« ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) | トップページ | ■北海道でも民事再生の「信販業、クレジットカード業」情報・・・(帝国データバンクより) »

2007.11.19

■三和ファイナンスの情報その3(コメント欄への投稿から)+「全情連」を訴訟した弁護士事務所は?

‥‥……━★

こんばんは。

バングラディシュの大型サイクロンの被害情報は,時間が経つに連れて甚大です。

一日も早く救援の手が届く事を祈らずにおれません。また日本でも多数事件もあります。こちらも一日も早く解決できるように祈らずにおれません。

--------

先ずはお知らせです。本当にココログはメンテが多いですね。

◇メンテナンス日時 2007年11月20日(火)9:00~13:00の約4時間

◇メンテナンス目的 データベース性能改善のための緊急メンテナンスを実施いたします。

だそうです・・・。この間もメンテをしたのですが・・・?

---------

今日は前回情報を頂いた「ayu様」から,また貴重な情報を頂きましたので,ご紹介させていただきます。

■「三和ファイナンス」情報の続報

(「ayu様」より 11月19日付け本家「コメント欄」への寄稿より)

http://yuuki.air-nifty.com/go/2007/11/asahi_com_9d86.html#comment-16397720

『こんにちはayuです
コメントのご紹介ありがとうございます

おまけでひとつ

専門家が分析する三和ファイナンスの状況は決して悪くないです
悪いどころか去年より上がってます
倒産のリスクもそんな高くないようです
どんな裏があるのか判りませんが
12月に私自身三和との一回目期日がありますので
減額を言い出したら財務状況の提出を要求してみます

又、全情連を起訴した云々
アディーレ法律事務所ですね
HPにどーんと出てました

実は私もライフと残責ありの過払い請求を行っております
請求書を送って電話をもらった際
「過払いが出てるの確認できました。ただ途中から計算が・・・」
(これは利息分の充当計算の差です)
といってたくせに
和解に応じず訴訟するとなったら
その間の約定支払日に請求書だします、延滞もつけます
といってました。
双方で過払いが発生していることを確認してるので
延滞もなにもないもんだと思います

もちろん提訴の予定ですが
その最中請求があったり延滞がついたりがあれば
即、架空請求として追訴すると言ってあります

決着まで時間が延びれば「延滞をつけるぞ」と言うことは
ライフの言い値で和解を飲めという脅しであると受け取ってます
また、そういうことで正しい請求の権利が脅かされるべきでもないと思っています

もし、裁判の最中ネガティブ情報をつけられることがあれば
ライフもその情報を登録した信用情報機関もまとめて訴える予定です』

(引用ここまで)

---------

☆今日の一言☆

「三和ファイナンス」はやはり・・・怪しいと思います。「ayu様」が現在闘っておられますので,また貴重な情報を頂けるかと思います。なお既に情報をお持ちの方がいましたらご連絡下さいませ<(_ _)>

個人的には,情報が集まり「三和ファイナンス包囲網」ができればいいと考えています。

それにしても「ayu様」の闘いの心意気には「本人訴訟型」の方にとっても,凄く「勇気」づけられます。寒い時期ですので,くれぐれもお体を大切に!

それから既報でご紹介した「全情連」を提訴した法律事務所は,「ayu様」の情報から「アディーレ法律事務所」と分かりました。「アディーレ法律事務所」での「全情連」掲載HPは次になります。http://www.adire.jp/press2.html

(余談ですが上記のHPの左にある「債務整理の方法1~3」は中小零細企業の方には特に必見と思います)

私はこの法律事務所のメルマガ読者になっていますが,最近はHPを見ていませんでした。確か既報で,立川に支店を出した時にご紹介させていただきました。ただテレビ等でかなり「石丸弁護士」が有名ですので・・・特にご紹介しなくても「いいかな?」と思っていましたが・・・,

ただし今後,全国展開を視野に入れている(NOVAでないですが「駅前留学」ならぬ「駅前法律相談」が数年後に全国で見られるようになるかも知れません)注目の所ですので,再度ご紹介させていただきます。

3年前は石丸弁護士が事務員とで小さな部屋から始められているそうです。借金整理に関しては特に「ヤミ金」に対して立ち向かっています。

今や弁護士+司法書士で30名を越す大弁護士事務所です。事務員も入れると総勢110名も超えたらしい・・・。「勢い」のある弁護士事務所であることは間違いないようです。。。詳細は「弁護士法人アディーレ法律事務所」求人案内を見ればよく分かります。http://www.legal-station.com/db.cgi?cmd=dp&num=10008&dp=

