しなかったのは違法とする妻が不支給処分取り消しを求めた訴訟があった。これは内野さんの訴訟と同種のもの。

 この裁判では2003年7月、名古屋高裁で原告の主張が認められた。この訴訟の担当弁護士によると、過労自殺をめぐる労災認定訴訟で高裁が労災を認めたのは初めてだという。
内野さんは、訴訟に踏み切るにあたってこう述べている。

 「夫が亡くなる最後の1ヶ月間は、残業時間が144時間にもなる過酷な状況でした。これでどうして労災ではないのですか。

 夫は家族のために一生懸命働いたんだ、こんなに頑張ったんだ、その頑張りを認めてもらうために私は闘うことにしたのです」

◇現地版のみのマスコミ報道

 亡くなった2002年当時はもちろんのこと、2005年7月22日の提訴の際にも、この事実は、ほと んど報じられなかった。世界のトヨタの労働現場で起きた過労死が労災認定されないという重大な事件だ。新車の発売や新規投資など、景気のよい話については 一挙手一投足にいたるまで全国版で報じるマスコミだが、負の側面は示し合わせたように隠す。
(ライブドアニュースより 11月2日付)
---------
★今日の一言
「過労死」の問題も,自宅ローン等の借金も隠れているのかもしれない。若くて優秀な社会人が,「お金」の為に「会社」の為に亡くなるのは悲しいことです。
また,それを「利権」や「権力」により報道しないのは,今の「消費者金融問題」とどこか似ている構造ではなかろうか?
CMの大スポンサーならメディアが目をつむる。そうなれば,「言論の自由」は既に日本には存在していない。もし存在するとするならば,「ブログ」等の民衆の「叫び」ではないでしょうか?

|

« ■第165回国会に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」を提出(金融庁) | トップページ | ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■第165回国会に「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」を提出(金融庁) | トップページ | ■夜回り先生こと「水谷修先生」のNHK教育深夜放送を見て »