« ■「取引履歴の破棄を主張し,推定計算を主張し続けるGE」と闘っている方はご参考に! | トップページ | ■「いじめ」と「自殺」について »

2007.01.17

■サラ金は利息制限法違反の取引を即時中止せよ!(最強法律相談室さん)

‥‥……━★

「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さんが,憤激されている。

---------

■サラ金は利息制限法違反の取引を即時中止せよ!(1月17日付けブログより)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/50917479.html

「主人は7日に亡くなりました。自殺です」

 Yさんは夫婦で債務整理をしていた。
 高利の借金を長年二人で真面目に返済してきたおかげで、過払金の取戻額は合計1200万円を超えた。

 「先生には大変お世話になったんですが・・・」

 取戻した過払金で、低利の銀行借入まで全額返済し、あと1~2件過払裁判中の案件を残すだけの状態だった。

 「体のこともあったし、いろいろ悩んでたんだと思います・・・」

 借金の件は片付いても、長年無理に無理を重ねて損なわれた体と心の病は簡単には癒せない。先月の打合せの時は、元気そうだったので安心していたのだが、私が甘かったのだろうか。

 考えてみれば過払金とはおかしな仕組みである。
 例えば、私たちの日常上生活でもお金を払い過ぎることは時々ある。買い物の時のつり銭を間違えたり、税金を取り過ぎたり、人間が動かしている社会である以上計算ミスは避けがたい。
 しかしサラ金の過払いはこれとは全く違う。
 利息制限法の金利を超過していることを承知の上で、つまり故意で将来返還請求されたら返還しなければならないお金を債務者から取り立てて、受け取っているのである。
 これは不法行為ではなかろうか?
 サラ金に真実の告知義務があると考えれば、詐欺かもしれない。

 これ以上の犠牲者を出さないためにも、サラ金は3年後の上限金利引き下げの実施を待たずに、今日からでも利息制限法違反の取引を中止すべきだと思う。

(ここまで)----------

★今日の一言

本当に痛ましい事だ。借金がほぼ解決しかかっていたのに・・・。本当に悔しい事です!

借金と闘っている間は,案外人間は強いのかも知れない。それはある意味で「目的」があるからだと私は思います。

借金が無くなれば,本来「心」も「体」も健常に戻ると考えられるが。。。

長年となれば,話も違うのかも知れないし昔人間の方は,真面目な方も多いので案外「内面」はボロボロになっている方もいるのかも知れない。複雑な心境です。

ただ言えることは,「心のキズ」は治らないと私は思います。私も長年?借金と闘っていたので,内外とも案外ボロボロと思います。

そういう方をどうやって「癒して」あげれるか,難しい課題かもしれません。

以前ご紹介した,吉田猫次郎氏は「大変な時こそ,美味しいものを食って,旅行をして」と言っていますが・・・。

-------

話は変わりますが,

12年前の今日「阪神・淡路大震災」がおこりました。その方々の事を思えば。。。

いろいろそれぞれ立場は違いますが,「勇気」の二字で乗り切って行きたいと思う今日この頃です。

|

« ■「取引履歴の破棄を主張し,推定計算を主張し続けるGE」と闘っている方はご参考に! | トップページ | ■「いじめ」と「自殺」について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すいません失礼します。最強法律相談室に携帯からメール相談したいのですが、アドレスがわかりません。どうしたらいいか教えてください。お願いします。

投稿: トンネルの向こう | 2007.01.19 02:15

「トンネルの向こう」様
ご訪問&コメントありがとうございます。
既におわかりかも知れませんが,以下になります。

「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さん
メール:info@sarakure.jp
電話:TEL0834(31)4132

投稿: yuuki | 2007.01.19 12:36

御返答頂きありがとうございました。さっそく最強法律相談室、中村先生にメールさせていただきました。迅速なあたたかい言葉をいただき、前を向いて頑張ろうと勇気をいただきました。出口の見えない苦しい日々を十年以上続けて耐えて限界を感じながらも、どんなことがあっても(冬は必ず春となる)、こんな時こそ笑ってみよう、いつか必ず(地獄の苦しみパッと消えて)自分に言い聞かせてきました。でも、この経験のおかげなのでしょうか、人にやさしく同苦できる自分もいました。戦いはまだ始まったばかりです。必ず大勝利してみんなに伝えたいです。

投稿: トンネルの向こう | 2007.01.20 11:48

そうですか,良かったです。まだまだ「借金」については,相談出来ずに悩んでいる方も多いと思います。「グレーンゾーン金利」は,無効と知っていても,弁護士等に「費用」を考えたりして,なかなか気楽に相談出来ないのが現状です。私もそうでした。また相談できたとしても,「過払い金」や「債務整理」に積極的な方は,まだまだ少数派と思います。中村先生はメール相談も形式なしで相談出来る数少ない方です。忙しい方なので,もし中々返事をもらえない時は「電話」でご確認された方がいいと思います。
私も今年は,勇気をを振り絞ってどんな形になっても「前進・大勝利の年」にしていこうと決めています。頑張って下さいね。また身近な方で「困って」いる方がいれば,そっと教えてあげてくださいね。それが「今」を生きる私達の使命と思います。

投稿: yuuki | 2007.01.20 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「取引履歴の破棄を主張し,推定計算を主張し続けるGE」と闘っている方はご参考に! | トップページ | ■「いじめ」と「自殺」について »