« ■改正貸金業法の骨格案・・・(金融庁) | トップページ | ■貸付額30万円以下の場合は3年、30万円超では5年に制限。(消費者金融等の業界団体「新協会設立協議会より」) »

2007.07.08

■七夕に寄せて。

‥‥……━★

こんばんは。

今夜は七夕ですが,あいにく梅雨の時期なので見れない地域が多いと思います。

七夕は,日本では天の川を挟んで「織り姫」と「彦星」が年に1回出会えると言われています。なんと古代の方はロマンチックなのでしょう。

実際に星空を見上げれば,七夕の星々はこれから秋口まで見えています。

ここでせっかく宇宙の事を書いたので,皆さんのあまり知らない事を書きますね。

宇宙の寿命は?宇宙の広がりは?なかなか難しいですね。

古来インドで誕生した釈迦が教典で書いています。

「時間」と「空間」を四字熟語で表しています。

まず「時間」ですが,当然宇宙の始まりであり宇宙の終わり?までを表します。

「空間」ですが,地球上も含めてあらゆる空間を表します。

ちょと難しいですね。

もう少し簡単に説明すると,「過去」「現在」「未来」を表す言葉があります。これを表すのは「三世」という言葉です。

「空間」は皆さんがご存じの方位にあたります。ここで方位は「東」「西」「南」「北」に「東北」「東南」「西北」「西南」の計8方位があります。(雨傘の骨組みを見れば8本で支えていますから分かりやすいですね。タコの足も8本・・・これは関係ないか(^^;)

この8方位では,まだ平面しか表していません。これでは3次元の空間には足りないですね。

そこで,後2方向の方位があります。よく考えて見て下さいね・・・。どこでしょう?

分かった方は頭が柔らかいです(^^)

そうです,「上」「下」の2方位が残っていました。これをたす事で,平面方向と上下方向で「空間」全体を現せます。8方位に対してこれを「十方」といいます。

先の「時間」とこの「空間」を合わせて「三世十方」という四字熟語になります。時間と空間を見事に表せていますね(^^;)

そして,宇宙の始まり=「生命の始まり」になりますが。これは「無始無終」と説かれています。そうです,始まりも無ければ終わりもないのです。

ここからは私の見解です。宇宙はビックバンで始まり現在も膨張をしている・・・と言われています。ではビックバンの前は?それからこの先は?

恐らく「無始無終」なので,私達の銀河宇宙はビックバンの繰り返し?(ビッグバン→膨張→収縮?→ビッグバン→∞)の通過点で私達は存在していると思います。宇宙の事や歴史から見れば,ほんのまばたきするぐらいの一瞬なのでしょう。

宇宙の時間から見れば一瞬です。それならば「人生」という舞台では,遠慮しないで自身が思い切って「主役」を演じていきたいと思う今日この頃です。

本当にまだまだ私達の知らない世界が実に沢山ありますね。以前は「利息制限法」すらも知らなかった(^^;)

どうか「未来」を信じて「希望」「勇気」の2文字を心得てこれからも頑張りませんか!

(今夜はこれで失礼します。七夕の夜にて)

|

« ■改正貸金業法の骨格案・・・(金融庁) | トップページ | ■貸付額30万円以下の場合は3年、30万円超では5年に制限。(消費者金融等の業界団体「新協会設立協議会より」) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■改正貸金業法の骨格案・・・(金融庁) | トップページ | ■貸付額30万円以下の場合は3年、30万円超では5年に制限。(消費者金融等の業界団体「新協会設立協議会より」) »