« ■消費者金融の元社員が「違法取り立てで訴訟」 | トップページ | ■過払い金返還戦線「まったなし!」・・・廃業しても逃がしませんよ (最強法律相談室さん) »

2007.05.18

■続報・・・札幌高裁「架空請求」判決

‥‥……━★

こんにちは。

大変痛ましい銃器による事件が,また起こってしまいました。

報道によるとSAT(特殊機動部隊)隊員の林一歩(かずほ)巡査部長(23歳)が亡くなられたとの事。奥様と8ヵ月のお子様がいらした・・・。大変辛いニュースです。心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

(追悼記事)

●「いっぽ君と親しまれ・・・」(朝日新聞ニュース5月18日付け)

http://www.asahi.com/national/update/0518/NGY200705180001.html

●1センチの隙間で殉職(日刊スポーツ新聞5月18日付け)

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070518-200552.html

-----

それでは,今日の本題にうつります。

既報でご紹介した「札幌高裁」の対CFJに対する「架空請求」判決の詳細な内容が出ていましたので,ブログと記事をご紹介させていただきます。

--------

最新!過払金返還訴訟実務

(街の弁護士高岡輝征@大船法律事務所の日々 5月7日付けブログより転載)

http://ofunalaw.exblog.jp/d2007-05-07

最近,興味深い判決が出ました。
札幌高等裁判所平成19年4月26日判決です。
事案は過払金返還等請求の事案です。

この判例は,次の2点において,注目に値します。
 
1 過払金返還請求が,弁護士を依頼して訴訟によらなければならなかった旨判断し,民法704条後段の損害として,弁護士費用相当損害金30万円を認めた。
 
2 過払いであるのに,そうでないように装って,借金の請求をした行為は,架空請求として不法行為である旨判断し,慰謝料15万円と,その訴訟の弁護士費用相当損害金5万円,合計20万円の損害賠償請求権を認めた。
という2点です。

すなわち,要するに,①過払金返還訴訟では弁護士費用相当損害金が請求できる場合がある,②過払いであるのに,そうでないように装い,借金の請求をされていた場合は,慰謝料と弁護士費用相当損害金が請求できる場合がある,旨の判決が出たのでした。

さて過払金返還訴訟では,今年2月に,過払金返還請求権の金利が年5分か6分か等について,最高裁判例が出て,同金利は年5分であるなどとされ,その後の過払金返還訴訟実務にかなりの影響が出ていました。
この最高裁判例は,原告(消費者)側に不利で,被告(消費者金融会社)側に有利な内容と言えました。

しかしながら,消費者側に立つ弁護士陣も,金利で勝てないならばというわけでもないでしょうが,慰謝料や弁護士費用を請求する傾向になっていたところ,今回,札幌高裁の判決で,それが認められたわけです。
高裁判決というのは,簡裁判決や地裁判決よりも実務では重視されます。

うちの事務所でも,今後は,過払金返還訴訟では,民704後段の損害としての弁護士費用と,不法行為の損害賠償請求としての慰謝料と弁護士費用を請求しようと思います。
 
   
(引用ここまで)
---------
 
☆今日の一言☆
 
なるほど,弁護士費用(本人訴訟型の方は?)と慰謝料が請求できる「判決」としても画期てきだったわけですね。
 
これで,弁護士に依頼しても「弁護士費用」の心配がなくなるのであるならば,それに越したことはないですね。各地の弁護士等の方も是非「弁護士費用+慰謝料」も請求して,原告本人への「取り戻し額」を増やして頂きたいですね。
 
-----
 
追記です。
「弁護士費用(本人訴訟型の方は?)」の箇所
 
★原告日当
 3950円×公判期日回数
 
その他有ります。
「逆襲の債務者」様ブログをご参考下さい。
http://gyakusyu.blog24.fc2.com/blog-entry-11.html

|

« ■消費者金融の元社員が「違法取り立てで訴訟」 | トップページ | ■過払い金返還戦線「まったなし!」・・・廃業しても逃がしませんよ (最強法律相談室さん) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■消費者金融の元社員が「違法取り立てで訴訟」 | トップページ | ■過払い金返還戦線「まったなし!」・・・廃業しても逃がしませんよ (最強法律相談室さん) »