« ■「特定調停」決定後の過払い金返還請求! | トップページ | ■裁判官が示す「一連か別個かの判断基準」とは?・・・「最強法律相談室」様 ブログより »

2007.09.07

■ニコスの場合「債務整理」では要注意!・・・銀行口座が封鎖に!?

‥‥……━★

こんばんは。

いよいよ台風9号が上陸のようです。首都圏にとっては最悪のコース(進行方向右側)になりました。台風の目が大きいのがまだ救いかも知れません・・・。

関係方面の方は,特に崖崩れ・増水等に十分ご注意を!

「気象庁」のサイトでも,いろいろな情報が見れます。http://www.jma.go.jp/jp/warn/

さて,以前から注目のブログ「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」に気になる情報がありましたので,ご紹介させていただきます。(こちらのブログ閲覧数は凄いですので,既にご存じの方も多いかと思います)

---------

ニコスが銀行口座を封鎖してしまった

(「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」ブログさん9月6日付より転載)

http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200709050000/

「先生!! (依頼してない会社も債務整理をされてしまった)と、Tさんから電話が入っ

ています」

 それは、電話を受けた補助者のM子さんの一言から始まった

 直ぐに電話を代わる

私    「どうしました?」

Tさん  興奮した様子で 

     「困りますよ、銀行の口座が封鎖されてお金が引き出せません」

私   「どこの銀行ですか?」

Tさん  「三菱東京UFJ銀行です」

私   Tさんのファイルを見ながら

     「その銀行の依頼は受けていませんが?」

Tさん  「債務整理の連絡がきたから封鎖したと言っています」

 私   「おかしいな、何か銀行のカード使っていませんか?」

Tさん  「マイカードを使っています」

 私   「それですね、」

     「今回、債務整理をしたニコスの仕業ですね・・」

     「とにかく,マイカードは債務整理をしていませんからと事情を話して

     封鎖を解いてもらってください」

     「駄目な場合はもう一度電話ください、こちらでなんとかしますから」

  しばらくして再度Tさんから電話ある

     「駄目です、(ニコスから連絡がない限り解除できません)と言っています」

 要するに、マイカードは旧ディーシーカードが保証していた。

そのディーシーカードがニコスと合併したため、今度はニコスが保証会社になった。

そして、ニコスの債務整理をしたため、マイカードも債務整理の対象になってしまったの 

だ。納得できる話ではない、銀行は世間の常識、法律が通じる世界ではない。

 それにしても、ニコスの処置は早い、開示も、過払い金返還もこの位のスピードでやって

くれたら助かるが・・・・

 とにかく、 給与の振込み口座である、何とかしなければ、生活が脅かされる。

担当者に至急、解決するよう指示する。この担当者は、このような交渉には断然強い。

かかり切りになる。どの部署に電話しても「こちらでは分かりません」の責任逃れの回答

最悪の場合はニコスの本社はおろか、銀行の本店まで電話をかける覚悟で交渉に及ん

だ。 ようやく、条件付きで解除されたのは、午後6時ちょっと前である。

 銀行からの借金は、他の会社が保証していることがほとんど、延滞したり債務整理に入

ると債権はその保証会社に移るが、延滞等、事故がなくても、保証会社独自の債権に債

務整理が入ると、それも債務整理の対象になってしまう場合が多い。

 「00銀行の00も債務整理になりますか?」

 「00銀行分も対象になりますので受任通知お願いします」

と親切に連絡を頂ける会社もある。口座凍結も柔軟に対応してくれる。

 とにかく銀行からの借金には気を付けてください。

  ちなみに、三菱東京UFJ銀行の「マイカード」「フリーローンカード」「クィックローン」

 「ミニカードローン」「リンケイジローン」「パーソナルローン」を使っている場合

 三菱UFJニコスの債務整理に入ると、延滞がなくてのこれらも債務整理の対象になって

 しまい、口座は即、凍結されてしまいます。

Last updated  2007.09.06 07:22:41

 

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

なるほど・・・知らない内に合併等で「銀行系カード」になっている会社は要注意ですね!(弁護士や司法書士が介入する場合は,信用情報では「債務整理」扱いになりますが・・・)

「債務整理も計画的に!」ですね。(凍結される恐れがある場合は,事前に給与や生保等の自動引き落としに関しては,借り入れの無い別の銀行口座に避難しましょう)

ただし,本人訴訟での「過払い金返還」の場合なら,問題が無いと思いますが・・・会社側に勝手に判断されたら困りますね。

-----

債務整理,とりわけ「過払い金返還交渉」での実名公表は,有名な「最強法律相談室」さんが先駆けでした。

こちらの「司法書士」さんのブログは,最近実名公表をされています。その最初の実名が実は「ニコス」でした。http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200708070000/(8月7日同ブログ)

現在やりとりの内容がとても充実していますし,欄外の質問欄もあり情報としてはとても「オープンでタイムリー」な内容と感じました。

首都圏も近いということもあり,臨場感のある内容といい,なるほど「アクセス数」が半端で無いことが伺い知れます。(毎日のブログ更新も大変かと思いますが・・・)

今後も目が離せない「ブログ」ですね。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「特定調停」決定後の過払い金返還請求! | トップページ | ■裁判官が示す「一連か別個かの判断基準」とは?・・・「最強法律相談室」様 ブログより »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「特定調停」決定後の過払い金返還請求! | トップページ | ■裁判官が示す「一連か別個かの判断基準」とは?・・・「最強法律相談室」様 ブログより »