« ■東京の有名弁護士事務所&書籍&(非弁提携弁護士とは?)のご紹介 | トップページ | ■「融通手形」とは?その対策 »

2007.04.23

■過払い金返還の「本人訴訟型」の方で,困った場合は安心してご相談しましょう!

‥‥……━★

こんにちは。

N太氏のブログ,N太の『どっちもどっち』http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/4/22

にもご紹介されているように,「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)の中村弁護士様が「本人訴訟型」の方へ応援コメントをされています。

「本人訴訟型」で現在全国で闘っている同士の方は,本当に「鬼に金棒!」の気持ちで安心して頑張れますね。

ただ,N太氏も言われているように,出来るだけ「ピンポイント」のメール相談を心がけましょう!(現在も相当メール相談が殺到していると推察される為です)

具体的には,ネットで調べて分かる簡単な事は(N太氏のブログや「逆襲の債務者」様のブログ等)を参考にしてご自身で調べられて,どうしても分からない事等をメール相談されれば良いと思います。

なお,債務整理をお願いする場合の方は,以前「最強法律相談室」さんのブログ記事にもありました。

任意整理の場合5社までは1社につき52,500円(税込)が必要です。(分割払いも6社以上の任意整理の場合315,000円(税込)ですが,何と分割払いで最長で月1万5000円*30回払いが可能らしいです)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/50936039.html

庶民には大変嬉しい価格です(17年程前かららしい・・・本当に頭が下がります。)

-----

過払金返還請求の場合は着手金なし。成功報酬として、回収出来た金額の25(消費税別)

(↑最強法律相談室HPhttp://www.sarakure.jp/saimu.htmlより)
 

---------

過払いの本人訴訟 (最強法律相談室 4月22日ブログ記事より転載)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-04.html#20070422

最近過払い裁判を本人訴訟でされている方からのメール相談が増えてきた。

 弁護士や司法書士に依頼せずに本人訴訟をされている理由はいろいろあるだろう。
 弁護士や司法書士に支払う費用がもったいないから、手続きが簡単で自分でもやれそうだから、信用できる弁護士・司法書士が見つからないから。理由はさまざまだと思うが、本人訴訟を実際にしている人からの情報がネットで流れていることの影響が大きいと思われる。

 私のメール相談は、もちろん本人訴訟をされている方でもOK.
 メールで寄せられた情報を総合すると、本人訴訟に対する裁判所の態度はだいたい冷たい所が多い。中には本当に裁判官がこんなひどい発言をしたのかとびっくりするような、法廷でのやりとりも聞こえてくる。

 言うまでもなく裁判を受ける権利は憲法で保障された基本的人権。
 裁判所は本人訴訟をいやがらずに、もっと親切丁寧に訴訟指揮をしていただきたい。

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

私も「最強法律相談室」のブログを知るまでは,正直「弁護士不審」に陥っていました。

それは,無料相談等で相談した所はすべて「庶民とかけ離れた考え=金額」であった為です。その為,私もやむなく「本人訴訟型」で「過払い金返還訴訟」をせざるを得なかったのですが・・・。今から振り返れば結果的には良かったと思っています。

|

« ■東京の有名弁護士事務所&書籍&(非弁提携弁護士とは?)のご紹介 | トップページ | ■「融通手形」とは?その対策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も一度(平成15年の特定調停中に)、有料相談を経験し、勇気さんと同様「弁護士不審」に陥っていました。 ところが今年3月下旬に周南法律事務所(最強法律相談室)の中村弁護士と電話でお話する機会が有り、認識が一変しました。 私の場合、対CFJ事案で苦戦しておりますが、結果論とはいえ依頼出来なかった(しなかった)ことが悔やまれます。 確か過払請求の場合は着手金なしの成功報酬のみで受任していただけるはずですので、お薦めです^^ そして勇気さん!今回も紹介いただき有難うございます。 

投稿: N太 | 2007.04.23 13:05

いえいえN太さんのおかげで,沢山の方が迷わずにすみます。本当にありがとうございます<(_ _)>
私も,過払い難民の1人でしたが「最強法律相談室」さんに出会って救われました。
今後も,「応援」よろしくお願い申し上げます。

投稿: yuuki | 2007.04.23 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■東京の有名弁護士事務所&書籍&(非弁提携弁護士とは?)のご紹介 | トップページ | ■「融通手形」とは?その対策 »