« ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 | トップページ | ■知らなかった・・・2・13最高裁判決は「本人訴訟だった!?」そして「リベンジは5・22」 »

2007.05.03

■グレーゾーン金利は「架空請求と認定」・・・札幌高裁。そして北国に春を呼び込む「倶知安ひまわり基金法律事務所」のご活躍!

‥‥……━★

こんにちは。

凄い判決ですね。札幌方面は以前から「ヤミ金」等でも画期的な判決が多いです。札幌の裁判官は凄い方々ですね。本当にありがとうございます。

私は,「逆襲の債務者」様のブログhttp://gyakusyu.blog24.fc2.com/

の中で,「あさぎり様」からの報告記事で初めて知りました。「あさぎり様」ありがとうございました<(_ _)>

またN太の『どっちもどっち』http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/05/01

(5月1日付ブログ記事)にも出ていましたので,転載させて頂きます。

■架空請求と認定!

対CFJというのが、なぜか嬉しい^^♪
最高裁まで行くのか、今後の成行が注目されます^^!
でも、最高裁でひっくり返ったら・・・・・

MSN毎日インタラクティブ

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070428ddm041040164000c.html

北海道新聞

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/22622.html

札幌高裁:「グレーゾーン金利」を「架空請求」と認定
毎日新聞 2007年4月28日

 利息制限法を上回る消費者金融業者の「グレーゾーン金利」利息請求を
巡り、石狩市の女性が大手消費者金融「CFJ」(本社・東京都品川区)
を相手取り、過払い金など約360万円の返還などを求めた民事訴訟の
控訴審判決が26日、札幌高裁であった。伊藤紘基裁判長は「グレーゾーン
金利による請求は、不法な架空請求に当たる」とする全国初の判決を出し、
同社に過払い分約280万円や慰謝料など計約330万円の支払いを命じた。

 訴えによると、女性は87年6月~05年9月の間、同社から借金した。
女性側は昨年2月、「CFJ側は支払い義務がないことを告げずに利息を
受け取り、不法行為が成立する」として札幌地裁に提訴。同社側は、
グレーゾーン金利の根拠として出資法が定める上限金利(29・2%)を
挙げ、「グレーゾーン金利は監督官庁も容認していた」と反論していた。
1審は同社に約280万円の支払いを命じ、双方が控訴していた。

 グレーゾーン金利の利息について、伊藤裁判長は「(双方の合意などの)
要件を備えた場合にのみ受領できるが、CFJ側は要件を満たしたかに
ついて立証していない」として不当請求と認定。「元本がなくなった後は、
存在しない債務にかかる利息なので、架空請求として不法行為を構成する」と述べた。

 グレーゾーン金利は昨年12月、貸金業規制法などの改正で09年末を
めどに廃止されることが決まっている。原告代理人の宮原一東弁護士は
「架空請求と判断され、多重債務者の苦しみが裁判所に理解してもらえた
ことに大きな意義がある」とコメント。高金利問題に詳しい辰巳裕規・
アイフル被害対策全国会議事務局長(弁護士)は「利息制限法で計算すれ
ば過払いであるにもかかわらず、それを秘密にして請求する行為を架空請求
と断じた判決は初めて。非常に画期的だ」と話している。【真野森作】

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

原告代理人の宮原一東弁護士といえば,「倶知安ひまわり基金法律事務所」http://nttbj.itp.ne.jp/0136216228/index.htmlで大活躍をされている事を,既報でお伝えした所です。

日弁連HPではさらに事務所の事が詳しく掲載されています。http://www.nichibenren.or.jp/ja/committee/depopulation/syoukai33.html

------

記事名■過疎(弁護士不在)の地方程「過払い金」が埋もれている!?

http://yuuki.air-nifty.com/go/2007/04/post_7391.html

この中の「北海道新聞」にも詳しく北国の「実情」について書かれています。

今回,冒頭でご紹介していただきました「あさぎり様」もコメント欄で次のようにいわれています。

『この掲載されている記事ですが、つらくてまともに読めないほどです。
宮原弁護士さんの言葉「サラ金で苦しんだ時間を取り戻すことはできないが、払いすぎたお金と利息だけでも返してあげたい」
・・・ほんとにそうです。』

-----

私も,「北国の春は近い」と感じました。本当に宮原弁護士様は素晴らしい方ですね。

そして,今回の画期的な判決!「N太氏」も「あさぎり様」もきっと最高裁でも勝訴して欲しいという気持ちは私も同じです。

最高裁で「グレーゾーン金利」は「架空請求」と認定されれば,それこそ画期的です!

|

« ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 | トップページ | ■知らなかった・・・2・13最高裁判決は「本人訴訟だった!?」そして「リベンジは5・22」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■金融の大型再編成!?「債権会社側から見た現状は?」 | トップページ | ■知らなかった・・・2・13最高裁判決は「本人訴訟だった!?」そして「リベンジは5・22」 »