« ■過払金の一連計算(充当)の争点 | トップページ | ■多重債務者の方へ・南の島に「最強の市役所」があった。 »

2007.02.05

■CFJ関係はやはり「ややこしい」みたいだ。

‥‥……━★

N太氏も現在闘っているCFJ関係。N太氏も大変なはずだ。日本屈指の「ややこしい」金融会社であり,反論書面の資料もハンパでないのも有名だそうだ。

N太氏のブログにも記事があったので転載させて頂き,すこし情報もまとめてみました。

●N太の『どっちもどっち』 特定調停を経て不当利得返還請求訴訟中!(2月5日ブログより)

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/44421104.html

■CFJ株式会社は、RE債権を第三者に2500億円で売却!?

RE債権とは?

RE債権とはなんぞや?
一般用語ではなさそうだけど、業界用語?
過払いの有る債権?
CFJ独自の呼称?

REとはなんぞや???
RE債権に関係なくとも、CFJ株式会社(ディックやユニマットレディース等)で借入中の方は第3者に債権譲渡をされる可能性もあるので、留意しておこう。
それにしてもCFJの社員さんも大変だ。
---------------

平成19年2月吉日

自宅待機を命ぜられた従業員の皆様へ

CFJ労働組合            
                      中央執行委員長 川村昭仁
       http://www.cfjrokumi.com

拝啓

 従業員及び組合員の皆様におかれましては時下益々ご清栄のこととお慶び申
し上げます。また、日頃はCFJ労働組合の活動にご理解とご支援をいただき
誠にありがとうございます。

 さて、CFJ株式会社は、労働組合の反対にかかわらず平成19年2月1日
に店舗閉鎖を強行し、残存46店舗の人選から外れた約130名の従業員に
対し、口頭で自宅待機を命じた上、さらに5月31日までに退職するよう強要
しています。
 しかし、シティーグループ及びCFJ株式会社は、店舗閉鎖の必要性につい
て一切具体的な説明をしないばかりか、平成18年6月19日に愛知県労働
委員会で和解合意した事前協議制を完全に無視し、店舗閉鎖・自宅待機命令を
強行しました。ようやく1月30日に開始された団体交渉において、出席した
ダレン・バックリーCEOは自説を展開するだけで10分で退席する始末で、
店舗閉鎖・人員削減の財務的根拠に関する質問に「コンフィデンシャル
(機密事項)」を繰り返すのみでした。自宅待機命令は、突然、団体交渉の
席上で発表されたもので、1月25日には、部長以上に過去最高のインセン
ティブボーナス(営業部長で350万円、本部長クラスで1500万円と言
われています。)が支給されていることも事実です。さらに2月2日付で、
自宅待機を命ぜられた従業員に文書が送付され、5月31日までに退職する
よう強要しています。これは、その後に解雇を行うことを前提としたものと
しか考えられず、整理解雇に他なりません。
 さらに、残存46店舗の支店長の人選については、CFJ労働組合の
組合員を故意に除外しており、不当労働行為に他なりません。

 また、CFJ株式会社は、RE債権を第三者に2500億円で売却する
との話も伝わっています。シティーグループは、CFJ株式会社が昨年第4
四半期に4000万ドル(約47億円)のリストラ費用を計上したと発表
しています。
同業他社と比較しても3ヶ月の上乗せ退職金では、希望退職とは到底言えません。

 このような状況の中で、CFJ労働組合は、2月4日付でシティー
グループ及びCFJ株式会社に対し、直ちに店舗閉鎖及び自宅待機命令を撤回
するよう申し入れましたが、改善が全く見られません。
 そこで、CFJ労働組合は、シティーグループ、CFJ株式会社及び同社
役員らに対し、自宅待機命令無効確認及び損害賠償請求訴訟を提起することを
呼びかけます。今回、自宅待機を命令された組合員、従業員の皆様は,是非
とも組合執行部にご連絡をいただきたくお願い申し上げます。

 
敬具
CFJ労働組合HP
------------
庶民の弁護士 伊藤良徳さんのHP(譲渡の経緯が詳しく出ていました)
CFJの場合
http://www.shomin-law.com/shakkincfj.html
----------
過払いPROJECT(本人訴訟をされる方が参考にされている有名な所)
CFJ関係(日専・千代田トラスト・タイヘイ・マルフク・アイク・デイックファイナンス・ユニマットライフ)
http://www5.ocn.ne.jp/~sfuru/kabaraipro.htm#cfj

|

« ■過払金の一連計算(充当)の争点 | トップページ | ■多重債務者の方へ・南の島に「最強の市役所」があった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

勇気さん、度々採り上げていただきありがとうございます。それにしても面白いですね。「ダレン・バックリーCEOは自説を展開するだけで・・・」という件、訴訟においてもCFJ独自の説を展開されますので・・・・・
明日、対CFJの控訴状を提出してきます^^;

投稿: N太 | 2007.02.06 21:12

そうですか^^控訴状出来たのですね。良かった^^
しかし,CFJも内外共に本当に大変ですね。そこへ突入していくN太氏の勇気には,心より敬意を表します。頑張って下さいね。また記事にさせて頂きますね(^^ゞ

投稿: yuuki | 2007.02.07 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■過払金の一連計算(充当)の争点 | トップページ | ■多重債務者の方へ・南の島に「最強の市役所」があった。 »