« ■銀行債権の路地裏からの脱出!?(サービサーの役割!とは?) | トップページ | ■これも「いじめと自殺!?」・・・松岡農林水産大臣の「自殺」ニュースへの所感です。 »

2007.05.28

■債権者側からみた「出金停止の裏情報とは?」

‥‥……━★

こんにちは。

本当に夏直前!という今日この頃です。

いつも貴重な情報を頂いているメルマガに今後の「出金停止の今後?」について書かれていましたので,一部引用・転載させて頂きます。関心のある方は購読されてはいかがでしょうか?

-----

出金停止特集第2弾!御存知、某大手消費者金融P社のA店長が出金停止の裏情報を語る?!

発行人  : Masa
URL  : http://blog01.sea-manta.net/
メルアド : ma3437@yahoo.co.jp
『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』
(ID:0000160251)

◎裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000160251/

==========================
子供にお金がかかる、特に中高年の為のキャッシング道!
現役信販マンが教えるカードの落とし穴に嵌まらない方法
==========================
(省略)

A店長はそのウラ情報が私のメルマガのネタになっているとは

知りません。

今回も読者の皆さんのため、しっかり情報を聞き出してみたいと思います(笑)

「やぁ、久しぶりだね~!元気してる~?
そろそろ家族が恋しくて泣いてる頃なんじゃない?大丈夫(笑)」

「A店長、お久しぶりです!相変わらずお元気そうで(笑)」

「私は絶好調!と言いたいとこだけどね~。決算が出たけど予測

通り大手消費者金融4社合計の最終赤字は1兆7085億円と

大幅な赤字だったし、そのせいか、本社からの引き締めが今

スゴイんだよね~!ただ、2008年3月期は過払い引当金の

影響が一巡すると言うことで、最終黒字に転換すると予想して

いるから、今期はこの赤字を何とかしないとイケない訳で大変

なのよ~。業界として全体に変革を求められている訳だから、

仕方ないのかもしれないんだけどね~。」

「ホントに過払い金請求が落ち着くと思います?」

「いや、金利を下げて今後の過払い請求を減らすということじゃ

ないの?それか、武富士のように金利を下げるかわりに過払い

出来ない様な新契約に移行させる事で、過払いを減らそうとする

んじゃないかな。」

「でも、完済分や切り替え前の分も過払い請求対象になります

よね?再契約時に過払い出来ない様な承認条項を入れたとして

も、果たして有効なのでしょうか?」

「微妙だね~。いろいろ判例が出てからって事になるんだろうけど、

最近の裁判所は貸金業者に厳しいからね(笑)なんともいえないところだよね。」

「総量規制についてはどうですか?」

「新規申込があっても、他社利用が4社位あれば断るケースが

増えてきたね。前はそのくらいどんどん可決してたのにね~(笑)

可決率って最近40%位じゃない?」

「出金停止も増えてるらしいですね。やっぱ、総量規制を睨んで

残高調整ってところですか?」

「決算出た頃からまた増えてるみたいね。残高を少なくするべく

出金停止するところと、再契約狙いのところと分かれてるみたいだね~。」

「具体的に何処がそうなんですか?」

「例えばプロミスとか三洋信販なんかは出金停止して、原因が

解決すれば枠を下げて復活することが多いって聞くし、武富士

とかイコールクレジットなんかは契約書交わして再契約すれば

復活するらしいね~。
面白い動きしてるのがディックだね。」

「ディックは他と違うんですか?」

「ディックは出金停止はあまりやってない様なんだよね。どちらか

と言うと、他社残の多い客と契約し、他が出金停止で止まりだす

と一本化しませんか?みたいな勧誘までするってウワサだよ。」

「一本化ですか?この総量規制の中でそんな事できるのかな。」

「不動産担保ローンで勧誘するみたい。総量規制でも、不動産

とか資産があることが分かっていれば年収の1/3に係わらず

融資できることになってるから、それを使うみたいよ。アコムなん

かも不動産担保を最近よく使ってるらしいね~。」

「みんな生き残りに必死って感じが伝わって来ますね」


プロミスは出金停止後、解除するとき連絡くれるそうです。
(省略)

ディックは出金停止はあまりせず、枠がどんどん大きくなるってウワサです。(省略)


---------

☆今日の一言☆

不動産担保ローンは,非常にコワイですね(^^;)

皆さん,借り入れ金額が増えると,金利が1%違うだけでかなり違います。

いくら「利息制限法」といっても上限が100万円以上だと15%までOKですから・・・。

やはり,不動産を担保に借りる時はより「慎重」にするべきです。「不動産」は何とか守るように方法がいろいろあります。詳しくはネットで検索してみるか,弁護士・コンサルタント等に早めの相談をお薦めします。

下記はご参考まで。

----

「特定非営利活動法人消費者支援機構関西」HPより記事抜粋

http://www.kc-s.or.jp/report/index11.html

4 不動産担保や保証人取得の禁止(この項目は関西アーバン銀行のみ)

おまとめローンの融資に際しては,債務者本人やその親族等の居住用不動産を担保に入れさせたり,あるいは,保証人を要求してはならないこと。

 おまとめローンの融資に際して,居住用不動産を担保として取得したり,新たに保証人を要求したりすることは,決して認められるべきではありません。
 なぜなら,前述のとおり,おまとめローンは,多重債務の抜本的な解決になりえない以上,近い将来,おまとめローンの返済自体も行き詰る可能性が高いからです。
 その結果,大切な自宅を失ったり,あるいは親族・知人などの保証人に多大な迷惑をかけたり,取り返しのつかない損害を消費者に与えることになりかねないのです。
 以上で,申入れの概要を説明しましたが,詳しくは,「お問い合わせ」「申入書」をご参照ください。

(引用ここまで)

|

« ■銀行債権の路地裏からの脱出!?(サービサーの役割!とは?) | トップページ | ■これも「いじめと自殺!?」・・・松岡農林水産大臣の「自殺」ニュースへの所感です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■銀行債権の路地裏からの脱出!?(サービサーの役割!とは?) | トップページ | ■これも「いじめと自殺!?」・・・松岡農林水産大臣の「自殺」ニュースへの所感です。 »