« ■必見!「最強法律相談室」さんが「一連計算を認めない主張をされた場合の対応方法」についてご教示。 | トップページ | ■大手4大消費者金融が過払い金等で「最終赤字一兆円」他社も合わせると業界全体で2兆円規模? »

2007.04.18

■「過払い金の請求」に資料なくてもOKです!(最強法律相談室さん)

‥‥……━★

こんばんは。

今日は,日米共に「銃のニュース」で始まって,「銃のニュース」で終わったイヤな日になりました。本当の平和を改めて考えさせられた一日になりました。

さて,本題に戻りますが「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)さんが,「もっと気楽に相談して下さい」というメッセージと,多くのメール相談者の方の「疑問に対する回答」をブログ記事で書かれていましたので,ご紹介させて頂きます。

「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)様

HP→ http://www.sarakure.jp/
メール→info@sarakure.jp

現在もメール・電話等相談者が急増中。「本人訴訟型」の方もご相談されてはどうでしょうか!
無料ですからこそ,より有意義なご相談を!
 
弁護士  中村 覚 ↓ (メール相談ご担当)
[対CFJ・代表取締役浅野氏と法廷で直接対峙]
 
弁護士  田畑 元久↓             
[対CFJ勝訴・ 一個の基本契約の場合]
 
弁護士   橋野 成正↓ (メール相談ご担当)
[対CFJ勝訴・  複数個の基本契約の場合]

の3名の方々です。(過去ブログより)
 
山口県周南市弥生町3丁目2番地 周南法律事務所
TEL0834(31)4132
FAX0834(32)8091
山口県弁護士会所属

---------

■資料なくてもOKです (「最強法律相談室 4月17日付ブログより転載」)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-04.html#20070417

「手元に全く資料が残っていないのですが、過払金の請求はできますか?」

 最近届いたメール相談。
 この類の相談が意外に多い。結論としては手元に、領収書や契約書等の資料が全くなくとも一向に構わない。サラ金の名前さえわかれば、すべての取引履歴はサラ金側から出させることが可能だからだ。
 もっとも、一部のサラ金には取引履歴を全部出さないで、途中からの一部だけを出してくる卑怯な業者もいる。その場合は、こちらの手元に古い領収書や契約書があると強く抗議できるので、資料はあればそれにこしたことはない。

 数年前のことだが、サラ金との過去10年間の契約書、領収書等をすべて手元に残していた男性がいてびっくりした。

 「すごいですね、何故捨てないで残してたんですか?」
 「残しといたら何かご利益があるかもしれないと思って・・・」

 ご利益というわけではないが、その男性はかなりの金額の過払金を取り戻すことが出来た。
 そんなに几帳面なのに何故サラ金から借金したんだろうという疑問は最後まで解けなかったが・・・。

 (新着過払金入金情報)
 ・4月17日 アコム 177万4000円(3件)

 平成19年の過払金取戻額、本日現在合計1億2299万1207円。

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

「最強法律相談室」様へは,恐らく毎日かなりのメール相談が殺到していると思います。

十人十色ですから大変な作業かとご推察申し上げます。当ブログが少しでもメール相談のお役で軽減されるように,今後も情報発信を心掛けていこうと勝手に思っています。

さて,「資料」が必要無い件は,かなり前にも「最強法律相談室」のブログ記事で書かれていました。

また,10年間も几帳面に資料を持っていたという人も珍しいですね。「何でも鑑定団」でも価値がでそうなくらいと私は思いました。

ただ,「几帳面な人が何故借金をして多重債務になるか」ですが,私も同じ境遇を味わいましたので分かりますが,「几帳面」で「人が良い?」人ほど「多重債務」におちいります。

これは,「とにかく返済を真面目にしなくては」「借り入れをしていないと枠が無くなるかもしれない」という点が答えの一つにあげれると思います。私の場合がそうでした。

つまり,返済をする事がいつの間にか「生活の一部」になってしまっているところが怖いところです。

まだまだ「多重債務」で悩んでいる方はいます。「悩む」より「相談」へ一歩前進しましょう!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■必見!「最強法律相談室」さんが「一連計算を認めない主張をされた場合の対応方法」についてご教示。 | トップページ | ■大手4大消費者金融が過払い金等で「最終赤字一兆円」他社も合わせると業界全体で2兆円規模? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■必見!「最強法律相談室」さんが「一連計算を認めない主張をされた場合の対応方法」についてご教示。 | トップページ | ■大手4大消費者金融が過払い金等で「最終赤字一兆円」他社も合わせると業界全体で2兆円規模? »