« ■消費者金融への請求急増(滞納税金対策)+福田内閣メルマガ(創刊号)のご紹介。 | トップページ | ■「サンライフ」も貸し付け中止・・・(司法書士さんのブログより) »

2007.10.13

■三和ファイナンスが「貸し出し停止」?+京都での痛ましい交通事故ニュースの所感

‥‥……━★

こんばんは。

今朝は,東京の自動改札機が故障で,首都圏は大変だったようです。

また,300年の老舗「赤福」の食品表示問題も「ショック」なニュースでした。伝統があるだけに・・・伝統的に「偽装表示」もしていたのかも知れませんね。

そして今日の一番悲しい「ショック」なニュースは,京都府で起きたニュースです。

「自転車登校中の女子中学生に,トラックがセンターラインを超えて2人が死亡」

続報で知りましたが・・・「朝日新聞ニュース asahi.com」さんに詳細が載っていました。http://www.asahi.com/national/update/1012/OSK200710120038.html

『・・・同署などによると、死亡した2人は陸上部の朝練習に参加するため、登校する途中だった。自転車で片側1車線の国道を西へ向かっていたところ、対向車線を走っていたトラックが中央線を越えて2人をはねた後、道沿いの民家に突っ込んだとみられる。付近はゆるいカーブ。川端運転手は郵便物を運送中で、「地図を見ながら運転していた」などと話しているという。

 高龍中の川戸享介校長によると、小西さんは陸上部長、小幡さんは同部副部長。2人とも13日の駅伝大会に出場する予定だった。川戸校長は「2人とも明るく元気で、人に優しい子だった。あってはならないことが起こり、耐え難い思いです」と話した。

 細田梱包の関係者によると、川端運転手は12日早朝に東大阪市の同社を出発。同運転手は9月7日に入社したばかりで、3カ月の研修期間中だった。当初は別の社員が同乗していたが、今週から1人で運転していたという。 』

(引用ここまで)

-----

とても悲しいニュースです。私はこのニュースを知った時には,涙が出ました。

まだまだ若いこれからの子・・・。車を運転する時は,心して行かないと「凶器」になりかねません。安全・安心が「崩壊」されている時代ですから・・・。

何はともあれ,本当に若いお二方のご冥福を心より祈らずにはおれません。合掌。

今回のような重大事件の事故でも,おそらく刑期は数年でしょう・・・。

しかし重大事故は「注意一秒,つぐない一生です」(何よりネット上からは,半永久的に消えないのですから)皆さんも,ハンドルを握る時は「安全運転」に心がけましょう!

最近,私もなかなかスムーズに進展しない案件があって,かなりストレスが溜まっている為か,運転中に集中できない時があります・・・(危ないですね。より慎重に運転を心掛けなければ)

=========

さて,本題に話をかえましょう。

タイトルの件は「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」さんブログに出ていました。

■貸付け業務全店中止?社長交代?三和はこれからどうなるの?   http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200710110000/

-----

また,N太氏のブログにも同じ記事で出ています。やはり注目度が高いです(^^)http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2007/10/12

-----

どうやら,「三和ファイナンス」はHPでも,新規の貸し付けはしていないようです。就職用のページは見れるので,新卒の採用はしているのでしょうか???

司法書士さんのブログ内にも書いてありましたが,三和ファイナンスからは「半額の和解」でなければ「強制執行」もかまわないと「開き直って」いるらしい・・・。

困ったものです。「強制執行」には費用がかなりかかりますが・・・どうしてもされたい方も中にはいるようです。(私も親族関係の件で三和ファイナンスさんに対しては,かなり悪印象を持っていますので)

「強制執行」ができるとしたら・・・皆さんならどうされますか?

私なら,銀行口座の差し押さえを考えますが・・・これはこれで中々難しいらしい。

では,当然返済があるので「貸し付け債権」の差し押さえでしょうか?

それとも「子会社」の飛鳥ホテル等の「株券」でしょうか?

いえいえ,やはり「ホストコンピュータ」の差し押さえが,一番いいかも知れません。

-----

ただ三和ファイナンスの場合,「韓国」の子会社でかなり「儲けている」らしい・・・。

韓国で日系消費者金融が大躍進(上) http://www.chosunonline.com/article/20070427000046

日本系の消費者金融、韓国でも攻撃的経営(2004年8月5日より) http://www.chosunonline.com/article/20040805000068

『三和マネーは現在、日本の親会社である三和ファイナンスから年7~8%の金利で運用資金を借り、国内で年60%で貸している。』

-----

☆今日の一言☆

さて,本当に「三和ファイナンス」には「返還する」お金が無いのでしょうか?疑問です。

それとも,日本の市場→韓国(外国)へシフトしているのでしょうか?

どちらにしても,判決で勝った場合は「仮差し押さえ」できるのですから,法律家の方々は強気でお願いしたいと思います。

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■消費者金融への請求急増(滞納税金対策)+福田内閣メルマガ(創刊号)のご紹介。 | トップページ | ■「サンライフ」も貸し付け中止・・・(司法書士さんのブログより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■消費者金融への請求急増(滞納税金対策)+福田内閣メルマガ(創刊号)のご紹介。 | トップページ | ■「サンライフ」も貸し付け中止・・・(司法書士さんのブログより) »