余程,石丸弁護士の経営センスがいいということなのでしょう。

-----

話は変わりますが,いつもお世話になっています「最強法律相談室」さんをご紹介します。

地方経済への貢献

(「最強法律相談室」様ブログ 11月18日付より)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-11.html#20071118

本年度の過払金の取戻額の合計が5億5000万円を超えた。

 年末までに目標の6億円に届くかは微妙なところだが、少なくとも6億円に限りなく近づくのは確実になった。
 田畑弁護士、橋野弁護士の分を加えた事務所全体としては、12億円程度になる予定。

 東京や大阪に本社を置いているサラ金から過払金を取り戻して、山口県の弁護士法人が収入を得ているのだから、地方経済への貢献は小さくないと自負しているのだが。

(ご紹介ここまで)

---------

こちらは3名の弁護士事務所ですが,個人的には税務署から表彰されるのでは?と思いますが。特に中村弁護士の「6億円」はサッカークジの「toto」に匹敵する金額ですので,一人の弁護士が取り戻した金額では恐らく日本屈指ではないかと思います。

それから,最強「天下り規正法」 http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/2007-11.html#20071117も賛成ですが,できれば就職より「官僚が集まって会社」を作ってもらいたいと思います。その方が雇用が増えますから・・・どんな会社?それは決まっています「人材派遣+偵察会社」ではどうでしょう(^^;)偽装等をよーく監視して頂きたいものです。

最後にいつもの司法書士さんブログから,一部をご紹介させていただきます。

---------

破産は絶対いやです・・

「司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継」様ブログ(11月15日付)http://plaza.rakuten.co.jp/sihou/diary/200711150000/

『N子さん来所 70歳後半の高齢である。債務に苦しんでいる人に年齢は関係はない。

わずかな年金生活、息子夫婦と同居、その息子が「失業した時の生活費や住宅ローンの

不足分を援助するために借りてしまった。

総額130万円、N子さんにとっては多額である。

 債務整理の方法は破産しかないと思い込み、やっとの思いでSOSを発信してきたのは

2.3日前であった。』

 

(省略させていただきました)

 

『すべてリセットして残された日々を平穏の静かに過ごして頂きたい気持ちもあるが、

N子さんの強い希望もあり任意整理の方針で行くことにした(実際の数字が出てみないと

わからないが)。

 その2時間後、電車とバスを乗り継いでK市の自宅に帰られたN子さんから

「おかげさまで胸の痞えが取れました」「皆さんによろしく」と

担当の司法書士に電話があった。

「よし、何とかしてあげなければ!!」「いざとなったら、うちの報酬は頂かなくてもいいか

ら」と指示 担当司法書士、わかっているかのように頷く。

 まだ、数字は出ていないが、任意整理として、絶対、成功させなければ!!』

(ご紹介ここまで)

--------

こちらの司法書士さんの「いざとなったら、うちの報酬は頂かなくてもいいか

ら」の心息は立派の一言につきます。

今後も庶民の味方の法律家が少しでも増える事を,願わずにはおれません。

(今夜はこれで失礼します)

追記:

どうやら先週までの無理がたたってか,風邪を引いたようです。最近は「インフルエンザ」もちらほらと聞こえてきます。え!私も?インフルエンザかどうかは,今は「グレーゾーン」のようです。

|

« ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) | トップページ | ■北海道でも民事再生の「信販業、クレジットカード業」情報・・・(帝国データバンクより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

三和ファイナンス
本人訴訟で判決までいきました。
判決も出ております。
他社も、提訴しましたがこの三和ファイナンス
だけが…
話にならないというか、控訴狙いか…
裁判官への心証もかなり悪かったと思いますよ。
因みに、満額+5%+訴訟費用です。

投稿: こんちは | 2007.11.22 14:08

こんちは様

遅くなりましたが,ご訪問&コメントありがとうございます<(_ _)>

そうですか,遂に判決まで・・・大変だったと思います。

今一番「三和ファイナンス」の情報に近い方と思いますので,また情報がありましたらよろしくお願い申し上げます^^;

ブログ記事で同士の方の為にも,ご紹介させて頂きます<(_ _)>

投稿: yuuki | 2007.11.22 23:53

長期延滞以外の全部の債権が、担保として、外資系の信託銀行に債権譲渡されていると、元社員から聞いたことがあります。だからすべての回収金は譲受けた銀行に、送金されているとのことらしい。

投稿: xxx | 2007.12.11 22:41

xxx様(横入りでごめんなさい)

私も三和の資金調達に関して調べていて
そこに行き当たりました
ストラクチャード・ファイナンスを使い
優良債権を譲渡し資金を得ているようです
債権譲渡先ひとつはオリックス信託銀行で
毎月15日と月末から7営業日目に
オリックス信託銀行の回収金口座に送金しているはず

このファイナンスには早期償還事由が設定されていて
「グレーゾーン金利の返済請求率が一定水準を超えた場合」
とあるので
今、まさにこれにあたっているのではないでしょうか?

