« ■貸金業の規制等に関する法律施行「令・規則」(案)・・・11月7日(水)に公布(いよいよ平成19年12月19日から始動) | トップページ | ■骨髄幹細胞は脳梗塞・心筋梗塞等の究極の治療法(治療した医師が驚く)・・・自然治癒力の証明「NHKスペシャル」を見ての驚き! »

2007.11.05

■債権者側から見た現状・・・過払い金返還訴訟が少ない?

‥‥……━★

こんにちは。

先週のNHK土曜ドラマ「ジャッジ」も分かりやすい内容でした。毎回いろいろな事件が,緩急をつけた内容なので飽きないですね。今週でいよいよ最終回・・・少し残念です。

それにしても分かりにくいのは,今の政治情勢です。昨日の小澤党首の辞意表明は不意打ちでした。前安部総理もしかり・・・それにしても「政界」の流れは思っているより「異常」なようです。

それはそれとして,先週は大手消費者金融の上方修正がありました。どうやら,過払い金返還訴訟を遠慮されている方がまだまだ多いようです。

いつもの債権者側のメルマガ様からご紹介させて頂きます。興味のある方やもっと詳細を知りたい方は,ご購読されてはいかがでしょうか?

--------

某大手消費者金融P社のA店長の極上ウラ話!!(11月5日号より)

発行人  : Masa
URL  : http://blog01.sea-manta.net/
メルアド : ma3437@yahoo.co.jp
『裏キャッシング道!現役信販マンのカード業界ウラ話』
(ID:0000160251)

========================
子供にお金がかかる、特に中高年の為のキャッシング道!
現役信販マンが教えるカードの落とし穴に嵌まらない方法
========================

(省略)

「やあ~、どうそっちは?少しは秋らしくなってきた~?」

「久し振りですね~、A店長。最近ようやく涼しくなって来て、秋の気配が感じられるようになって来ましたよ。」

「へぇ~!もうこっちは涼しいどころか寒いくらいだよ。秋ってゆーか冬が近いって感じかな~。」

・・・しばらくは近況報告や○○さんはどうした、とか、雑談が続きましたがそれは関係ないのでカット。


「それでA店長、景気はどうですか?最近は株価も上がってるし、報道にあるとおり業績回復なりました?」

「いや~、あれは数字のマジックでね、ただ単に既存客からの過払い請求が当初予想していたほどに膨らまずに済んだので、その分経理上積んでいた引当金を収益の方に廻せたというだけだから。新しくバンバン客が増えて、儲かってるって訳じゃないからキビシイよね~。」

「過払い請求って、まだ沈静化しているわけじゃないですよね?」

「スゲー多いよ!全然治まる気配もないくらい。でも、先日アコムに続いてプロミスも中間期業績予想の上方修正を発表してるけど、営業利益は38億円の従来予想から171億円に、純利益は12億円から118億円にぞれぞれ増額修正してるよね~。貸倒引当金が想定ほど膨らまなかったからと説明しているから、過払い請求も高水準で推移してるけど、爆発的な増加のスピードは鈍ってきた、つまりは底を打った、と観る向きも多いようだよ。」

「そうですか。ところで金利下げてからの客の動きって、どうです?」

「一時期に比べたら、増えてきてるかな~。ただ、やっぱ以前に比べて可決率は悪いから、そんなに残高が増えてきているって訳じゃないと思うしね~。」

「ちなみに店長のトコで可決率はどのくらいですか?」

「だいたい30~35%ってトコじゃない?金利が下がったからと言って、客がバンバン申込してくるわけじゃ無いし、総量規制の前倒しもあるから無視できない上に金利下がった分、リスクを金利でカバーできないから審査も厳しくなるわで、そんなに儲かってないと思うよ。」

「うちも一緒ですね。なかなか可決できないですもん。」

「そういえば、儲からないからと撤退を決めていた外資系のGEコンシューマー・ファイナンスが消費者金融事業「レイク」の売却を決めていた件で、どうやら11月5日に一次入札を実施するらしいね~。アコムやプロミス等の消費者金融大手のほかにも、投資ファンドなども名乗りを上げるって話だし。
予定ではGEは、9月中に1次入札を実施する予定だったんだけど作業が遅れて、やっとファイナンシャル・アドバイザーにはUBS証券を選定したことで今回の入札にこぎつけたらしいよ。これからは応札企業の買収価格や資金の調達方法、提案内容を吟味して、数回の入札を実施してから譲渡先を決める予定のようだね~。」

「今後はどうなるんでしょう?こうなって来ると再編話も必要なくなって来るんでしょうか?」

「いや~、結局、新規客が増えないとね~。今の状態で新規が増えてるとしたら、それは金利が低いのに審査を緩くしたって事だからさ~。リスクがより高くなるわけで、貸倒引当金がまた増えるんじゃ意味ないよね。」

「じゃ、この黒字状態も一時的なものと考えてるわけですか。」

「だって、金利引下げに加えて、年末には総量規制が前倒しで実施されるわけでしょ?こんな状況で今後を楽観視できる業界人なんていないんじゃないの?なにもいい材料がないもんね~。」

「やっぱそうですよね。信販業界も大変ですけど、消費者金融業界も変らずってところですか。」

(以下省略)

---------

☆今日の一言☆

どうやら,過払い金の引当金が大手では「余っている」為に,業績好転の大きな要因のようですね。

埋もれた「過払い金」はまだまだあるようです・・・。

それから今日は,GECF「レイク」の第一回入札日。無事に終わるのかが注目です・・・。

(取りあえずこの辺りで失礼します)

|

« ■貸金業の規制等に関する法律施行「令・規則」(案)・・・11月7日(水)に公布(いよいよ平成19年12月19日から始動) | トップページ | ■骨髄幹細胞は脳梗塞・心筋梗塞等の究極の治療法(治療した医師が驚く)・・・自然治癒力の証明「NHKスペシャル」を見ての驚き! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■貸金業の規制等に関する法律施行「令・規則」(案)・・・11月7日(水)に公布(いよいよ平成19年12月19日から始動) | トップページ | ■骨髄幹細胞は脳梗塞・心筋梗塞等の究極の治療法(治療した医師が驚く)・・・自然治癒力の証明「NHKスペシャル」を見ての驚き! »