« ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより | トップページ | ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) »

2006.11.11

■アイフル「督促状の送付」で慰謝料(高松簡裁)

■過剰な督促、アイフルに慰謝料20万円命じる 高松簡裁

消費者金融大手のアイフル(京都市)を相手取り、高松市内の自営業の男性(43)が、利息制限法の上限を超えて支払った過払い金の返還と、41回にわたる督促状の送付などで精神的苦痛を受けたとして慰謝料20万円を求めた訴訟の判決が、高松簡裁で9日にあった。坂野尚孝裁判官は男性の主張を全面的に認め、「督促行為は、過払い金返還義務を隠蔽(いんぺい)するための悪質で一方的な攻撃だ」などとして、同社に約118万円の返還と、慰謝料20万円の支払いを命じた。

 「アイフル被害対策全国会議」事務局長の辰巳裕規弁護士によると、脅しや暴力ではなく、書面による執拗(しつよう)な督促に対し慰謝料を認めた判決は珍しいという。

 判決によると、男性は90年8月から04年2月にかけて同社から融資を受けた。同年3月、債務額確定などのため同簡裁に特定調停を申し立て、調停委員会がアイフル側に全取引履歴の開示を求めたが、一部しか開示されず、特定調停は成立しなかった。アイフル側はその後、04年9月~06年2月の計41回、「訴訟を起こし、家財道具などを差し押さえる」などとする督促状を男性に送った。

 判決は「取引履歴が開示されなかったため、その間、債務額の確定などができなかった。過払い金返還義務を負っていたことを知りながら督促しており、理由のない督促文書に精神的苦痛を被った」と指摘した。

 アイフルをめぐっては金融庁が今年4月、悪質な取り立てなどを理由に国内全店で3~25日間の業務停止命令を出した。

(朝日新聞ニュース asahi.comより 11月11日)

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200611110039.html

---------

★今日の一言

「過酷な督促状」は日常茶飯事なので,非常に珍しい判決ではないだろうか?

慰謝料を取れる多重債務者には,訴訟時に特に有効!

それから,兵庫県弁護士会の判例検索HPが11月6日に更新されています。

http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/index.html

|

« ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより | トップページ | ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) »

■「アイフル」の情報」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の添え状 | 2010.08.11 20:50

履歴書の添え状様

ご訪問&コメントありがとうございます。

いつもご覧頂き恐縮です。
また,お役に立てれば幸いです(^^ゞ

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2010.08.12 00:03

とても魅力的な記事でした!!

投稿: 履歴書の書き方の見本 | 2011.09.22 21:15

履歴書の書き方の見本様

いつもありがとうございます。

今日は特にバタバタしていましたので遅くなりました<(_ _)>

先ずはお礼まで。

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2011.09.23 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「平均的な借金総額」吉田猫次郎氏のブログより | トップページ | ■貸金業者の「威迫」行為と保証料等(金融庁) »