« ■債権者側から見た,「6・7最高裁判決」の波紋・・・武富士の動向に変化!? | トップページ | ■過払い金は一流の金融会社からも返って来ますか?・・・(もちろん返ってきます 「最強法律相談室」ブログより) »

2007.06.12

■「多重債務者相談マニュアル」(案)の公表について(金融庁)+書籍紹介ブログ記事

‥‥……━★

こんにちは。

最近はどうも風邪がなかなか治らない。年かな・・・。

ということで,しばらく昼間の細切れ時間を利用してブログUP。それで早寝早起きができないかと,模索中の日々です。

さて,金融庁から昨日「多重債務者相談マニュアル」(案)の公表と意見募集(6月26日17時まで)が出ていました。また興味深い書籍のご紹介ブログ記事も合わせてご紹介させて頂きます。

---------

■「多重債務者相談マニュアル」(案)の公表について

http://www.fsa.go.jp/news/18/kinyu/20070611-3.html

平成19年6月11日
金融庁

多重債務者対策本部において本年4月20日に決定された「多重債務問題改善プログラムhttp://www.fsa.go.jp/singi/tajusaimu/index.html#sankouを受けて、今般、「多重債務者相談マニュアル」(案)を別紙のとおり作成いたしましたので、公表いたします。

この案について御意見がありましたら、平成19年6月26日(火)17:00(必着)までに、氏名又は名称、住所、所属及び理由を付記の上、インターネットにより下記にお寄せ下さい。電話による御意見はご遠慮願います。

なお、いただいた御意見につきましては、氏名又は名称を含めて公表させていただく場合があるほか、個別には回答いたしませんので、あらかじめ御了承下さい。

インターネットによるご意見はここをクリックして下さい。https://www.fsa.go.jp/pub_comment/

御意見の送付先

金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室
ホームページアドレス:http://www.fsa.go.jp/

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室 (内線2648、3596)

---------

(書籍のご紹介ブログ)

■「サラ金崩壊」読みました (最強法律相談室様6月11日付ブログより)→http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-06.html#20070611

詳細内容はこちら→N太の『どっちもどっち』http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/06/11

に非常に詳しく出ています。その中の福岡県弁護士会HP記事は一読の価値有ります。

--------

☆今日の一言☆

安倍内閣も今が一番の踏ん張り所でしょうか・・・。厚生労働省の「年金問題」等で揺れに揺れています。

しかし,メディアも含めていつも不思議?に思っている事があります。

この問題は,安倍内閣が作った問題では無いと言う点です。今朝の何処かのTVでもちらっと見ましたが・・・。

過去の厚生労働大臣(菅直人氏~小泉氏~に代表されるそうそうたるメンバー)時代から問題があるという認識から立てば,安倍内閣だけの問題では無いはずです。

つまり与野党・官僚も含めて今までみんなが,国民の為に十分な監視をしていなかった事ではないでしょうか?

その歴史的な課題を,安倍内閣で解決しようとしている・・・どうも無理があるように思います。

また同じように,裁判でもよく「国」に責任があります,「国」が控訴します・・・という言葉を良く聞きます。

これも不思議に思います。「国」とはなんでしょうか?当然「大臣」の名前になるのでしょうか?責任者「日本国」とはいわないですね。

この際,「国」に責任がある・・・控訴します・・・というときは,弁護士名の他に大臣(トップ)の名前と中心的な実質担当責任者の官僚名も明記して欲しいと,私は思いますが・・・。

そうすることで,より「責任」が明確になるし「控訴」も慎重になっていくと思います。。。

いらない話も含めて長々となりました。

(とりあえずこの辺りで失礼します)

 

|

« ■債権者側から見た,「6・7最高裁判決」の波紋・・・武富士の動向に変化!? | トップページ | ■過払い金は一流の金融会社からも返って来ますか?・・・(もちろん返ってきます 「最強法律相談室」ブログより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■債権者側から見た,「6・7最高裁判決」の波紋・・・武富士の動向に変化!? | トップページ | ■過払い金は一流の金融会社からも返って来ますか?・・・(もちろん返ってきます 「最強法律相談室」ブログより) »