« ■債権者側からみた「出金停止の裏情報とは?」 | トップページ | ■武富士に本人訴訟の方が100%勝訴!「被告が時効を援用するのは信義則違反だと判断」 »

2007.05.28

■これも「いじめと自殺!?」・・・松岡農林水産大臣の「自殺」ニュースへの所感です。

‥‥……━★

こんにちは。

梅雨が近づいて,不安定な天候が続いています。

さて,今日はとても衝撃的なニュースが飛び込んできました。

現職の大臣が「自殺」したニュースです。

読売新聞ニュースには,生前までの記事が詳細に載っていました。http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_07052851.htm

毎日新聞ニュースには,「死亡」経緯について触れていました。

http://news.livedoor.com/article/detail/3177944/

‥‥……━★

先週から昨日までは,テレビ(スポーツ界)では「明るいニュース」が続いていました。

男子ゴルフ界に「ハニカミ王子」登場,アメリカ野球界では「日本人の大活躍」,相撲界では久しぶりに横綱誕生「白鳳優勝」,競馬界では64年ぶりに日本ダービーを「牝馬のウオッカ」が「勇気ある挑戦」で優勝です。(日本ダービーは皇太子様・安倍総理もご出席)

「快挙」「努力」「勇気」「挑戦」の2文字が,まぶしい程に明るい話題が続きました。皆さんも「よーし」私達も頑張ってみようか!と「未来」に対してさまざまな「希望」がもてた週末だったと思います。

しかし反面,都会では「ハシカ」・北九州では「黄砂+光化学スモッグ」「高温小雨」と異常続きの上に,「社会保険庁」の年金不払い問題,官民あげての天下り問題,全日空のコンピュータ障害の混乱と・・・ほんとうに「陽」と「陰」が入り交じった世相の今日この頃でした。

そして本日,日本中に衝撃が走った松岡農林水産大臣「自殺」のニュース!

昨日の「日本ダービー」も本当は松岡農林水産大臣も当初は出席の予定だったらしい。それは主催者が「農水省」ですから・・・まして,初めて皇太子様も出席なので,当然といえば当然なのでしょうが。。。それすら出席出来ない事から既に「異変」があったのかも知れません。

しかし現職の大臣が「自殺」は歴史上記憶が無いのでは・・・。ある意味でこれは国会内外での「いじめと自殺」になるのでしょうか???(結局,真実がまた闇に消えてしまった・・・。)

しかし,現職の大臣なので「自殺」は避けていただきたかった。なぜなら,「大臣」が責任の取り方として「自殺」をしてしまっては,青少年やその他の人たちへの影響が余りにも大きい・・・。もっとも教育現場でも,校長も「自殺」する世の中です・・・。もっと「大人」らしい姿の「決着」のしかたを,国民に示して欲しかったと思うのは私だけでしょうか・・・。(悪い意味で故「田中角栄」のように堂々と・・・。)

これからの教育(マスメディアも含め)に求めるものがあるとしたら・・・それは,「失敗」「挫折」「悪事」をした時に「どうしたら良いか」,また「回りの姿勢はどのようにすればよいか」を,いろんな場面で「対処方法」を教えていくべきではないでしょうか?(借金解決のように)

とはいえ,故人になられた方の悪口は慎むべきなのでしょう。。。

恐らく「心身喪失状態」まで陥ってしまったのかも知れません。心よりお悔やみ申します。合掌。

‥‥……━★

話がすこし変わりますが,先日の吉田猫次郎氏のブログに記事がありました。

「藍の会」という「自死遺族の会」の懇親会との話会いの場があったhttp://blog.goo.ne.jp/yoshidanekojiro/d/20070528

とありました。その猫次郎氏が自らコメント欄に次のように出ていました。

-----

2007-05-28 02:06:10

補足。
私が受けた個別相談というのは、言うまでもなく、借金絡みの相談に特化しています。

借金を残して自殺した場合、遺族が「相続人」や「連帯保証人」として取り立てを受けることも実際ありますから、心のケアのみならず、実践的なアドバイスも必要になってくるのです。

私は遺族ではないので、遺族の方の気持ちが理解できるとは到底言えません。心のケアまでできる自信はありません。 しかし、借金の問題にかけては、自信をもって対処法をアドバイスすることができます。そのへんの役割分担をふまえたうえで、今回は相談に乗らせて頂いた次第です。

(引用ここまで)

------

確かに,借金関係については対処方法が沢山あります。借金の悩み(支払えなくなり,迷惑をかけては生きていけない等・・・)で自殺を考える方も多いと思います。(猫次郎氏も以前はそうだった事があるそうです。私も同じような経験があります。)

「自殺」をしてしまったら,「自身」や「回りの方」の「未来」を無くしてしまいます。どうか「自殺」をする前に,身近の方にメールでも,電話でも,何でもいいから相談をして頂きたいと切実に思います。(また回りの方も,不自然な所があるようでしたらよく注意して下さいね。)

人間の命には自ずと限界があり,必ず「死」が訪れます。これは人間だけではなく万物みなそうです。あと100年もすれば,今生まれた「赤ちゃん」も果たして生きているかどうか分かりません。おそらくおおかたの人類は入れ替わっているでしょう!

「生老病死」は避けて通れない問題です。どんなに「財産」や「名誉」があっても「死」を完全に回避することは出来ません。

私達は現実に生きています。ならば「生きる闘い」の為なら,遠慮しないで「全力」で闘ってみようと私も常々思っています。

-----

今日は「日本ダービー」の記事を書きましたので,前から書こうとしていた内容の補足です。

ちなみにギャンブル(競馬・競艇・競輪・パチンコ等)が借金の主な原因の場合は,「破産」が難しい場合があります。

『破産法に定める免責不許可事由としての行為は、賭博等射倖行為により「著しく財産を減少し」、「過大な債務を負担」した場合である。』

(みなとみらい司法書士事務所HP様より引用)

http://www.songai.net/jikohasan-menseki/kentou3.htm

心当たりのあるかたで多重債務の方は,今からでも遅くありませんからギャンブルを止めましょう!そして,法律家の指示に従いましょう!

(今日も長々となりました)

|

« ■債権者側からみた「出金停止の裏情報とは?」 | トップページ | ■武富士に本人訴訟の方が100%勝訴!「被告が時効を援用するのは信義則違反だと判断」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■債権者側からみた「出金停止の裏情報とは?」 | トップページ | ■武富士に本人訴訟の方が100%勝訴!「被告が時効を援用するのは信義則違反だと判断」 »