« ■2chの情報通り,連続の最高裁判決「悪意の受益者」 | トップページ | ■7月16日の「ABCこども未来宣言」(水谷修先生の生出演)を見ての所感。 »

2007.07.19

■「最強法律相談室」の上半期の過払い金返還ベスト5・・・追記:「多重債務者相談マニュアル」<簡易版>の公表「金融庁」

‥‥……━★

こんばんは。

先ずは7・17最高裁判決文について,「あさぎり様」のコメントは大変参考になりました。重ねてありがとうございました(^^)

今回「最強法律相談室」の中村弁護士様がブログ内で,「昨日の最高裁判決は基本的に7・13と同じなのでコメントは省略。」と出ていました。

今回は「悪意の受益者」の判例が増えただけのようですが・・・。充当・消滅時効の件で画期的な判決を待ち望みたいですですね。。。

先ずは,「最強法律相談室」様からご紹介です。

---------

■アコム首位に立つ

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-07.html#20070718

(「最強法律相談室」ブログ 7月18日付より転載)

昨日の最高裁判決は基本的に7・13と同じなのでコメントは省略。

 本年前半戦の過払金取戻し各社別ランキングを発表する。6月末からやや時間が経ってしまったので、本日現在のランキングとなった。

   第1位  アコム    5144万円(1万円未満省略)
   第2位  武富士  5111万円    
   第3位  プロミス    3204万円
   第4位  CFJ       3089万円


 以上のとおり、アコムが中間点でトップとなった。武富士とは僅差なので、年末までにはまだどうなるかわからない。5位以下は、アイフル、しんわ、GE,三洋と続く。

 (新着過払金入金情報)
 ・7月17日 三洋信販 171万7561円
            プロミス 315万1000円(5件)

 平成19年の過払金取戻額、本日現在合計3億830万9756円
 
sarakure110 at 18:57
 
(7月18日の引用ここまで)
-----
 
次は、「最強法律相談室」様の過去記事2007年1月5日付ブログより一部抜粋
 
公約通り、平成18年の過払金取戻額を会社ごとに公表しよう。

 第1位 武富士   6134万円(1万円以下省略)
 第2位 プロミス   3498万円
 第3位 アコム     3425万円
 第4位 しんわ    3057万円
 第5位 アイフル    2387万円
 第6位 CFJ      2361万円
 第7位 三洋信販   2028万円

 ご覧の通りやはり武富士がダントツの1位だった。
 3年連続の第1位。
 武富士の社長宛に表彰状を送ったら受け取るだろうか?

 武富士は貸付限度額をすぐに100万円まで引き上げるので、その分過払金も多くなってしまうようだ。

 武富士以外も大手サラ金ばかり。上位7社で全体の7割以上になる。
 
(引用ここまで
 
---------
それから追記の内容です:
■「多重債務者相談マニュアル」(案)に対するパブリック・コメントの結果等について

 「多重債務者相談マニュアル」<簡易版>(別紙2)←分かりやすい資料です。

http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20070717-1.html

「多重債務者相談マニュアル」(案)に対するパブリック・コメントの結果等について

金融庁では、「多重債務者相談マニュアル」(案)につきまして、平成19年6月11日(月)から6月26日(火)までの間、広く意見の募集を行いました。ご意見の提出をいただいた皆さまには、相談マニュアルの検討に御協力いただきありがとうございました。

本件に関してお寄せいただいたコメントの概要及びそれに対する考え方は、別紙1のとおりです。

また、パブリック・コメントの結果等を踏まえまして、本日付で「多重債務者相談マニュアル」を別紙2のとおり公表いたしました。

お問い合わせ先

金融庁  Tel 03-3506-6000(代表)
総務企画局企画課信用制度参事官室 (内線2648、3596)

-------------------------

別紙1

パブリッツクコメントに寄せられた御意見に対する回答について(PDF:24K)http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20070717-1/01.pdf

別紙2

多重債務者相談マニュアル(PDF:678K)http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20070717-1/02.pdf

---------

☆今日の一言☆

「最強法律相談室」の上半期は,「アコム」と「武富士」が接戦ですが昨年の結果を見ると,武富士がダントツで第1位です。今後一気に追い上げてくるのかもしれませんね。

それにしても凄いのは,まだ半年なのに昨年の実績とそれ程「差」がないと言う点です。恐るべき「過払い金」の返還スピードです。

中村弁護士様,他スタッフの方々に改めて「暑中お見舞い申し上げます」

「庶民」の為にもお体は,大切にしていただきたい。。。

-----

話は変わりますが,過払い金返還訴訟に伴い最高裁判決が,昨年と比べてかなりのスピードで出ています。

「悪意の受益者」部分は今回の一連の判決で問題が無くなりましたが・・・充当・消滅時効では,2・13以降は各地で苦戦を強いられているようです。(裁判が長引くようになってきています。昨年の今頃なら充当・消滅時効の問題点も比較的楽に闘えたので,雲泥の差があります)

何とか,すっきりと民意にそった「最高裁判決」が待ち望まれます。それは,長年苦しんできた「庶民」達の願いでもあります。

利息制限法は強行法規ですから・・・どうか一日も早く最高裁の判決で「庶民」を救済して欲しいと願うのは,私だけではないと思います・・・。

-----

それから,金融庁が中心になって,いよいよ「マニュアル」ができました。中身はいろんな意味で,分かりやすくできていると思います。ただこの通りで「庶民」がどのように救われていくかは,今後の推移を注目して見守りたいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■2chの情報通り,連続の最高裁判決「悪意の受益者」 | トップページ | ■7月16日の「ABCこども未来宣言」(水谷修先生の生出演)を見ての所感。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■2chの情報通り,連続の最高裁判決「悪意の受益者」 | トップページ | ■7月16日の「ABCこども未来宣言」(水谷修先生の生出演)を見ての所感。 »