« ■「全情連」がついに訴訟される!・・・(asahi com様ニュースより) | トップページ | ■三和ファイナンスの情報その3(コメント欄への投稿から)+「全情連」を訴訟した弁護士事務所は? »

2007.11.19

■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より)

‥‥……━★

こんにちは。

どうも風邪をもらったらしい・・・昨日はダウンしてました。

今日は少しはいいようですが・・・歳かな?朝からボケています(もともと・・・)。どうやらブログの禁断症状も出たようです(ブログ=ネットを見ないと調子がでない?)

皆様も季節柄,気を付けて下さいね。今年の風邪はしつこそうです・・・。

さて,ブログでも電話でも「悩み」を誰かに伝えたい・・・聞いて欲しい時があると思います。

「借金」「子育て」「その他悩み」・・・以前からありましたが,NPO法人がそんな悩み事を聞いて下さるようです。

産経ニュース様に記事が出ていましたので,ご紹介させていただきます。

--------

死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動

(産経ニュース 11月19日付よりご紹介)http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/071119/stm0711190209001-n1.htm

≪自らの体験生かし、ヤミ金と対峙≫

 全国で自殺者が後を絶たない。平成10年以降は、3万人を超えている。健康問題や借金苦などが、理由の上位。こうした中、自殺志向者の相談に耳を傾けたり、弁護士や司法書士に頼らずに多重債務者支援を行ったりするボランティア団体がある。この“防波堤”で奮闘するのが、自らの体験を下に「正義感で動く」人たちだ。(三宅陽子)

 「『死にたい』という衝動が、抑えられない」。さいたま市大宮区のビル一室に事務所を構える「埼玉いのちの電話」((電)048・645・4343、問い合わせは(電)048・645・4322)。

 ある日の深夜。切羽詰まった若い女性の声に、相談員はうろたえた。病気もちの女性は朝になれば、専門医にかかることができる。だが、闇が迫ると辛く苦しい気持ちがあふれ出すのだという。

 「朝までずっと話をしていよう」。泣きじゃくる女性をなだめるように切り出した相談員。何時間、話しただろうか。夜明けが近づき、女性の声のトーンが落ちてきたのが分かった。

 「眠るの?」

 「うん」

 再度眠りについたことを確認し、静かに受話器を置いた。

 自殺相談から人生相談まで「24時間365日態勢」の“よろず相談所”には、年間2万件を超える電話が寄せられる。うち、自殺志向者は約2000件。実働相談員は約250人で、全員がボランティアだ。

 仕事を持つ人も多く、慢性的な人手不足だが、1日6交代制で電話を受け付けている。

 「最近は、家族や友人関係が希薄。打ち明けられずに悩む人が多い。ここでは、相談者に意見はしない。ただ聞くだけ。言い換えるなら、聞き上手の隣のおばさん。気持ちを整理し、前進するきっかけになれば」と相談員は力を込める。

 「お宅は、無資格で営業してるよね。そういう業者には、金は返さないことになっているから。不服なら、被害届を警察に出してほしい」

 多重債務者の支援を行う「NPO法人さやま・あすなろ会」(埼玉県狭山市、(電)04・2955・6717)の事務所に、野村浩三理事長(65)の低い声が響く。

 昼夜を問わないヤミ金業者からの取り立てにおびえていた子供連れの女性が、安堵(あんど)のため息を漏らした。

 同会では、消費者金融やヤミ金に手を出し、法外な利息で雪だるま式に増えた借金の整理法や救済手続き法などを教えてくれる。事務局理事11人は以前、相談者と同じ境遇にあった人ばかりだ。

 新倉忠副理事長(56)は高校卒業後、貴金属類などを売るバリバリの営業マンだった。バブル期は給料で足りた接待費も、景気が傾くと懐を締め付けた。消費者金融への借入で、借金は380万円までふくらんだ。

 そうした状況で、損害保険会社の代理店になるための研修を受けることに。研修中は収入が激減した。毎回の返済に行き詰まった。程なく、ヤミ金業者の誘惑に乗った。

 「借りたのは少額だったが、3万円を借りれば1週間に1万円の利息が付いた。支払えずに、すぐまた別のヤミ金に手を出した。利息だけ払っている状態が続き、『これ以上は無理だ』と思った」と振り返る。

 そんな時、多重債務者らの相談に乗る団体にいた野村さんと出会った。特定調停で債務を圧縮。過払いもあることも分かり、すぐに完済。ヤミ金は違法で、返済義務がないことも初めて知った。

 仲間と同会を立ち上げたのは、平成16年のことだった。メンバーの中には、ヤミ金業者に監禁された人、竹刀で殴られた人、自殺未遂を図った人もいる。

 真面目に働き、軽い気持ちでヤミ金に手を出して地獄を見た人たち…。

 「今はみんな仕事を持って静かな生活を送っているが、ちっぽけな正義感に動かされ、ここに来ている。まだまだ認知度は低いが、多重債務には解決方法があることを多くの人に知ってほしい」

