« ■「クレディア」の無料相談延長・・・静岡県司法書士会HPより | トップページ | ■ニコスの今後と+「貸付無視計算」のご紹介・・・「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログより  »

2007.09.20

■「裁判所」「税務署」も愛読中?・・・「最強法律相談室」さんのブログ

‥‥……━★

こんにちは。

やっと涼しくなると思っていたら,また真夏の暑さに戻ったようですね。広島では小学校の運動会練習中では「熱中症」になるぐらいですから・・・。

今日も全国的に「真夏」です。今年は夏の前半が涼しかったので,その影響かも・・・。

太平洋高気圧がしっかりした夏型で頑張ってくれているので,当面「暑さが」続きそうです。しかし,暑さ寒さも彼岸まで!そろそろ秋風がお彼岸明けには吹きそうですね。

私も既に「夏バテ」・・・昨日は,ブログを書きかけでちょっと横になろうと思ったら・・・朝でした。。。公私ともに忙しくなって来たこともありますが,予定している物事が進まない事と体力・精神力の低下が現在の悩みの種です。

何となく安倍首相の気持ちが少しはわかるような・・・(次元が違いますね)

さて,最強法律相談室さん「ブログ」に,様々な読者がいることが書かれていましたので,ご紹介させていただきます。

---------

税務署も読んでるブログ

(「最強法律相談室」様ブログ 9月19日付より)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-09.html#20070919

昨日、広島地裁の玄関前までタクシーで来ると、報道関係のカメラがたくさん並んでいるのが見えた。

 「まさか私の事件が注目されているのか!」

と思ったのは、ほんの一瞬で、すぐにこれは光の母子殺人事件の差し戻し控訴審の取材だと気付いた。
 私の事件はリース契約をめぐる顧客とリース会社のトラブルで、ニュース性は全くない。

 「中村先生のところ、過払いで稼いでるんだって」

 担当裁判官はたまたま旧知の方だった。

 「えっ何故知ってるんですか?」
 「裁判所でも評判だよ」

 HPもブログも読者を選べないので、裁判所関係者に読まれることも覚悟しなければならない。
 そういえば、先日やって来た徳山税務署の調査官が、「先生、債務整理の着手金は315,000円ですよね」と言っていたのには驚いた。
 こちらは正直申告をしているから、何もやましいことはないのだが、借金のことと何の関係もない税務署の人間がこのブログをチェックしていると聞くと、正直余り良い気持はしない。

 (新着過払金入金情報)
 ・9月18日 丸井 10万3000円
 ・9月19日 GE 315万9000円
        アコム 30万円

  平成19年の過払金取戻額、本日現在合計3億8706万2058円
sarakure110 at 16:08
 
(転載ここまで)
 
---------
☆今日の一言☆
 
税務署もきっと私のように,毎日の「新着入金」と「過払金取戻額の合計」を見ているのでしょう・・・。ただし税金額を皮算用して待っているようです。。。
 
しかし税務署も債務整理の場合315,000円が(6社)以上というのを知っているのは,凄いですね。。。分割払いだと月1万500円(30回払い)というのも知っているのかな?
 
更に過払い金は着手金無しの成功報酬25%+消費税。
(数社残債有り+数社過払い)で過払い金が多い場合は,債務整理費を考えなくていい事も・・・。
 
当然「最強法律相談室」さんが,税金を正しく申告をされているのはもちろんでしょう!
 
でも私達の感覚でいえば・・・車を運転していて別に悪いことはしていないが,丁度後ろから「パトカー」がずっと付いて来ているような感じでは?・・・これって嫌ですよね。
 
結局・・・税金が重い分「弁護士費用」も高くなっているように思えますが。税金は有効に使っていただきたいと思います。
 
それにしても「最強法律相談室」さんは,中国地方を中心にいや,日本でもかなり有名のようです・・・。
-----
 
話は変わりますが,今日は広島高裁で,光市母子殺人事件の「被害者遺族」である「本村洋(もとむら ひろし)」さんが意見陳述すると昨日のニュースで聞いたような気がします。
 
この事件は,8年も経っている事もあり被告の「少年時代の陳述」もよく分からない点,弁護士懲戒請求といろいろあり,事件がいろんな方向に勝手にあるいて行っているような気がします。
 
ただ「本村 洋」氏は当時からずっと裁判を見てきた「唯一の証人」なので,本村氏の見る尺度は変わっていないと思います。この為,今日の陳述内容に「注目」と私は思います。
 
いずれにしても,一瞬にして「家族」を奪い取られた事に対して,これだけ時間をかける
「裁判」の在り方はには疑問が残ります。
 
国は違いますが,アメリカには終身刑もあり,懲役45年や100年越?等もあるようです。
この際,死刑論争の軽減の為にも「一生償いをさせる」為にも,日本も「終身刑」の導入が必要になってくるのではと思われますが・・・。
 
余力があれば,まだ他の事もUPしたいのですが・・・。
 
(取りあえずこの辺りで失礼します)

|

« ■「クレディア」の無料相談延長・・・静岡県司法書士会HPより | トップページ | ■ニコスの今後と+「貸付無視計算」のご紹介・・・「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログより  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「クレディア」の無料相談延長・・・静岡県司法書士会HPより | トップページ | ■ニコスの今後と+「貸付無視計算」のご紹介・・・「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログより  »