« ■「島の裁判官 奮闘記」・・・NHKの新土曜ドラマ「ジャッジ」を見ての所感。 | トップページ | ■「でも、借りたお金は払わないと・・」・・・(司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継)さんブログより »

2007.10.10

■商工ローン会社にも「過払い金返還」が急増!

‥‥……━★

こんばんは。

すっかり秋らしくなりましたが,台風の影響で季節が入り交じっています。

寒暖の差がありますので,特に風邪には気を付けましょう!

さて,「過払い金返還請求」が秋になり,より加速度的に増加しているようです。

「本人訴訟型」では,先日ご紹介したN太氏も「高裁」で頑張っています。本日のブログにも8kgにも及ぶ書類を抱えて奮闘してきたと出ていました。(本当に頭が下がります<(_ _)>)http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/10/9

本来は今日で終わる?予定だったハズですが・・・来月にずれ込んだようです。引き続き応援をしてあげてくださいね。

また「全部自分でやる!過払い金返還訴訟」http://gyakusyu.blog24.fc2.com/様の

ブログでも,活発な活動状況になっています。この「ブログ」をきっかけに「本人訴訟型」で立ち上がったり,励まされた方も多いかと思います。(私も参考にさせて頂きました)

その他にも,いろんなブログ上で「過払い金返還訴訟」が活発におこなわれているようです。

「過払い金返還」も「争点の無い事案(同会社・途中完済無し等)」と「争点のあるややこしい事案(会社の譲渡・契約番号の違い・支店名の違い・途中完済で契約再貸し付け等)のいわゆる個別充当・時効等の問題」があります。

前者の場合は会社にもよりますが,比較的簡単に「過払い金」の返還が受けられます。

該当される方は,先ずは「取引履歴」から頑張ってアタックされてはいかがでしょうか?

---------

さて話が本題に戻りますが,「本人訴訟」をされている方の多くは,消費者金融に「個人」で借りている方も多いかと思います。(不動産担保ローンもあるでしょうが・・・)

意外と個人会社で借りている方も多いです。会社で借りている場合は,個人と比べて借り入れ金額も当然大きくなります。その為,何度も完済している場合や取引が長い場合は「過払い金」も何百万になる場合が多いようです。

-----

㈱インターの場合・・・10/1と古いニュースになったので記事がキャシュにしかありませんでした。(検索で 「インター 120億円」で捜してみて下さい)

(時事ドットコム様 2007/10/01-19:33より )

インター、借入金120億円の返済期限延長を要請=過払い利息返還に備え

 インターは1日、38の金融機関からの借入金合計約120億円(9月末)について、返済期限の延長を要請していると発表した。昨年12月に貸金業法が改正され、貸付上限金利が引き下げられることになり、過払い利息の返還に備えるためで、債務免除や金利の減免などは要請しない。

(引用ここまで)

---------

㈱インターHP http://www.inter-fi.co.jp/より

「金融支援(返済期限の延長)の要請に関するお知らせ」http://www.inter-fi.co.jp/newpdf/071001yousei.pdf

---------

☆今日の一言☆

 「商工ローン」関係も当然「過払い金返還」の対象になります。ただこちらは,主が会社に対してになります。

確かに「クレディアショク」に代表されるように,商工ローン各社も消費者金融会社並に店舗の閉鎖や統合・リストラが進んでおり厳しい経営環境になっているようです。

しかし,「過払い金」=「払いすぎた利息」は何とか会社を維持しながらでも支払っていただきたい。(血の滲む思いで,特に真面目な社長さんらが返済をして来たのですから・・・)

「過払い金請求」では証書貸し付けだけなら,そう難しく無いかも知れません。

しかし,「手形貸し付け」や「手形ジャンプ・割引等」の場合は,引き直し等がややこしくなります(手形の為,期日等が前後します。この為Q&A等の引き直し計算式では想定外になっています。商工ローン専門の引き直し計算が必要になります。)

手形を取られていても,「過払い」の場合は同じように過払い金も返還されます。ご心配の方は一度弁護士等にご相談されてはいかがでしょうか?

資金繰りで特に困っている方は,お早めに!

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「島の裁判官 奮闘記」・・・NHKの新土曜ドラマ「ジャッジ」を見ての所感。 | トップページ | ■「でも、借りたお金は払わないと・・」・・・(司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継)さんブログより »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
商工ローン各社の事情状況により、顧客側に不当利得返還請求権があるのに、請求を阻害される可能性が、日々高まっていることを肌で感じ始めております。
yuukiさんが言われますよう、早い手立てが必要かと思われます。

GECF(レイク)の売却、入札関係の進行状況も気にかかるところです。

投稿: N太 | 2007.10.10 09:30

こんにちは^^

本当にいろいろ心配な事が多いですね。私も同様に感じています^^;

相手次第なのでどうしようも無いのは,お互い大変ですね(^^ゞ

高裁の闘い本当にお疲れさまです<(_ _)>

投稿: yuuki | 2007.10.10 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「島の裁判官 奮闘記」・・・NHKの新土曜ドラマ「ジャッジ」を見ての所感。 | トップページ | ■「でも、借りたお金は払わないと・・」・・・(司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継)さんブログより »