 男性メンバーのこの言葉が、活動を継続するメンバー全員の願いでもある。

                   ◇

 ■自殺者数の年別の推移

 平成   総数     男     女

 元年 22436  13818  8618 

 2年 21346  13102  8244 

 3年 21084  13242  7842 

 4年 22104  14296  7808 

 5年 21851  14468  7383 

 6年 21679  14560  7119 

 7年 22445  14874  7571 

 8年 23104  15393  7711 

 9年 24391  16416  7975 

10年 32863  23013  9850 

11年 33048  23512  9536 

12年 31957  22727  9230 

13年 31042  22144  8898 

14年 32143  23080  9063 

15年 34427  24963  9464 

16年 32325  23272  9053 

17年 32552  23540  9012 

18年 32155  22813  9342 

(ご紹介ここまで)

--------

☆今日の一言☆

全国には様々な「命の電話」があります。

日本いのちの電話連盟(全国の電話番号が載っています)→http://www.find-j.jp/zenkoku.html

-----

私もそうでしたが,「借金」が払えなくなった時は「死にたい」と考えるものです。かの「吉田猫次郎氏」でさえそうでしたから・・・。私は「命の電話」ではなく「ネット」で何とか命を取り止めた一人です。それゆえに私のブログでの「情報発信」は恩返しでもあります。

「吉田猫次郎のBLOG」にも「島根県」での講演内容が書かれていました。内容の一部をご紹介します。http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-date-20071119.html

『・「知識」で解決できても、「意識」がその気にならなければ、その知識にすらたどりつけない。「知識と意識」の両輪は揃ってはじめて多重債務者は救済され、自殺者も減るのだ。

・思い込み、先入観は捨てろ - ブラックリストは怖くない。ブラックリストの仕組みはこれこれこういうふうになっている。仮に載っても平均5年程度で消えるし、ブラックは加盟業者が与信審査目的でしか見ることができないから、職場や近所や親戚にはまず知られない。借金取立ても怖くない。規制だらけなので、怒鳴られることさえない。自己破産は懲罰制度じゃなくて救済制度だ。最悪どうにもならない場合は自己破産によって救済されればいい。自己破産しても会社役員になれるし就職や引越しにも不便しないし戸籍も免許も全く汚れない。周囲にも意外と知られない。メリットはあってもデメリットは驚くほど少ない。一括請求は怖くない。日本人は請求されることに弱過ぎる。一括請求されたら堂々と「一括では返せません、分割で返しますから相談に乗ってください」と前向きに相談したっていいじゃないか。差押も怖くない。われわれは最低限の生活は保障されている。生活必需品までは取られない。競売も怖くない。赤紙も貼られなければ、競売開始後即日退去させられるわけでもない。かなり長く住める。おまとめローンや一本化は絶対やってはならない。一本化で信用が保たれ楽になれると思ったら大間違いだ。一本化すると借り癖が直らず、結果的には借金が倍増する。

・子供の教育について。 どんなに親が多重債務でビンボーでも、子供の希望する進路だけは望みどおりにかなえてやれ。自己破産しても債務整理しても奨学金は使える。(教育ローンは使えないけどね)奨学金は豊富にある。ダブルで申請したっていい。また社会福祉協議会のような教育費をゼロ金利の長期返済で貸してくれる公的機関もある。これもブラックかどうかは無関係。いちばんいけないのは、借金返済を最優先して、教育費や光熱費や税金や家賃を後回しにすることだ。特に教育費は重要だ。難しい数学の公式は教えても、「親の経済状態が悪化した。だから子供の高校を中退させよう」などと考えるのは短絡的すぎる。そんなことでなにが教育だ!厳しい局面に遭遇したときに知恵をふりしぼって道を切り開けるようにするのが教育ではないのか?「知恵」の働く親子なら、たとえ親が多重債務になっても、子供は子供で自分の道を切り開くべく、学費のことを学校や福祉などに相談し、親が苦しいからこそ子供は向上心を捨てずにたくましく育っていくはずだ。』

(一部ご紹介ここまで)

-----

思い悩んでる時は「暗闇のど真ん中」にいます。誰かに話を聞いてもらえる,メールできる,書籍に出会える,ネットで体験を見れる場合はまだ救われます。本当に便利な時代になりました。

ただその反面,携帯メール等での「イジメ」や犯罪が多くなったのは残念です。

毎年残念ながら多くの方が,何処かの国の戦争で亡くなるより多く自殺しています。国は民があってのものです。特に若い人が亡くなるのは,その国の未来が無くなるのと同じです。

人は勝手に生まれて来たのではなく,「使命」があって生まれてきます。この世で「あなた」がいなければ出来ない事があるから,「願って」生まれて来るんだと何処かで聞きました。

