« ■三和ファイナンスの情報その2(コメント欄への投稿から)+「クレディア」情報(N太氏のブログより) | トップページ | ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) »

2007.11.17

■「全情連」がついに訴訟される!・・・(asahi com様ニュースより)

‥‥……━★

こんにちは。

すっかり寒くなってきました。

さて,信用情報機関の「全国信用情報センター連合会(全情連)」がいわゆる「ブラックリスト」問題で提訴されたようですので,ご紹介させて頂きます。

---------

借金完済したのに… 「ブラックリスト登録放置」と提訴 

(asahi.com様ニュース 11月17日付よりご紹介)http://www.asahi.com/national/update/1116/TKY200711160350.html

 消費者金融からの借金を10年以上かけて完済したのに、いわゆる「ブラックリスト」に名前が載ったままのため銀行から新たな融資を受けられない――。製造業の男性がこう訴えて、信用情報を扱う「全国信用情報センター連合会(全情連)」などに慰謝料440万円を求める訴訟を東京地裁に起こした。「センターが不利益な誤情報を放置している」と訴えている。

 ブラックリストは金融機関が共有する信用情報で、貸し出しに問題が生じそうな利用者をリストアップしてある。融資の際にチェックし、利用者に過去の返済などで問題があったかどうか判断する仕組みだ。全情連によると、利用者が法定利息を超えて支払った過払い金の返還を求める手続きに入った場合「契約見直し」や「債務整理」といった情報が登録されるという。

 訴状によると、男性は消費者金融会社2社から24万円を借り、今年4月までに利息を含めて全額を返済した。その途中で過払い分を金融機関から取り戻すことを弁護士に委任したところ、2社はその直後に相次いで「債務整理」とする情報を全情連に登録。完済後も情報は訂正されず、銀行に新規融資を申し込んだら拒否されたという。

 男性側は「本来『完済』と登録すべきで、貸金業者は何ら調査もせずに誤情報を報告した。信用情報機関も訂正に応じないのはおかしい」と訴えている。

 男性の代理人弁護士は「情報が登録されると、金融機関は問題があるとみて融資に慎重になる」という業界の事情を指摘。「過払い金の返還手続きをするとブラックリストに載る、と思わせて手続きをあきらめさせる業界の手法だ」と話した。一方、全情連はその意図を否定し、「貸す貸さないは業者の判断だ」と反論している。

---------

☆今日の一言☆

果たして「金融業者側」の責任か?登録業者側の責任か?

どちらにしても今回の訴訟には大きな「インパクト」があると思います。金融業者側には「正確な情報登録」を,また全情連も「正しい記録」をお願いしたいものです。

「過払い」=「完済」と本来なると思います。でなければ「架空請求」を続けていた事になるのではないでしょうか?

また通常なら「全情連」に誤情報があれば,調査依頼をする手続きでしょうが・・・今回は「銀行融資」に思いっきりかかった問題のようです。銀行も「全情連」の情報を鵜呑みにしないで頂きたいですね。そういう意味でも今回のケースは大きな意義がある「提訴」と思います。

-----

(参考資料)

個人信用情報及び法人信用情報の開示について「全国信用情報センター連合会(全情連)」HPよりhttp://www.fcbj.jp/howto/howto/index.html

(4)

開示された情報について心当たりがない場合や、内容に疑義があるときは開示受付窓口に備えてある「調査依頼書」に必要事項をご記入の上、提出していただきます。当該調査依頼書をもとに、情報を登録した会員へ調査を依頼し、後日、調査結果をご本人へ通知いたします。

 

(5)

本人開示により、万一誤った情報が登録されていることや同意なく登録された情報及び不正な手段により登録された情報であることが判明した場合には、速やかにその情報の訂正または追加・削除を行います。

-----

年金問題しかり,その他しかり・・・全て自分で確認しないとならないというのも「やはり変だと」思いますが・・・その手間暇等の費用は請求できるのでしょうか?

きっと,今回のようなケースは全国でも同じような境遇の方も多いと思います。ひょっとして「過払い金返還訴訟」の次の大きな「訴訟」になるかもしれませんね。

いい判例を待ちたいものです・・・。

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■三和ファイナンスの情報その2(コメント欄への投稿から)+「クレディア」情報(N太氏のブログより) | トップページ | ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはayuです
コメントのご紹介ありがとうございます

おまけでひとつ

専門家が分析する三和ファイナンスの状況は決して悪くないです
悪いどころか去年より上がってます
倒産のリスクもそんな高くないようです
どんな裏があるのか判りませんが
12月に私自身三和との一回目期日がありますので
減額を言い出したら財務状況の提出を要求してみます

又、全情連を起訴した云々
アディーレ法律事務所ですね
HPにどーんと出てました

実は私もライフと残責ありの過払い請求を行っております
請求書を送って電話をもらった際
「過払いが出てるの確認できました。ただ途中から計算が・・・」
(これは利息分の充当計算の差です)
といってたくせに
和解に応じず訴訟するとなったら
その間の約定支払日に請求書だします、延滞もつけます
といってました。
双方で過払いが発生していることを確認してるので
延滞もなにもないもんだと思います

もちろん提訴の予定ですが
その最中請求があったり延滞がついたりがあれば
即、架空請求として追訴すると言ってあります

決着まで時間が延びれば「延滞をつけるぞ」と言うことは
ライフの言い値で和解を飲めという脅しであると受け取ってます
また、そういうことで正しい請求の権利が脅かされるべきでもないと思っています

もし、裁判の最中ネガティブ情報をつけられることがあれば
ライフもその情報を登録した信用情報機関もまとめて訴える予定です

巷ではインフルエンザが流行りはじめたとのこと
くれぐれもお身体ご自愛くださいませ
私も12月は簡裁通いの予定なので体調管理をしっかりせねばと気を引き締めています(笑)

投稿: ayu | 2007.11.19 16:05

ayu様

こちらこそありがとうございます。
再度貴重なコメントをいただきまして,感謝申し上げます<(_ _)>

やはり「三和ファイナンス」にはお金があるのですね・・・。ということは「何かたくらみ」があると考えて間違いないようです。

そうすると,会社精算等の手法も考えているのかもしれません?いずれにしても今後動きが出てくるのでしょう。。。

>12月に私自身三和との一回目期日がありますので減額を言い出したら財務状況の提出を要求してみます

そうですか,現在三和と闘っていらっしゃるのですね。ご多忙な中貴重な情報ありがとうございます。有力な情報を入手されましたら,またご一報下さいませ。皆さんが知りたがっている情報ですので<(_ _)>

>全情連を起訴した云々アディーレ法律事務所ですねHPにどーんと出てました

そうでしたか^^;あの「アディーレ」さんだったのですか・・・ここらしいですね。情報ありがとうございました。メルマガを購読しているのに最近HP等も見ていなかったものですから・・・今確認できました(^^)マスメディアを味方につけて大飛躍ですね。以前聞いた話では,駅前留学ならぬ駅前法律事務所を目指しているとか・・・勢いからすれば可能ですね^^;

ayu様の心意気は「本人訴訟型」の方にとつて,とても勇気をいただける闘い方だと思います。

また夜中になるかと思いますが(できれば早めにしたいです・・・)ほぼ全文UPさせていただこうと思います<(_ _)>

私の体の事をお気遣いいただきまして,痛み入ります。先ずはお礼まで。

投稿: yuuki | 2007.11.19 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■三和ファイナンスの情報その2(コメント欄への投稿から)+「クレディア」情報(N太氏のブログより) | トップページ | ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) »