« ■「ケタ違いの過払い金」はやはり本当だった。・・・そして五月決戦開始の集団訴訟! | トップページ | ■続報・・・札幌高裁「架空請求」判決 »

2007.05.16

■消費者金融の元社員が「違法取り立てで訴訟」

‥‥……━★

こんばんは。

いよいよ,沖縄から梅雨が近づいて来るようですね。光化学スモッグが最近話題になっていますが,こちらは「中国」から「急激な経済発展」の為が主な原因らしいです。。。

それから「セカンドライフ」という言葉を初めて知りました。(時間が出来たら見てみようかな・・・)

↓セカンドライフ(日本語版)の歩き方のHP(有名みたいです。1日5万~アクセス)

http://www.sec-life.com/

詳しくは知りませんがネット上のリアル空間で,もう一つの「自分」が存在できる世界です。また,その中には「大手企業も広告」をリアルに広告を出してるらしい。

さらにその中で仕事?もあり「仮想通貨」が「リアル通貨」にも交換出来るらしい・・・。

世界的に流行で(日本も既に数万人?)近々正式日本版が出るようです。

amazonn本でもトップ10に入っている程,注目されています。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844324055/seclife-22/ref=nosim/

「セカンドライフ」の世界には「アダルト地帯」~「結婚式場」もあるようなので,「ヤミ金」もいてもおかしくないかも知れません。弁護士もいるのかな?裁判所や裁判官も??

「最強法律相談室」もあれば心強いかも知れませんね。。。

とにかく,これからブログ(2次元・・平面)をさらに進化(3次元・・立体)したネット社会が出来るようです。弊害は「仮想」=「現実」が区別しにくくなるかもしれません・・・。

長くなりましたが,本題に戻ります。詳細な内容が出ていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

■「違法取り立て強要」 元社員、消費者金融を提訴 大分地裁

(西日本新聞 九州ネット 5月10日付けより)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/oita/20070510/20070510_002.shtml

消費者金融中堅「日本プラム」(京都市)の元社員3人が

「貸金の違法な取り立てを命じられ、精神的な苦痛を受けた」

などとして9日、同社を相手取り慰謝料など約1488万円の

損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。

 訴えたのは同社大分支店や中津支店に勤務していた大分県

内に住む20、30代の男女。訴状によると、元社員は2001年

10月‐06年6月、返済が滞っている顧客に対して法定時間外に

自宅を訪問したり、取引履歴を廃棄したりするなどの違法な

業務を強要されたとされる。

 原告側は「日常的に違法な業務を命じられることによって、

いつ摘発されるか分からない不安感を抱かされ、精神的苦痛を

受けた」と主張。日本プラムは「法令を順守しており、違法な取り

立ては命じていない」と反論している。

 また原告側は、ほかの社員から肩や脇を触られるセクハラ

行為を受けたり、上司から休暇の申し出を拒否されるなどの

パワーハラスメント行為を受けたりしたことも訴えている。

=2007/05/10付 西日本新聞朝刊=

(引用ここまで)

------

☆今日の一言☆

消費者金融会社の社員も会社(上司)の命令で動いるのは,組織だから仕方ないが・・・。

内部告発でも金融業者が岐路に立たされていると思います。他にも武富士を始め過去にもいろいろ内部の問題があるようですね・・・。

これらが現代社会の「イジメ」に繋がっている一員にもなっているかもしれません。。。

もっと地球だけでなく「人間にもやさしい環境」を,この際作っていく必要があるのではないでしょうか。

正直者が「バカ」を見ない社会の為に,それぞれの立場で「ベスト」を尽くしましょう!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「ケタ違いの過払い金」はやはり本当だった。・・・そして五月決戦開始の集団訴訟! | トップページ | ■続報・・・札幌高裁「架空請求」判決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「ケタ違いの過払い金」はやはり本当だった。・・・そして五月決戦開始の集団訴訟! | トップページ | ■続報・・・札幌高裁「架空請求」判決 »