金融商品については専門外の為
ストラクチャード・ファイナンスの詳しい仕組みがまだよく理解できないのですが
なにかここに糸口があるような気もするので
引き続き調べていこうと思っています

とはいえ私の案件はとっくの昔に完済済みなので
譲渡された債権でもなく
三和本体から取り返すしかないので
それはそれで気が重いのですけどね・・・・

私一人じゃ債権者破産も無理だし
他の方にも迷惑かかるし
なにかいい手立てはないものかと・・・・
とりあえず、来月の2回目がんばりまーす

あ、なんと2回目の期日に
人間ドックを入れているのを忘れて
バッティングしてしまいました・・・・
どちらもキャンセルできなくて
人間ドックの最中、抜け出して簡裁にいきます
ストレス溜まりまくりで尿酸値があがっちゃうーーー!

投稿: ayu | 2007.12.12 11:12

xxx様
ご訪問&貴重なコメントをいただき,誠にありがとうございます。

お礼のご連絡が遅くなりました<(_ _)>

皆様の為に,ご紹介させていただきたくお願い申し上げます。

引き続き情報がございましたら,よろしくお願い申し上げます。取り急ぎお礼まで。(昨夜は深夜まで会議をしていましたので,遅くなりました<(_ _)>)


ayu様
いつも詳細な内容ありがとうございます。

上記xxx様の事も含めて,「三和ファイナンス」関係記事をまとめてから,ご紹介したいと思います。何とか工夫して早めにUPしたいと思います<(_ _)>

投稿: yuuki | 2007.12.12 12:51

ayu様
すごい情報ですね。
未公開情報がそんなに容易にでますか?
オリックス信託ということであれば、国内案件ということになるでしょうから、資産流動化法に基づいて、計画と有価証券の発行届出されなければなりません。だから金融庁で、発行目論見書や信託契約書、回収事務委任契約のコピーは手に入ります。
場合により、財務情報も入っているかもしれませんが、証券化は、信託財産の回収事務をするだけなので、財務情報開示は要求されていないのでないかもしれません。

ご説明の早期償還は、それに引っかかりますと、信託譲渡した担保財産からの回収金いっさいは、投資家への返済原始に充てられますので、回収会社=三和Fには、いっさい資金も報酬もはいりませんよ、という仕組み。でも回収義務があるから、従業員雇って、コンピューター維持して、費用を自己負担して、費用償還請求もできず、回収する。
その上、他人の財産になった資産の過払い金払っていたら、やっていけないから、裁判所で、支配人が土下座して、簡便ねって、言ってるでしょう。
早期償還は、通常は、
①回収事務業者の信用問題に関係する破産やら、それを推定させる手形渡りや銀行取引停止などになったときです。
②担保の収益率や貸倒率が証券発行時より30%以上悪化したときとのこと(格付レポートによれば)。
だけど、①になぜか金融庁処分が含まれていて、昨年のアイフル、三洋信販、あちこち処分を受けて、早期償還になって、面倒だから、アイフルなどは、債権を買い戻したそうです。
②は確かシンキ、クレディアあたりが、貸付残高に対する貸倒率が年15%を超えているので、アウトでしょう。

もし資産は全額担保に入れられていて、早期償還になれば、回収金は全額信託銀行に送金義務がありますので、会社には、ひとを雇う金もなくなりますよ。クレディアのように。
クレディアは、5月から早期償還で、半年後に民事再生でしたね。

投稿: xxx | 2007.12.12 19:32

本日アエル株式会社との訴訟に出向いたら、本日付で東京地裁民事20部に民事再生の申立てをしたとのことでした。ショックです。

投稿: みずさわ | 2008.03.24 17:15

みずさわ様

ご訪問&貴重な情報ありがとうございます<(_ _)>

本当ですか?

今日は丁度,時間があってブログ整理をしていたところで,とてもタイミングが良かったです。

とてもレアな情報でビックリしております・・・。
再度検索してみてからUPさせていただきます。

先ずはお礼まで<(_ _)>

投稿: yuuki | 2008.03.24 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■みんな「悩み」は尽きないものです・・・生き抜いて下さい。(「死んじゃだめだよ 埼玉のNPO自殺防止活動」産経ニュース様より) | トップページ | ■北海道でも民事再生の「信販業、クレジットカード業」情報・・・(帝国データバンクより) »