« ■「最強法律相談室」の上半期の過払い金返還ベスト5・・・追記:「多重債務者相談マニュアル」<簡易版>の公表「金融庁」 | トップページ | ■最高裁・・・同一貸主の場合で基本契約が無い?場合の「充当判例」(破産免責後?) »

2007.07.20

■7月16日の「ABCこども未来宣言」(水谷修先生の生出演)を見ての所感。

‥‥……━★

こんばんは。

最近の最高裁判決で時間がとれずにいました。

先日,たまたまテレビで夜回り先生「水谷修先生」の生出演放送番組を見る機会がありましたので,今夜は所感を書きたいと思います。

------

■「こどもと向きあう夏」7/16(月・祝)午後3:00~5:54 

http://www.asahi.co.jp/kodomo/main.html

(朝日放送 7月16日の放送分より転載)

司会: 赤井英和、麻木久仁子

パネラー:

鳥越俊太郎、大平サブロー、堀ちえみ、海原やすよ・ともこ、他

ご意見番:

水谷修(夜回り先生)、汐見稔幸(白梅学園大学教授・副学長)、他

「こどもと向きあう」をテーマに、家庭や学校、地域など、さまざまな場所でこどもたちと向き合い、取り組んで いる人たちの姿を通して、こどもとの接し方や向き合い方、育て方を、パネラーたちとともに考える。そして、

「今日一日、こどものことをまじめに考えてみよう」というメッセージを視聴者に問いかけていく。ご意見番には、前述の水谷修氏と、育児本も多数出版している教育学者の白梅学園大学教授・副学長の汐見稔幸氏を迎え、生放送でお送りする。

 

番組内容:

「学校で向きあう」では、先生がこどもと真摯に向き合う様々な取り組みを行っている枚方市の公立中学の挑戦や、カヌーイストの野田知佑氏が校長を務め、こどもたちとキャンプ生活を送る“川の学校”の活動を紹介。

 
「家庭で向きあう」では、フィギュアスケートの織田信成選手と、コーチでもある母親との絆や、都会で子育てをする若いママたちが頼れる場所として人気の子育てサークルを紹介する。
 

「食卓で向きあう」では、現在の学校教育で推進する食育について改めて考え、“食卓を囲むことの大切さ”を見直していくほか、「地域で向きあう」では、“こどもたちの祇園祭”と題し、祭りを通じて様々な事をこどもたちが受け継いでいく様子を追う。
 

「命と向きあう」では、7月14日から17日まで大阪南港のATCで開催される「生命のメッセージ展」から生中継。犯罪や事故、いじめなどで理不尽に生命を奪われた犠牲者の遺族たちが生命の重みを伝えるアート展を紹介する。

-------

☆今日の一言☆

水谷修先生の生出演番組を見えたのは,本当に偶然とはいえラッキーだった。知っていれば7月14日の放送分も見たかった。

また,皆様に情報発信も出来たかと思うと,残念・・・。

放送内容は,生放送でパネラーの方々がいたので「水谷修先生」が中心に話されたのは,時間的には全体の半分以下だったように思います。

しかし,話は講演内容と同じリズムだったと思います。(以前,講演を聴く機会がありました)

先ずは,大阪の公立中学「枚方市立楠葉西中学校」の取り組み内容が,とても素晴らしかったです。http://www.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2720001&type=2&category_id=mail&optiondate=200706

その後に,大阪での「夜回り」の収録内容が流れました。「大阪の町は3年前から比べると綺麗になった」と言われていました。ただその分,「見えなくなった」だけとも・・・。

「夜回りの実態」をパネラーの方々も見ていましたが,さすが「生々しい子供達との触れ合う内容」に固まっていたように思います。大麻・麻薬等・・・の実態。

特に印象に残ったのは水谷先生を見かけると,子供達が「携帯写真を一斉に向けるシーン」や「先生の言葉に,真面目に答える子供達」,また「仕事や悩みがある子には,自ら名刺を渡して連絡をしてきなさい」等の慈愛に満ちた姿がありました。

夜の子供達と同じ目線で「キャッチボール」をされている風景は,なかなか出来ることではありません。。。子供達も「水谷先生」を受け入れている時は,表情も生き生きしていた姿が特に印象的でした。

そこには,夜の大人達の世界に「子供達」を決して行かせない「行動愛」を感じられます。それを15年もされている。。。国が褒賞制度を毎年されているが「水谷修先生」こそ,褒賞されるべき人と私は思います。

よく子供は「未来からの使者」といわれます・・・その子供達の未来に灯りを照らして,この国の未来を手塩にかけて変革して行く姿にこそ,これからの日本の「未来の大人像」があると思います。

私は,「水谷修先生」の姿を知ってから,「善」の存在を確かに「確信」できた一人です。これからも水谷先生には,どうかお体を大切にして頂きたいと願う一人でもあります。

まだまだ書き足りませんが,本日はまたの機会とさせていただきます。

最後に参考までですが・・・下記をご紹介させて頂きます。(実はご紹介を迷いました。それは本当に水谷先生を求めている方にメールして頂きたいからです)

(ふらっと 人権情報ネットワーク↓)http://www.jinken.ne.jp/child/mizutani/mizutani1_2.html

『水谷氏は薬物相談で、一人も多くの子や親たちの役に立てばとメールアドレスを公開している。』 (記事内より)

E-MAIL om@yhb.att.ne.jp
URL http://www.koubunken.co.jp/mizutani/main.html

-----

ただ,一日700通以上のメールがあるらしいので,その点も含めてご理解頂きたい。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「最強法律相談室」の上半期の過払い金返還ベスト5・・・追記:「多重債務者相談マニュアル」<簡易版>の公表「金融庁」 | トップページ | ■最高裁・・・同一貸主の場合で基本契約が無い?場合の「充当判例」(破産免責後?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

yuuki様

また、7/19(木)に、最高裁判決が出たようです。
まだちゃんと把握してませんが、分断関係で原告側に有利な判決のようです。
とりあえず、ご報告まで・・・(^O^)

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=34959&hanreiKbn=01

投稿: あさぎり | 2007.07.20 14:17

あさぎり様

お知らせ頂きありがとうございます^^

そうですか,また時間を見て読み込んでからUPしたいと思います。また時間かかりそうです^^;

投稿: yuuki | 2007.07.20 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「最強法律相談室」の上半期の過払い金返還ベスト5・・・追記:「多重債務者相談マニュアル」<簡易版>の公表「金融庁」 | トップページ | ■最高裁・・・同一貸主の場合で基本契約が無い?場合の「充当判例」(破産免責後?) »