« ■信用情報機関への登録情報?・・・続報のその後・・・「移動の取り消し手続き?」 | トップページ | ■CFJ裁判で判決・・・強制執行の予告?(最強法律相談室さん) »

2007.09.13

■衝撃の「安倍首相」辞任から一夜明け・・・安倍内閣メールマガジン(第46号 2007/09/13)のご紹介と所感。

‥‥……━★

こんにちは。

昨日は列島に衝撃ニュースが流れました。

私も,お昼に「安倍首相」辞任ニュースをテレビニュースで知りました。昨夜からコメントを考えていましたが・・・「良い意味でも」「悪い意味でも」情報が氾濫しすぎて,考えがまとまりませんでした。

今回は,「小泉首相・ライオンハート」時代からご紹介させていただいている,メルマガ「安倍内閣メールマガジン(第46号 2007/09/13)」をご紹介しながら考えていきたいと思います。

恐らく公式発言では,辞任以来初めてのコメントではないでしょうか?

---------

■★☆ 安倍総理辞意表明 ☆★
[安倍内閣メールマガジン](第46号 2007/09/13)より抜粋ご紹介

<バックナンバー・配信先変更・配信中止>
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

総編集長:内閣総理大臣 安倍晋三
編集長 :内閣官房副長官 大野松茂
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)

-----

[こんにちは、安倍晋三です]

● 改革、テロとの闘いを前に進めるために

 こんにちは、安倍晋三です。

 内閣総理大臣の職を辞することを決意いたしました。

 7月29日の参議院選挙の結果は、大変厳しいものでしたが、改革を止めてはいけない、戦後レジームからの脱却の方向性を変えてはならない、との思いから続投の決意をし、これまで全力で取り組んできました。

 また、先般のAPEC首脳会議が開催されたシドニーにおいて、テロとの闘い、国際社会から期待されている、高い評価をされている活動を中断することがあってはならない、なんとしても継続していかなければならない、と申し上げました。

 国際社会への貢献、これは私の「主張する外交」の中核であります。この政策は、なんとしてもやり遂げていく責任が私にはある。こうした思いで、活動を中断しないために全力を尽くしていく、職を賭していくと申しました。

 テロとの闘いを継続するためには、あらゆる努力をする。環境づくりについても努力しなければならない。一身をなげうつ覚悟で、全力で努力すべきと考えてまいりました。

 そのために、私は何をすべきか。

 局面を転換しなければならない。これが私に課せられた責任であると考えました。

 改革を進めていく、その決意で続投し、内閣改造を行ったわけですが、今の状況で、国民の支持、信頼の上で、力強く政策を前に進めていくのは困難である。ここは、けじめをつけることによって、局面を打開しなければならない。そう判断するにいたりました。

 新たな総理のもとでテロとの闘いを継続していく。それを目指すべきではないだろうか。今月末の国連総会へも、新しい総理が行くことがむしろ局面を変えていくためにはよいのではないか、と考えました。

 決断が先に延びることで困難が大きくなる、決断はなるべく早く行わなければならない、と判断いたしました。

 無責任と言われるかもしれません。しかし、国家のため、国民のみなさんのためには、私は、今、身を引くことが最善だと判断しました。

 約1年間、メルマガの読者のみなさん、国民のみなさん、ありがとうございました。

 この間にいただいた、みなさんの忌憚のないご意見、心温まる激励を、私は決して忘れません。

 私は官邸を去りますが、改革、そしてテロとの闘いは続きます。これからも、みなさんのご支援をお願いします。(晋)

-----

[編集長のひとこと]

 昨日、安倍総理が辞意を表明しました。総理は、記者会見で発言されていたように、各国が高く評価し、我が国の国際公約となっている、テロとの闘いのための活動を続けることができるよう、総理の職を辞してまでも、局面の転換を図るべし、との決意を表明されました。是非とも、継続を実現したいと考えます。

 また、このほかにも、年金制度に対する国民の皆さんからの信頼の回復、地域の活性化による国全体にわたる繁栄の実現など、重要な課題は山積しています。行政の停滞が生ずることのないよう、全力を挙げてまいります。

 読者の皆さんには、このメルマガを愛読頂き、貴重なご意見を頂いていること、深く感謝申し上げます。(まつしげ)

 
-----

[ご意見、ご感想]

 今週号の感想はこちらから(9月16日まで)
http://www.mmz.kantei.go.jp/inq/inq_top.pl?INQCD=QA070913ri
 ※各省の副大臣(政務官)への質問についても、上記リンク先に「副大臣
  に質問」と記載の上、お寄せください。

 先週号の結果はこちらから(9月19日まで)
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/kekka.html

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

今回のコメントからは,体調面についてはやはり何も語られていません。また国民への謝罪内容も少なく感じました。

むしろ国際貢献への「責任」問題について,強く印象を受けました。これは昨日来の報道の内容からもいろいろ言われています。

安倍首相は,ご存じのように「小泉政権」を引き継ぎ,国民の民意を受けて「期待」され発足されています。

その後については,イギリスBBC他ニュースでも言われているように,いろいろな大臣が足を引っ張る形で「アンラッキーな首相」と報道されていました。

なるほど,安倍首相の「任命責任」は確かにあると思います。しかし安倍首相自身には,何も失態が無かっただけに,今回の「辞任」はちょっと残念でなりません。

特に北朝鮮との拉致問題の解決が,遠のいた気がしてなりません。

参議院選挙では,自民党は「敗れるべくして」「敗れました」。それでも辞任をしなかったのは何故でしょうか?

