« ■肝臓ガンと闘っている方はご参考に!(NHK「 プロフェッショナル 仕事の流儀」への所感) | トップページ | ■7・13最高裁判決(2件とも「エイワ」)・・利息制限法違反は「悪意の受益者」とほぼ認定! »

2007.07.12

■CFJの今後は?・・・そして,N太氏の激闘の2年間に「あっぱれ」を!

‥‥……━★

こんばんは。

この週末は,梅雨の末期+台風(大型で怖い)になりそうです。既に被害が出ている所も含めて大変心配ですね。各方面の方々は十分ご注意ください。

さて,CFJに関して久しぶりに「最強法律相談室」さんからコメントが出ていましたので,ご紹介させていただきます。

また,かねてより「本人訴訟型」でCFJと勇敢に「控訴」で闘っていたN太氏も,ついに長い闘いに終止符を打たれたとブログで書かれています。http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/7/11

最終的には「和解」で終わったとの事です。これは「本人訴訟」で闘った方にしか分かりませんが,判決まで行きたいが「和解」で終わらせる潮時があります。こればかりは,当事者とその場の状況でないと「味わえない」事です。

ただ,「和解」はあらゆる事を考え抜いての結論ですので,N太氏の判断は正しいと私は思います。N太氏はCFJ相手に約2年間という長きにわたって裁判で闘い抜きました。

私の知っている範囲では,一般人ではN太氏が「最強」と思っています。ただ一審での判決もそうでしたが,取引当初の会社関係があまりにもややこし過ぎた為に,ここまで来てしまいました。(それだけ長い間の取引をしてきたという事です・・・。)

N太氏,本当にご苦労様でした<(_ _)>

これを糧に次の大きな飛躍に結びつく事を,心よりお祈り申し上げます。

今回応援いただいた全国の同士の皆様,N太氏の闘いに拍手を贈ろうではありませんか!

---------

■CFJの事件は結審

(「最強法律相談室」様ブログ 7月11日付より転載)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-07.html#20070711

山口地裁周南支部で過払い裁判7件。

 最近は原告4~5人でのミニ集団訴訟が増えたので、必然的に訴額も増えて、簡易裁判所の事件ではなく、地裁の事件になることが多くなった。簡裁は訴額が140万円を超えない事件を扱い、140万円を超えると地裁の管轄になる。

 何回か弁論期日を重ねたが結局一度も出頭してこなかったCFJの裁判2件については本日で弁論終結。次回判決となった。充当問題などの争点がない事案であるにも関わらず、CFJは請求金額から大幅に減額した和解案しか提示してこなかったので、判決はやむを得ないだろう。
 裁判を長引かせても結局損をするだけだということをCFJによく理解してもらうためにも、今後は対CFJは判決を原則とするつもり。

 (新着過払金入金情報)
 ・7月11日 GEコン 133万8000円(2件)
        ビアイジ  35万円

 平成19年の過払金取戻額、本日現在合計2億8192万9341円
sarakure110 at 18:39
 
(引用ここまで)
---------
 
☆今日の一言☆
 
どうか「最強法律相談室」さんが,一日も早くCFJに対して「引導」を渡して欲しいと願うのは私ばかりではないでしょう。(N太氏の件もありましたし,現在長い答弁書と格闘されている方々の事を思うと余計にそう思います)
 
現在CFJ内部も大変らしい。
 
本当かどうか分からないが,自宅待機や転勤・求職活動等・・・。中には家計も大変で,元CFJに勤めていたという事でも不利益を受けている方もいるらしい・・・。
 
CFJの社員は社員。その家族である子供達はまた別です。どうか同じにはしないで欲しいと願います。
 
労働に関しては,当然権利がありますが・・・掲示板を見ると,やはり会社の対応に問題があるのでしょう。
 
これは「裁判」においても「最強法律相談室」さんのコメントからも分かります。CFJはいったい裁判に対してどの様に考えているのでしょうか?
 
内部の混乱+過払い金訴訟の増加により,内情はかなり大変らしい。
だからこそ,内外共にキチンとした対応をして頂きたいとみんなが望んでいると思います。
 
(今夜はこれで失礼します)

|

« ■肝臓ガンと闘っている方はご参考に!(NHK「 プロフェッショナル 仕事の流儀」への所感) | トップページ | ■7・13最高裁判決(2件とも「エイワ」)・・利息制限法違反は「悪意の受益者」とほぼ認定! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

勇気さんありがとう! CFJ戦は不幸なことが重なりました。H15年の秋の特定調停の際、担当女性書記官が、訴訟上のことで誤ったことを言っていたので信用できず、万一この決定を受けて、後日返還請求をすることが出来なくなってはいけないと思い、「債務」無しの17条決定を飲まなかったこと。 一審では変な裁判官が、当事者が争っていないのにもかかわらず、「契約上の地位の移転」についての争点を作り出したこと等。 自分の勉強不足、自信のなさを棚に上げていうのもなんですが・・・ これらの教訓を基に、今後頑張りたいと思います^^ 応援ありがとう!!

