« ■いよいよGECF「レイク」売却の一次入札が11月5日に・・・。 | トップページ | ■債権者側から見た現状・・・過払い金返還訴訟が少ない? »

2007.11.03

■貸金業の規制等に関する法律施行「令・規則」(案)・・・11月7日(水)に公布(いよいよ平成19年12月19日から始動)

‥‥……━★

こんにちは。

今夜は21時から「ジャッジ~島の裁判官 奮闘記~  NHK 土曜ドラマ」の4回目放送があります。毎回楽しみに見せて頂いています。今回は「命」がテーマの「交通事故」にスポットが当てられた内容になるようです。http://www.nhk.or.jp/dodra/judge/html_jud_story.html

さて,金融庁から昨年改正された貸金業法の政令等が決まったようですので,ご紹介させて頂きます。

--------

■「貸金業の規制等に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」及び「貸金業の規制等に関する法律施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」に対するパブリックコメントの結果等について(金融庁)

http://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20071102-1.html

この中で,

『2. 本件の政令・内閣府令等の公布について

本件の政令は本日閣議決定されており、平成19年11月7日(水)に公布される予定です。内閣府令についても、平成19年11月7日(水)に公布される予定です。

貸金業法等改正に係る政府令の概要について[参考(PDF:267K)] 』

に概要が分かりやすく書かれています。

-----

(要は12月19日からはいよいよ「総量規制」が適用されます。詳しくは上記リンクをご覧下さい。主要なところは下記に抜粋させていただきました。)

2.総量規制の導入

<法律のポイント①>

○ 貸金業者に借り手の返済能力の調査を義務づけるとともに、
・自社からの借入残高が50万円超となる貸付け
又は
・総借入残高が100万円超となる貸付けの場合には、年収等の資料の取得を義務づけ
<法第13条>

○ 住宅ローン等を除き、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けを原則として禁止
ただし、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けである場合には、年収の3分の1を超える貸付けを行うことも可能<法第13条の2>

<府令のポイント①>

○ 住宅ローン等の内容を規定
・不動産購入のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
・自動車購入時の自動車担保貸付け
・高額療養費の貸付け等

○ 顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付けの内容を規定
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け(居宅等の生計の維持に不可欠なものを担
保とする場合を除く)
・売却予定不動産の売却代金により返済される貸付け
・顧客に一方的に有利となる借換え(毎回返済額・総返済額が減少し、追加担保・保証なしの場合)
・緊急の医療費(高額療養費を除く)の貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け(配偶者の同意
が必要)
・個人事業主向けの貸付け(当該事業主の返済能力を超えない
場合に限る)

-----

<法律のポイント②>

○ リボルビング契約について、途上与信によるチェックを義務づけ<法第13条の3>
○ 途上与信の結果、総借入残高が年収の3分の1を超えることが判明した場合、貸付けを抑制するための措置を講じる必要<法第13条の4>

<府令のポイント②>

○ 途上与信の要件等を規定
・1ヶ月の借入の合計額が5万円以上、かつ、借入残高が10万円以上の場合→ 毎月チェック
・上記にあたらない場合でも、借入残高が10万円以上の場合→ 3ヶ月ごとにチェック
○ 貸付けを抑制するための措置を規定
・極度額の減額又は新たな貸付けの停止

--------

☆今日の一言☆

いよいよ現在借り入れされている方には,厳しい状況になります。逆にいえば,生活を見直し,債務整理・過払い請求をせざるを得ない状況になる事になります。

ただ,「配偶者の同意」や「個人自営業」等の抜け道もあるようなので,今後の各社の推移が気になるところです。

さらに中小消費者金融会社も今後はさらに厳しい状況のようです。

総合/19%「撤退検討」 経営悪化浮き彫り 07年消費者金融白書」(FujiSankei Business i 2007/11/3付 )にも出ていました。http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200711030027a.nwc

今回の「消費者金融白書」を作った,JCFA日本消費者金融協会は

http://www.jcfa.net/

さあ,いよいよ年末まで気が抜けない岐路にさしかかっているようです。

私もです・・・(汗)。

(この辺りで失礼します)

|

« ■いよいよGECF「レイク」売却の一次入札が11月5日に・・・。 | トップページ | ■債権者側から見た現状・・・過払い金返還訴訟が少ない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■いよいよGECF「レイク」売却の一次入札が11月5日に・・・。 | トップページ | ■債権者側から見た現状・・・過払い金返還訴訟が少ない? »