推測ですが・・・安倍総理自身には,まだ「責任が残っている為」(任務遂行中)と考えていたからではないでしょうか?

そしてさらに,組閣・・・所信表明演説・・・をしたのに何故?と言われています。

ここからはさらに推測ですが・・・安倍総理自身はたとえ体調面がボロボロでも「美しい国づくり」の為に国際貢献の為に「責任」(任務)を遂行する覚悟だったと思えました。

「責任」の間合いを,民主党の小沢党首を相手に見ていたのではないでしょうか?

そして「責任」がとれるかどうか「実現できるかどうか」の間合いを,国会論戦の勝負の前に見切って,「辞任」を決断されたように・・・今から思えば私には見えました。

確かに「非常識」な行動と見るのが当たり前と見れます。国会会期の最初ですから・・・。

ただ,安倍首相は「深慮遠謀」よりも実務派の感じが以前からありました。

その為に,ギリギリまで「間合い」を見ての決断になった気がします。

戦後初の総理でもあり,現在の内閣では「桝添厚生大臣」が支持率を押し上げている最中で期待もされていただけに,途中棄権は残念でしょう。

自民党も派閥が乱立しているようで,○○派という名の党の集まりの観があります。

「自民党」の今後はといえば,相当厳しいのが実情でしょう。また「公明党」もあきれて「民主党」と手を組む可能性があるとも,誰かが言っていたようです・・・今後の「公明党」の動きにより,この国の将来像が変わってきます。

そうなれば自民党「与党」の存続さえ危ぶまれています。

報道にもありましたが,前首相の「小泉氏」を総裁選へとの動きもあるようです。

確かに今の「異常事態」を緊急処置できるのは,私も「小泉さん」しかいないと思います。

その場合,靖国問題で中国等アジア諸国の問題があるだけに・・・どちらにしても難しいですね。

一国の総理が・・・とい批判が多いようです。

私は一国の総理が「朝青龍」や「松岡前農水大臣」のようになる前に決断されたことは,遅かったと思われるかも知れませんが「結果」的には良かったと思えてなりません。(ある意味でホットしています)

惜しむらくは,安倍総理の回りに良い軍師がいなかった事が・・・。

安倍総理はまだまだこれからの人ですので・・・仕切り直しが出来るのであれば,頑張って頂きたいと思います。(国民の期待を裏切ったと言われていますので,当面は難しいでしょうが・・・)

首相にしても何にしても「トップ」の方には,難しい時代です。

私の個人的な所感ですので,どうぞご容赦の程を。

(とりあえずこれで失礼します)

|

« ■信用情報機関への登録情報?・・・続報のその後・・・「移動の取り消し手続き?」 | トップページ | ■CFJ裁判で判決・・・強制執行の予告?(最強法律相談室さん) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ!YUUKI様

ちょっとご報告までに・・・友人Yの武富士の和解が反故にされました。入金まで後数日だったのにこんな悔しいことはありません。Y本人は頭が真っ白になってしまったため(過払い金で仕入れ先に支払う予定していた)なぜそうなったか聞き出せなかったようなので答弁書待ちになりました。

慰謝料はあくまで交渉材料だったのですがこれで全面戦争となりました。ですので詳細を書き続ける訳にはいきませんが問題がなくなった時点でアップしたいと思います。

調停や和解後でも希望を持った方、先日かなりいたことでしょう。がっかりさせないようしっかり取り戻します。

投稿: nanaiti | 2007.09.13 21:11

nanaiti様

こんばんは。
友人Y氏にとっては「衝撃」だったとお察し申し上げます。もし当ブログの影響があったとしたら,とても申し訳なく思います<(_ _)>

今後ですが,水面下での闘いとの事ですので,また結果をお持ちしております。

和解反故にされたのですから,大阪高裁での架空請求類推判決も引用されて,慰謝料もしっかり頂かないと気が収まりませんね・・・。

ご友人の為にも,nanaiti様の持てる力を発揮してあげてください。心より応援させて頂きます。

投稿: yuuki | 2007.09.14 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■信用情報機関への登録情報?・・・続報のその後・・・「移動の取り消し手続き?」 | トップページ | ■CFJ裁判で判決・・・強制執行の予告?(最強法律相談室さん) »