« ■速報!(続き)対プロミス勝訴 2・13最高裁判決後「最強法律相談室」さん | トップページ | ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 »

2007.04.29

■ゴールデンウイーク中も、休まずメール相談を受け付けています。        「最強法律相談室」さん(本人訴訟の場合はサラ金と本格的に裁判で争うことは大変だと思うが、簡単にあきらめないで、ぜひがんばってほしい。)

‥‥……━★

こんばんは。

ブログ開設以来ずっと拝見させて来ましたが。。。

「最強法律相談室」の中村弁護士様は、年間を通してほとんど旅行にも行かれず,ゴ-ルデンウイーク・お盆・お正月も精力的にお仕事をされています。本当にお体が心配です。また庶民から見れば本当に頭が下がります。

「本人訴訟型」の方にエールを送られていましたので,掲載させて頂きます。

-----

「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)様

HP→ http://www.sarakure.jp/
メール→info@sarakure.jp

現在もメール・電話等相談者が急増中。「本人訴訟型」の方もご相談されてはどうでしょうか!
無料ですからこそ,より有意義なご相談を!
 
弁護士  中村 覚 ↓ (メール相談ご担当)
[対CFJ・代表取締役浅野氏と法廷で直接対峙]
 
弁護士  田畑 元久↓             
[対CFJ勝訴・ 一個の基本契約の場合]
 
弁護士   橋野 成正↓ (メール相談ご担当)
[対CFJ勝訴・対プロミス勝訴  複数個の基本契約の場合]

の3名の方々です。(過去ブログより)
 
山口県周南市弥生町3丁目2番地 周南法律事務所
TEL0834(31)4132
FAX0834(32)8091
山口県弁護士会所属

---------

■ゴールデンウイーク営業中です

(「最強法律相談室」ブログ4月29日付より転載)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-04.html#20070429

先日来紹介している対プロミスの勝訴判決は、一連計算すると約16万円の過払いになるが、個別計算すると逆に約29万円の残債務があるという事案。
 そのため、プロミスは、残債務29万円の支払いを求める反訴を起こしていた。
 
 結果は過払金の返還請求を認容し、反訴請求は棄却された。

 過払金を返してもらうのと、逆にプロミスに返済をするのとでは、まさに天国と地獄の差がある。

 気になるのは、過払いだと思って返還請求したところ、サラ金から個別計算の反論をされ、過払請求をあきらめたり、極めて安い過払金で妥協の和解をするケースがあることが、最近メールで情報として寄せられていること。

 本人訴訟の場合はサラ金と本格的に裁判で争うことは大変だと思うが、簡単にあきらめないで、ぜひがんばってほしい。

 ゴールデンウイーク中も、休まずメール相談を受け付けています。

(引用ここまで)
--------

☆今日の一言☆

皆さん,「最強法律相談室」様が応援して下さいます。ありがたいことです。

連休で帰省等で交流もあろうかと思いますが,お心当たりの方にも声をかけて見てはいかがでしょうか?

|

« ■速報!(続き)対プロミス勝訴 2・13最高裁判決後「最強法律相談室」さん | トップページ | ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■速報!(続き)対プロミス勝訴 2・13最高裁判決後「最強法律相談室」さん | トップページ | ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 »