« ■腰痛等の最新治療法・・・「脊椎脊髄病専門外来」で内視鏡下手術! | トップページ | ■9月3日以降は「債務整理」という項目から「契約の見直し」・・・ゆう様からのコメント情報を受け訂正記事。+追記有り »

2007.08.16

■9月3日から全情連の対応が変わるらしい?・・・中山知行弁護士(横浜弁護士会所属)さんブログより

‥‥……━★

こんばんは。(2回目です)

以前から,過払い金返還請求時に信用情報機関へ「ブラック」登録がされるかどうか?の問題がありました。

以前私が全情連に直接確認した時は,過払いについては情報として「記載事項」がない・・・「コンピューターに入力の時にエラーになる」と聞きました。

ただ,弁護士等による「債務整理」は事故情報になるようでした。(過払いなのか,任意整理なのかが区別できない?)

では,本人訴訟での過払い金返還の場合は・・・?

以下の情報を踏まえて考えたいと思います。

--------

過払い金の返還請求と信用情報

「中山知行弁護士(横浜弁護士会所属)」さん8月15日付ブログより転載させていただきます。

http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20070815

以前に,9月3日から全情連の対応が変わると書きました。http://d.hatena.ne.jp/kusunokilaw/20070701

その追加情報です。

これまで消費者金融に過払い金の返還請求をしたことによって信用情報のブラックリストに「債務整理」と載ってしまっている方は,9月以降全情連にその旨申告すると,全情連または各地の信用情報機関から,当該消費者金融に事実照会をし,債務の削減を伴わない過払い金の返還請求のみであったことが確認できた場合は,ブラックリストから削除する取扱になるとのことです。

詳しくは全情連に問い合わせをしてください。

http://www.fcbj.jp/

(引用ここまで)

---------

●先日ご報告したnanaiti様のブログにも情報が書かれていましたので,引き続きご紹介させていただきます。

「取り戻せ!」(8月11日付より抜粋)より

http://blog.livedoor.jp/nanaiti_2tg/archives/2007-08.html#20070811 

(省略)

前置き長くなりましたが、他の方のブログでニコス相手していたので参考にさせていただき早速電話してみました。以下その内容です

1、履歴と一緒に引き直しの計算もしてくれるの?
  「はい」

2、引き直し計算も一緒に頼んでしまうとカードが利用停止になるようですがセゾンのようにショッピングOK、貸し金のみNGにならない?
  「現段階では答えられない。そもそも担当がちがうので・・・」

3、情報機関の異動情報に関しては?
  「個人での過払い金の請求であればいいのですが、弁護士や書士介入という情報は出てしまいます。過払いの請求か本当の債務整理かそれだけでは判断できず、新たなローン等の契約する場合や定期的にチェックした場合各社債務整理と判断してしまうのでしょう」

4、以前解約してしまったカードでの取引分も一連?
  「担当部署違うのでここでは答えられません」

5、履歴のみ取り寄せでしたらひとまず利用停止になりませんよね?その間支払い続けた分にたいして「非債弁済」の主張したりしますか?
  「社会的な体裁もあって無理なごね方は当社ではいたしません。返還しなければいけない額にたいしては値切りますが・・・(笑)」

(省略)

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

中山弁護士さんのブログにある「債務の削減を伴わない過払い金の返還請求のみ」の意味はちょっと趣旨が分かりにくいように思いました。

私の情報とnanaiti様の情報を合わせると,本人訴訟で過払い金返還請求をした場合は,「事故情報」に記載する項目がないので「セーフ」と思われます。

弁護士等が介入の場合は「任意整理」となるみたいですが,過払い金返還=「債務無し」の場合であれば,「事故情報」=「移動情報」を取り消すことが9月3日以降できるという事なのでしょう?

今後の「全情連」や「マスコミ」等の発表に注視したいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■腰痛等の最新治療法・・・「脊椎脊髄病専門外来」で内視鏡下手術! | トップページ | ■9月3日以降は「債務整理」という項目から「契約の見直し」・・・ゆう様からのコメント情報を受け訂正記事。+追記有り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

YUUKI様
こんにちは。全情連の登録基準は、残債ありでの過払金返還は現状、債務整理と登録されます。
もちろん、完済後の請求の場合は従来と同様、情報は登録されません。
9月3日以降は「債務整理」という項目から「契約の見直し」という新しい項目にに変更となります。
この「契約の見直し」をどう見るかは、微妙ですね。
この情報はCRIN等で他の信用情報機関から
は見られません。
私が全情連に直接、確認した結果です。

投稿: ゆう | 2007.08.17 07:39

ゆう様

大変貴重な情報をいただき,感謝申しあげます
<(_ _)>

早速訂正の記事内容を出させていただきます。
コメント内容も掲載させていただきますので,よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

投稿: yuuki | 2007.08.17 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■腰痛等の最新治療法・・・「脊椎脊髄病専門外来」で内視鏡下手術! | トップページ | ■9月3日以降は「債務整理」という項目から「契約の見直し」・・・ゆう様からのコメント情報を受け訂正記事。+追記有り »