どうか「あなた」の存在は「あなた」だけでなく,先祖が必死に生きて来て,あなたへ「バトンタッチ」した「証」であり「未来」へ託された「命」です。

そして「あなた」を必要としている「人」が必ずいます。また「あなた」でなければ出来ない事が必ずあります。

-----

私も悩みと日々格闘しています。「借金」以外の事でも悩んでもいますし,毎日が自身との「葛藤」とまわりとの「格闘」の日々を過ごしています。

太陽は,毎日必ず昇ってきます。そして太陽は等しく皆さんに光を与えます。「あなた」だけを光が差さない事は絶対にありません。

どうか,ブログやネットを通じて一緒に「生きて」いきましょう。例え1000年間続いた暗い洞窟でも,灯りが一瞬ともれば「ぱっと」明るく見渡せるようなものです。

「抜苦与楽」(ばっくよらく)という言葉があります。苦しみを抜いて楽を与えるといいます。

「借金」でも何でも,苦しみの元が何であるかが分かっていれば,必ず解決出来る方法があります。

「借金」の場合は「法律」に精通された所へ。「難病」の場合は名医のところへ。「心の悩み」にほ,先ずは身近な人へ,そして上記のような「ボランティア」や「心療内科」,ネット上で同じ悩みを「情報発信」しているブログへと・・・相談してみませんか?

あなたが苦しみから立ち上げれば,後から続く人の「灯」になります。どうか皆さんも頑張って道を切り開いていきましょう!

そして「笑顔」を取り戻しましょう・・・どんな困難な時でも,笑顔のある人生は素敵です。

-----

豊かな社会と言われて来ましたが,実は見かけだけの社会のようです。本来の「人間の為の豊かな社会が」これから問われると思います。

私もブログがあるからこそ「前進!」をしなければ・・・という日々です(汗)

(取りあえずこの辺りで失礼します)

|

« ■「全情連」がついに訴訟される!・・・(asahi com様ニュースより) | トップページ | ■三和ファイナンスの情報その3(コメント欄への投稿から)+「全情連」を訴訟した弁護士事務所は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

皆様方、ご承知のように、以前より、「新規法人設立⇒政府・自治体融資、銀行制度融資、助成金、私募債。連帯保証切り。 」の宣伝を行い、数多くの依頼を受けてきましたが、依頼者を通じて、あるいは、うわさを聞きつけて、多重債務者のご相談が、多くなってきました。
三和法務管理会計事務所では、相談料(着手金)金30万円にて、問題解決まで、支援いたします。この料金の中には、「受任通知書発送委託費用」も、含まれています。万が一の訴訟費用は、(そう高くない)実費となります。
 また、当社は、あくまで、御社の「下請け」・・・の、認識を致しております。


平成21年2月 吉 日           658-0065
神戸市東灘区御影山手4-18-13
三和法務管理会計事務所               c.e.o. 中薗 孝一郎   
e-mail kn0131jpn@yahoo.co.jp
電話  078-843-2441
fax 078-846-2298
携帯 090-2350-744            *年中無休、9:00から19:00の間、通話可能

中薗孝一郎(略歴) ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/nichirin888/entry-10208114483.html
詳しくは ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/nichirin888/entry-10209634142.html

-----
管理人より一言(yuuki)

(ご注意:上記は当ブログとは一切関係ありません。なお,下記の石山氏のご指摘のように、司法書士には登録されていません。

[中薗孝一郎] → 行政書士としては登録があります。http://www.gyosei.or.jp/search/search.cgi?detail=1;id=1832254

(ご参考まで)

「司法書士検索・司法書士法人検索」
http://search.shiho-shoshi.or.jp/access_support/
 
「日本行政書士会連合会」
http://www.gyosei.or.jp/search/search.cgi

ですので,「多重債務者」の方の法律相談は出来ますが,「代理」は出来ません。つまり行政書士や未認定司法書士の場合は全て,個人(本人)で裁判所等の手続きをすることになります。

相談料(着手金)金30万円・・・支払う方がいるのかが疑問です?)

投稿: 三和法務管理会計事務所c.e.o. 中薗孝一郎 | 2009.02.25 06:26

上記の人は私のNPOにも執拗にメールや掲示板を荒らしている人です。

本人のプロフィールを見ましたがどうも非弁活動をしている様子です。「司法試験短答式合格」「行政書士合格」とありますが旧司法試験の短答式だけ合格してもねー(笑)他の「論文式」「口述式」に合格して司法修習生を2年はクリアしているのでしょうか?jまさか短答式だけで司法試験を合格したと思わせているのでしょうか?詐欺罪になりますが・・・

行政書士や税理士であっても所属会が
書いてありませんね?合格しただけでは法律活動は出来ませんし行政書士が司法に関わることは出来ません。多重債務の案件を扱っていると書いてますが警察に通報したほうが良いですか?下らない書き込みは止めましょう。

投稿: 石山 | 2009.02.25 09:45

石山様

いつもありがとうございます(^^;)
仕事が立て込んでいましたので,お返事が遅くなりました。

取り敢えずコメント欄へ「注意」を書き込みました。

これからもよろしくお願い申し上げます。

急ぎお礼まで(^^ゞ

投稿: yuuki | 2009.02.25 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「全情連」がついに訴訟される!・・・(asahi com様ニュースより) | トップページ | ■三和ファイナンスの情報その3(コメント欄への投稿から)+「全情連」を訴訟した弁護士事務所は? »