« ■「感動」の甲子園が終わった・・・甲子園が「優勝校」を選んだ? | トップページ | ■いよいよカウントダウンか?・・・借り入れの総量規制が今年末。 »

2007.08.22

■米ゼネラル・エレクトリック(GE)グループがレイクを売却予定!?+「アエル」が更生終了。

‥‥……━★

こんばんは。

同じGEでも親会社が,レイクを売却するらしいと朝日新聞ニュ-スに書かれていましたので,ご紹介させていただきます。

-------

米GE、レイクを売却へ アイフルなどが関心

(朝日新聞ニュース asahi.com 8月22日付より)

http://www.asahi.com/business/update/0821/TKY200708210446.html?ref=rss

2007年08月22日06時28分

 米ゼネラル・エレクトリック(GE)グループが、日本で消費者金融大手「レイク」を運営する傘下のGEコンシューマー・ファイナンス(GECF)を売却する方針を固めたことがわかった。売却先を募るため9月に入札を実施する予定。業界最大手のアイフルなどが関心を寄せる。規制強化で市場の縮小に直面する消費者金融業界ではプロミスと三洋信販が経営統合する予定で、再編の動きが加速しそうだ。

 消費者金融では過払い利息の返還請求が相次ぎ、上限金利の引き下げや貸出金の総量規制を盛り込んだ貸金業法(旧貸金業規制法)が昨年12月に成立。GECFは、最大400人の希望退職の募集や有人店舗6割削減などを進めてきたが、米GEは急な業績好転は難しいと判断した模様だ。

 米GEグループは98年、レイクを買収。日本で消費者金融事業を強化してきた。最近ではリース中堅の三洋電機クレジットを買収しており、GECFの売却で日本での金融事業の軸足は個人向けから法人向けに移ることになりそうだ。

 GECFの貸付残高は8000億円程度とみられており、国内5位の三洋信販を上回る。本格的な市場縮小を前に生き残りを図るため、7月下旬に業界3位のプロミスが三洋信販との経営統合を発表するなど再編の動きが相次いでおり、GECFに対しても同業以外に外資系金融機関などが関心を持っている模様だ。

 一方、過払い利息の返還請求は業界全体で続いており、「他社の債務まで引き受けるのはリスクが高い」(大手幹部)といった声もある。価格などをめぐって売却交渉が難航する可能性もありそうだ。

(引用ここまで)

--------

それから「アエル」という消費者金融会社の動きがありました。

詳細が「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」ブログ内で書かれていました(更生会社アエルの「更生会社」が取れた?・・・8月17日付け)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200708170000/

また,本日の「最強法律相談室」ブログにも「アエルの更生手続きが終了した。」と出ていた。
http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-08.html#20070822

--------

☆今日の一言☆

先の大阪高裁「架空請求類似」判決の影響もあるのかもしれない?

GE「レイク」は今後一体どうなるのでしょうか?

とにかく,過払いのある方は「早めに」ということでしょう!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「感動」の甲子園が終わった・・・甲子園が「優勝校」を選んだ? | トップページ | ■いよいよカウントダウンか?・・・借り入れの総量規制が今年末。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「感動」の甲子園が終わった・・・甲子園が「優勝校」を選んだ? | トップページ | ■いよいよカウントダウンか?・・・借り入れの総量規制が今年末。 »