« ■最高裁が投げかけた波紋が全国へ。。。「悪意の受益者」は5%確定! | トップページ | ■続報・・・最高裁が投げかけた波紋! »

2007.02.15

■続報・・・悲運の弁護士「平形弁護士」

‥‥……━★

既報の「CO中毒事故で死亡した弁護士(故・平形幸夫氏)」

テレビ「スーパーモーニング(テレビ朝日)」でおなじみの紀藤 正樹(きとう まさき)弁護士(山口県出身)が,ブログの中で憤激されている。

あの事件は何だったのか?-パロマ事件で思い出す友人弁護士一家の死(紀藤弁護士のブログより)

http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2006/07/post_29e1.html

(以下は一部抜粋)

弁護士になって2年目。 同期の平形弁護士が、ガス湯沸かし器の不完全燃焼による一酸化炭素中毒で、死亡した。

通夜にかけつけたお寺で見たものは、亡くなった両親の棺おけ2つと、子ども3人の小さな棺おけ3つ・・・。

一家5人の死亡は、あまりにも痛ましく、悲しく、そして、修習生時代から、人権派を標榜していた弁護士仲間が、いなくなることの、喪失感と、そして、もったいなさを感じざるを得なかった。

ついに報道!リンナイの責任-毎日新聞速報 (紀藤弁護士のブログより)

http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2007/02/post_6ca0.html

昨年7月のパロマ事件の発覚から半年余。それにしても今までかくしていたリンナイ、そして東京ガス、経済産業省はひどい!この間、ガス器具メーカートップのリンナイは、パロマ事件のおかげでからか(多分そうでしょう)、増収(IR情報(2007年2月9日平成19年第3四半期 連結決算短信)-pdfファイル)と言う。株価も高い

社会的弱者の事件や人権侵害事件の救済、巨悪の追及に奔走してきた平形幸夫弁護士は、自らの命で、パロマ事件から連なる今回のガス事故事件全体の「巨悪の構造」を明らかにしたんだと思います。

平形弁護士の死を無駄にしてはいけないと思います。彼の無念を晴らすためにも、今回のガス事故全体の全容と真相が明らかにされなければなりません。

(ここまで一部抜粋)-------

☆今日の一言☆

平形弁護士とは同期だったとのこと。その人柄等について詳しく述べられており,今回のパロマ・リンナイ等の企業の姿勢から国の責任についても言及されている。

当然・CO中毒事故で亡くなられた方は,弁護士だけでなく将来有望な若者達も含めて残念である。改めて関係各所で事故原因を追及していただきたい。

ガスにしても自動車にしても次元は違うが,上手に利用すればそれだけの恩恵がある。だからこそ一般の人が,より安心に暮らせるように正しい情報開示を,政府がメディア等を通してしなくてはならないと思う。

どこか今の「消費者金融問題」の利息制限法・出資法・貸金業規制法等を,一般の人には分かりにくい構造にしていた経緯と似ている気がしてならない。

ともあれ,平形弁護士とそのご家族が生きていたら,どれだけ影響力が大きかったことかが,今回の件で改めてクローズアップされた形になった。

平形弁護士の後輩になる中村弁護士,同期の紀藤弁護士のご活躍を見れば一目瞭然だからだ。

私も含めて本当に惜しい方を亡くされたと,改めて認識させられたのではないだろうか?お子様方も無事であれば,弁護士の道を進まれていたかも知れません。。。

ご家族様には,心よりご冥福をお祈り申し上げたい。

|

« ■最高裁が投げかけた波紋が全国へ。。。「悪意の受益者」は5%確定! | トップページ | ■続報・・・最高裁が投げかけた波紋! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■最高裁が投げかけた波紋が全国へ。。。「悪意の受益者」は5%確定! | トップページ | ■続報・・・最高裁が投げかけた波紋! »