« ■ヤミ金融には返す必要はない・・・(庶民の弁護士 伊東良徳 様HPより)+支払いの優先順位・・・(吉田猫次郎様ブログより)+農家の借金への所感。 | トップページ | ■金融庁の2つの英断・・・「ATM利用料引き下げへ」と「延滞扱いの除外要請」 »

2007.10.16

■クレディアの潜在的な「過払い債権者」が約56万人?・・・(静岡新聞ニュースより)

‥‥……━★

こんばんは。

既報で民事再生中のクレディアの過払い金の返還を受けれる方は「1万人らしい」とご紹介させていただきましたが・・・56万人らしいです(^^;)

より多くの方々の為にも,ご紹介させていただきます。

--------

■民事再生手続きのクレディア 弁護士ら対策協議

(静岡新聞ニュース様 10月16日付よりご紹介) http://www.shizushin.com/local_social/20071016000000000016.htm

『 過払い金返還請求の急増で経営難に陥った消費者金融クレディア(本社・静岡市)の民事再生手続きを受けて、全国クレジット・サラ金問題対策協議会と県青年司法書士協議会は14日、静岡市駿河区の県司法書士会館でクレディア対策全国会議を開いた。 同社の対応をめぐって全国規模の会議が行われるのは初めて。弁護士、司法書士ら約100人が集まり、今後の対応策について協議した。
 県内の司法書士らでつくるクレディア対策本部の古橋清2本部長は、潜在的な過払い債権者が約56万人に上るという見方を示し、申立人が計上している過払い債権者は、約2500件ほどで1%にも満たないことを批判した。その上で、クレディア側が自主的に過払い分の利息計算を行い、利用者に通知するのが妥当と訴えた。
 過払い債権の利息分を取り戻す策として、参加者からは、信託譲渡しているとされる債権の譲渡先から返還を求める案や、過払い債権を共益債権や少額債権として扱い、全額保護を求める考えなどが提案された。
 同会議は東京地裁に対し、11月26日となっている再生債権の届け出期間の延長を求める決議文を採択した。』

---------

☆今日の一言☆

それにしても1万人→56万人とは・・・。クレディアでこの数字ですから他の大手消費者金融会社の「潜在的な過払い債権者数」は・・・凄い数になるのでしょう。。。

今後の決議文の行方も含めて目が離せないですね。

-----

それから,光市母子事件で弁護団が分裂・対立?しているらしい。

事実が何かが,さらに混迷の様相を呈しているように思えます。私は,少年が獄中から出した「反省していない手紙」が全てを表しているように思えてなりませんが・・・。

光市事件方針巡り対立 元少年弁護団が分裂、迷走(10月15日) http://news.livedoor.com/article/detail/3345420/

(今夜はこれで失礼します)

|

« ■ヤミ金融には返す必要はない・・・(庶民の弁護士 伊東良徳 様HPより)+支払いの優先順位・・・(吉田猫次郎様ブログより)+農家の借金への所感。 | トップページ | ■金融庁の2つの英断・・・「ATM利用料引き下げへ」と「延滞扱いの除外要請」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ヤミ金融には返す必要はない・・・(庶民の弁護士 伊東良徳 様HPより)+支払いの優先順位・・・(吉田猫次郎様ブログより)+農家の借金への所感。 | トップページ | ■金融庁の2つの英断・・・「ATM利用料引き下げへ」と「延滞扱いの除外要請」 »