« ■情報統制?は杞憂であったかも。 | トップページ | ■プロミスがライブドアと業務提携 »

2007.01.28

■「最強法律相談室」さんの弁護士費用詳細

‥‥……━★

いつもの「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さんのブログを転載させて頂きます。

(HPだけでは分かりにくかった,弁護士費用の内訳を記載されていました。)

なお,「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さん

正式HP→http://www.sarakure.jp/

弁護士 中村覚
山口県周南市弥生町3丁目2番地 周南法律事務所
TEL0834(31)4132
FAX0834(32)8091
山口県弁護士会所属
法律相談をご希望の方はお電話ください。(とブログ上にあります)
---------

弁護士費用のまとめ(1月28日付ブログより)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/50926043.html

武富士過払金300円の件を書いて以来、弁護士費用の問い合わせのメールが相次いだので、私の費用のことをまとめてみる。

 まず借金に関する法律相談はすべて無料。これは来所、TEL,メールを問わない。

 次に、普通は債務の調査をする。債権者のサラ金クレジットに受任通知を出して取引履歴を取り寄せ、利息制限法による引き直し計算を行い、借金や過払金の全体像を把握する。ここまでは無料で行っている。
 引き直し計算による減額は、サラ金がみなし弁済を主張する可能性はほとんどなくなった現在では、弁護士の仕事の結果とはいいがたいので、成功報酬の対象にはしていない。

 その後依頼者と打合せて、方針を決めることになる。
 ① 任意整理
   弁護士費用は315,000円(税込)
   ただし債権者の数が5社以内の場合は、1社52,00円。
   ほとんどの方は一括で払えないので分割でいただいている。10,500円×30回の方が一番多いと思う。

 ② 自己破産、個人再生
   弁護士費用は367,500円(税込)
   これもほとんどの方が分割。月10,500円だと35回払いになる。

 ③ 過払金の取戻し
   ①②とは別に、取戻した過払金の25%(税別)を成功報酬としていただいている。
 着手金はなし。訴訟提起に必要な印紙代、切手代などの諸経費もすべて成功報酬に込みにしてある。

 以上はあくまで弁護士中村覚の本日現在の費用の基準なので、ご注意を。

(ここまで)-------

★今日の一言

「借金に関する法律相談はすべて無料。これは来所、TEL,メールを問わない。」

これは,大変ありがたいことです。皆さん有効にご相談しましょう!

※任意整理の金額が「1社52,00円。」となっていますが,これは52,?00円でしょう。

メリット&デメリットも当然あると思います。

1、メリット

① 何と言っても,過払いの場合着手金が0円。その他の場合の費用が分割(月10,500円)でOKは嬉しいですね。しかも訴訟前はマンゴ(満額5%)で和解。訴訟後は・・・楽しみ?

② 日本全国から,相談(無料)&依頼できる点。

③地方(遠方)の方は,直接弁護士と会わないで電話等の打ち合わせだけで済みます。もちろん金融会社からの督促も当然無くなります。なんか「ドラエもん」の「どこでもドア」みたいで,気軽に相談と依頼ができて「敷居の高さがないので」嬉しいですね。

④報酬(25%+消費税)は必要ですが,その分仕事等に集中できます。

⑤会社名さえわかれば,資料がなくてもOK。

2、デメリット(弱点)

「過払い金訴訟」の場合についてです。

過去ブログで何度も出てきていますが,共同訴訟の方針と書いてありました。

共同訴訟というのは,山口県に住まわれている方が「過払い訴訟」をする時に,一緒に便乗して数人(他の方全国どこでもOK)で訴訟する方法です。こうすると,例えば140万未満の簡易裁判所案件でも共同金額で140万円以上になり地裁案件で訴訟が出来たりします。

この為,周南法律事務所がある山口県の方との共同訴訟になります。300円の過払い金返還の時もそうだと思います。

裏返せば,山口県内では余りなじみのないローカル色の強い「特殊な消費者金融会社」等は,相手がなかなか見つからない可能性があります

(全国的に有名な金融会社は問題ないと思いますが,地方でしかも「本店支店」がその地方にしかない限定の会社の場合は,特に注意です。共同訴訟相手が出てこない恐れがあるからです。

もっとも出稼ぎや長距離運転手・転勤族等の方なら,案外特殊な地方に行かれていた可能性もあるでしょうが。。。

最悪,直接地方の裁判所に訴訟すれば問題ないでしょうが。。。現実的に弁護士間で提携でもしない限り,何度も遠い地方の裁判所へ足を運ばれるのは,困難と思われます。。。ただし受任通知を出していただければ「督促」はなくなります。

懸念のある方は,メール等で確認された方がいいと思います。)

|

« ■情報統制?は杞憂であったかも。 | トップページ | ■プロミスがライブドアと業務提携 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■情報統制?は杞憂であったかも。 | トップページ | ■プロミスがライブドアと業務提携 »