« ■ニコスの場合「債務整理」では要注意!・・・銀行口座が封鎖に!? | トップページ | ■これでは「相談者」が可哀想だ! »

2007.09.08

■裁判官が示す「一連か別個かの判断基準」とは?・・・「最強法律相談室」様 ブログより

‥‥……━★

こんばんは。

この度の,台風9号の被害に遭われた方々に慎んでお見舞申し上げます。

さて,2・13最高裁判決以来の不明確な「個別」か「一連」かの取り引き目安が,「最強法律相談室」様のブログに出ていました。

山口地裁 周南支部での貴重な情報ですので,ご紹介させていただきます。

「最強法律相談室」様には,いつも大変お世話になっています<(_ _)>

---------

一連か別個かの判断基準

(「最強法律相談室」さんブログ9月7日付より)

http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-09.html#20070907

山口地方裁判所周南支部で対プロミスの過払い裁判3件。

 いずれも一連の取引か別個の取引かが争点になっている事案であったが、この争点に関して担当裁判官から判断の基準となる事実は何かが示された。

 ① 新しい取引に関して、古い取引とは別に基本契約書が作成されているか。
 ② 取引中断の空白期間がどの程度か。
 ③ 古い基本契約書に契約の自動更新条項はあるか。
 ④ 古い基本契約書が顧客に返還されているか。
 ⑤ 古い基本契約書と新しい基本契約書で、貸付条件、返済条件はどの程度同じか。

 担当裁判官によると、上記の判断基準を総合的に考慮して、一連の取引か別個の取引かを判断したいとのことであった。

 本日の裁判の席上では、上記の判断基準を踏まえて、それぞれの事件について、裁判所からの和解案が具体的に提案された。和解案の金額を見る限り、いずれもほぼ妥当と思われる金額であった。

 単に結論としての金額を示されるよりも、判断基準を示した上での和解案には説得力がある。
 今後はこの裁判官のもとでは、プロミス以外の他の業者についても、上記の判断基準に従って、審理がすすめられることになるだろう。

sarakure110 at 16:55
---------
 
☆今日の一言☆
 
各地の裁判官様のご判断もまちまちかもしれませんが,一つの判断基準を知ることが出来ました。今後について大きな判断材料になるかと思いますが・・・。

また,N太氏もブログ内でhttp://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/49292855.html

『同様の事案が多数あるわけだから、合理的ですね^^
これまでの中村弁護士さんらの不断の努力の賜物。

これが進み、全国の裁判所が、統一した見解や争点を示せば、無駄な時間や経費(原告の負担や裁判所の経費)も省けるし嫌な思いをしなくて済む(裁判結果のばらつきが小さくなる)可能性が高まるのだが・・・』

と言われています。

-----

難しい案件の方は,「最強法律相談室」様へご相談してはいかがでしょうか?
 
「最強法律相談室」(山口県 周南法律事務所)
HP→ http://www.sarakure.jp/
E-MAIL info@sarakure.jp
判例紹介HP→http://www.sarakure.jp/hanrei.html

現在も全国からメール・電話等相談者が急増中のようです。
「本人訴訟型」の方もご相談されてはどうでしょうか!無料ですからこそ,より有意義なご相談を! (恐らく日本屈指の無料メール相談でしょう。私も何度かご相談させていただきました。感謝!)
 
 
(今夜はこれで失礼します)

|

« ■ニコスの場合「債務整理」では要注意!・・・銀行口座が封鎖に!? | トップページ | ■これでは「相談者」が可哀想だ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ニコスの場合「債務整理」では要注意!・・・銀行口座が封鎖に!? | トップページ | ■これでは「相談者」が可哀想だ! »