投稿: N太 | 2007.07.12 19:28

本当に思い出深い壮絶な闘いだったと思います。長い期間ご苦労様でした<(_ _)>

H15年暮れといえば,私が初めて「特定調停」の存在を知った記念の年でした。
そして,その後N太さんのブログを見つけた時は,凄い人がいると思ったものです。

7月19日の最高裁判決(開示義務)の時にはお昼のNHKニュースを見て,N太氏と共にブログ上で喜びあった事がとても懐かしく思い出されます。

年月が流れるのは,本当に早いものですね。
これからも応援させて頂きます(^^ゞ

投稿: yuuki | 2007.07.12 23:21

追記です^^;

そういえば,中村弁護士が以前裁判官について言われていた事を思い出しました。
「優秀な裁判官でなくてもいいから,普通の判決を出してくれる普通の方でいい」という内容だったと思います。

私も裁判官にはいろんな方がいる?と苦しい体験をさせていただいた一人です(^^ゞ

投稿: yuuki | 2007.07.12 23:42

yuuki様

N太様には本当に敬意を表しますね。
ところで、今日はまたこんな判決が出たそうですので、ご報告します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070713-00000092-jij-soci
まだ、くわしいことはわかりませんが、2chの情報では、7/17(火)にもこれに関する判決が出るそうです。
「悪意の受益者」の5%利息部分みたいなんですが、まだよくわかりませんが、こちら側に有利っぽい判決みたいです。

投稿: あさぎり | 2007.07.13 16:51

あさぎり様
いつも第一報をありがとうございます^^

情報収集してから,あさぎり様の2CH情報も含めてUPさせていただきます。ちょっと今時間が無いので遅くなるかもしれません<(_ _)>

ちらっと見ましたが,中村先生のコメントによると「悪意の受益者」が確定の判決のようです。

これで消費者金融側も観念して欲しいのですが・・・。
それではお礼まで(^^ゞ

投稿: yuuki | 2007.07.13 21:04

この原審は、最高裁平成18.1.13シティズ判決の前に出たもので、被告の「悪意」が認めらなかったようようですね。それが今回、最高裁では「高裁判決は法令の違反がある」ということで、差し戻しになったという内容のようです。
まあ別に、今更こんなの出なくても、被告の「悪意の受益者」部分が認められないことはないですが(笑)、最高裁平成18.1.13シティズ判決と合わせて
「貸金業者のみなし弁済は無理」→過払金元本
「貸金業者なら悪意の受益者」→過払利息
が、確定したようでなによりです。

例えば、プロミスからの準備書面の一部ですが、
①『「悪意」の立証責任は、原告にある。』
②『被告は、利用者から過払金返還訴訟を提起され、みなし弁済の主張・立証を奏功せず、敗訴の判決が確定して初めて不当利得金について悪意になるのである。』
・・・・というのがありました。
①については、『じゃあその前に、そっちがまずみなし弁済を立証しろ』
②は、つばさ様やゆう様ともう笑っちゃって、「じゃあいつのタイミングで5%利息払うつもりだよw」ってかんじでまともにこの部分は取り合わなかったんですが、もうこんなバカバカしい「悪意の受益者」部分のやりとりはしなくて済むのかと思うと・・・(笑)
今のサラ金で、さすがにみなし弁済を主張するところはなくなってきましたが、「悪意の受益者ではない」はまだまだ言ってきていましたから、争点が一つなくなりそうです。

投稿: あさぎり | 2007.07.13 23:40

あさぎり様
丁度行き違いになったようです^^

原審はそうでしたか,また見直してみます。

それから,私も最初見た時は「いまサラ」と思いました。

でも,貸金業者側が絶対「みなし弁済」を立証できない事を踏まえた上での最高裁判決はさすがですね(^^ゞ

過払い金返還訴訟で,ややこしい債権譲渡や充当の問題が発生しない「案件」以外は満額5%和解の流れに変わりますね。

裁判しなくても済む日も近いかもしれません。

また今後5%の定期預金の満期日を楽しみにされる方も増えるのでは(^^ゞ

投稿: yuuki | 2007.07.14 00:04

yuuki様
そうでしたね^^
最判7.19の喜びを共有できたことは、ついこの間のことのようです。

月日の経つのは早いもので、平成15年の特定調停から早4年、その間にいろんな最判や裁判例により、一喜一憂してまいりました。
今後も暫く重要な最判が出そうですが、社会的に好ましい判断が待たれます。

中村弁護士や、yuukiさんが言われますように、裁判官については、普通の判断が出来る人が好いですね。 私も身をもって感じました。

そうそう、「いまサラ」はうけましたよ^^!


あさぎり様
ファイトあふれるあさぎりさん。
多くの方々が、力づけられていることと思います。

私もその内の一人ですが、いつも新鮮情報や解りやすい解説を提供いただき本当に嬉しく思います。
応援やお気遣いにも、感謝しています。
今後ともどうかよろしく。
ありがとう^^!!

投稿: N太 | 2007.07.14 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■肝臓ガンと闘っている方はご参考に!(NHK「 プロフェッショナル 仕事の流儀」への所感) | トップページ | ■7・13最高裁判決(2件とも「エイワ」)・・利息制限法違反は「悪意の受益者」とほぼ認定! »