« ■弁護士の債務整理費用(1万500円×30回払い)は特定調停並! | トップページ | ■悲運の弁護士「平形弁護士」に哀悼。 »

2007.02.12

■CFJの答弁書は法律専門家がノーチェック?

「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さんのブログ記事から転載させていただきます。

周南法律事務所さん↓

HP→ http://www.sarakure.jp/

メールアドレス→ info@sarakure.jp

現在もメール相談者が急増中。
無料ですからこそ,より有意義なご相談をされてはいかがでしょうか?
弁護士 中村覚
山口県周南市弥生町3丁目2番地 周南法律事務所
TEL0834(31)4132
FAX0834(32)8091
山口県弁護士会所属
-----------
CFJの準備書面(2月11日付ブログより)
CFJとの過払金裁判で昨日準備書面がFAXされてきた。その一部をご紹介しよう。

「過払金返還請求権というものは、法律のどこにも書いていない。かえって、利息制限法を読むと、過払金返還請求権などないかのような印象を受ける。これは過払金返還請求権が昭和43年11月13日の最高裁判決により、司法的に創設された権利だからである。つまり判例を検索し解釈しなければわからないのが過払金返還請求権なのである。にもかかわらず、一般消費者である原告が法律家顔負けの知識を駆使して判例を検索し、そして借入をするたびに、この権利をわざわざ援用する意欲をもっていたのが当事者の意思だとするのは、どうみても合理的な意思解釈とも考えられない」

 CFJには失礼だが読みながら思わず笑い出してしまった。
 CFJの代表取締役ダレン・バックリーと浅野俊昭の連名で作成されているが、おそらく弁護士などの法律専門家のチェックは受けていない書面だろう。

 たしかに民法には「過払金返還請求権」という語句は出てこない。しかし過払金返還請求権とは不当利得返還請求権のことであり、ちゃんと民法に規定がある。
 例えば交通事故とか不倫という語句も民法には出てこないが、これらが民法709条の「不法行為」として損害賠償請求権を発生させることと同じである。
 もちろん利息制限法にも過払金のことは出てこない。しかし利息制限法は金銭消費貸借における上限利息を定めた簡単な法律であり、それに違反した業者と顧客の関係は民法その他の法律に委ねられているだけである。

 過払いが発生したなら返還してほしい、過払いで借入金の返済ができるなら、すぐに充当して借金を減らしたい、これが普通の人間の考えることであり、「合理的な意思」である。
 やはり判決をもらって、CFJに勉強していただこう。
 
sarakure110 at 23:43
(ここまで)---------
☆今日の一言☆

ややこしいCFJの被告側答弁書に対し,「判決」で決着をつけられるらしい。

CFJ訴訟を「本人訴訟」でおこなわれている方はご参考に!

それにしても,中村弁護士はお休みにもかかわらず,ますますご多忙のようです。

どうかお体を大切にしていただきたい。

--------

‥‥……━★

久しぶりに,「本人訴訟型」の方は下記をご参考にして下さい。

●本人訴訟型の方
「過払金返還」や「債務圧縮(特定調停等)」のお考えの方は,話題の書籍を前回に引き続きご紹介します。(破産免責後の過払い金返還も書かれています
 
「Q&A過払金返還請求の手引 第2版」です。今や必需品です。特にCDROMに収録されている引直計算ソフトは6%で計算(エクセル要)出来ます。
※Q&A本でも訴訟等は簡単ですが,時代の流れがあります。
下記ブログ&資料関係を効果的に参考にしてください!
------  

●本人訴訟の必読ブログ

「逆襲の債務者 さんのブログ
http://gyakusyu.blog24.fc2.com/

「逆襲の債務者 全部自分でやる!過払い返還訴訟」の「2CH版」http://jbbs.livedoor.jp/study/8073/

(訴訟をしてから,「電話」等で裁判開始前交渉での和解が効果あるようです。これは,訴訟時の提出内容で,相手に反撃の余地が無いほど効果大)

過払いPROJECT(本人訴訟をされる方がひな形として参考にされています)
http://www5.ocn.ne.jp/~sfuru/kabaraipro.htm#cfj

-----

また,過払いが発生しない「残債務」がある方は,「特定調停」等の合わせ技で有効に利用される事をお薦めします。

●私のお薦めブログ①は,N太の『どっちもどっち』です。(現在奮闘中!)

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimuが大変参考になります。

●私のお薦めブログ②は,「借金総額1億4千万円をやっつけたる!!」 (奮闘記です。中小企業の方は特に参考になります!)

http://blogs.yahoo.co.jp/sinjirarenai1232006

------

●最新判例は,兵庫県弁護士会を参照して下さい。http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/index.html

---------- 

★会社等の再生をお考えの方は下記をご参考に!

●●大企業~そば屋まで,中小企業の救世主(村松謙一弁護士

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀「どん底の会社よ、よみがえれ~弁護士・村松謙一」で有名です。(企業再生コンサルタント専門の弁護士さん)

東京弁護士会所属

http://www.toben.or.jp/consultation/attorney/

弁護士名  村松 謙一 (むらまつ けんいち)

事務所名  光麗法律事務所

所在地   東京都中央区京橋3-9-8白伝ビル6階

電話番号  03-5159-5055

ただ大変お忙しい方と思います。連絡がとれても遠方等の方は,下記の再生コンサルタントの方にアドバイスを頂くのはいかがでしょうか?

-------

●倒産回避コンサルタントからの救命ロープ

「村松謙一弁護士」のコラムを掲載されています。

http://blog.goo.ne.jp/consul-n

●全国の商工会議所で現在講演中(NHKでも紹介)

主として中小・零細企業コンサルタントが中心「知らない人はいない程有名な方

(個人の方ももちろんです)

吉田猫次郎氏(猫研)HP

http://www.nekojiro.net/

------

「本人訴訟用」の必需品!  
「Q&A過払金返還請求の手引 第2版」名古屋消費者信用問題研究会のネットで購入出来るのは主に下記のところです。

amazon↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896282965/503-1326705-7075954

紀伊国屋bookweb↓
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9980457139

セブンアンドワイ↓
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31669018

本やタウン↓
http://www.honya-town.co.jp/hst/HTdispatch?nips_cd=9980457139

e-hon↓
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031669018&Action_id=121&Sza_id=C0

ビ-ケーワン↓
http://nifty.bk1.co.jp/product/2648105?PartnerID=nifcc422d42070103b00

楽天ブックス↓

http://item.rakuten.co.jp/book/3965850/

|

« ■弁護士の債務整理費用(1万500円×30回払い)は特定調停並! | トップページ | ■悲運の弁護士「平形弁護士」に哀悼。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■弁護士の債務整理費用(1万500円×30回払い)は特定調停並! | トップページ | ■悲運の弁護士「平形弁護士」に哀悼。 »