« ■「三和ファイナンス」の情報その6(コメント欄への投稿+司法書士様ブログからご紹介) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」を見ての所感。 »

2007.12.13

■「三和ファイナンス」の情報その7(コメント欄への続報)+時効10年問題打破!の「神戸地裁判決」のPDF所在情報(「逆襲の債務者」様ブログより)

‥‥……━★

こんにちは。

一日経つのが本当に早く感じられます。

さて,既報でお知らせしました「プロミス 神戸地裁(橋詰均裁判長)が同社に損害賠償を命じる判決」のPDFの所在を,逆襲の債務者様ブログ経由で見れます。

「パルタ様」という方からの2CH情報で見つけた投稿です。(ダウンする為のキーワードも書かれています)http://gyakusyu.blog24.fc2.com/blog-entry-1.html#comment1015

私も全部は見ていませんが,PDFの一部内容は確認できました。また時間を作って読めれば・・・。皆様も是非ご覧下さい!

--------

■「三和ファイナンス」情報につきまして「本家コメント欄」へayu様,xxx様より続報コメントがありました。いつも貴重な情報と解説等ありがとうございます<(_ _)>

ayu様よりhttp://yuuki.air-nifty.com/go/2007/12/post_d040.html#comment-16703635

『まず、×××様が驚かれた情報の入手先ですが
スタンダードアンドプアーズ社のプリセールリポートを入手しました

リポートにはもっと詳細な内容も書かれています
このファイナンスは2003年2月のもので
この時発行された特定社債は64億です
またこれが4回目との記載がありました

この他にムーディーズの格付けを調べていく中で
2006年9月以前に2回
合計261.5億の社債が発行されています
こちらは詳細レポートが入手できず
受託銀行が不明なのです

今年の4月の企業情報で
取引先/仕入先にオリックス信託銀行がありましたので
これに関しては確定かな?と・・・・

また、ムーディーズのスペシャルレポートで
「日本の消費者金融債権ABS 過払金返還リスク-そのリスク量の拡大」
というものが出ており
クレディアの例をとりリスク分析をしています
とても興味深いのが
受託銀行に譲渡されている債権の過払い返還義務はどちらにあるのかということが論じられているのです
静岡弁護士会(うろおぼえ)が譲渡債権をリスト化しろと働きかけているようで
この道筋ができれば
返還請求にまた違った手が使えるのかと思います

三和に関しては2003年の損益が手に入ったので
その頃の貸付残高などからもう少し詳細に分析してみます

また他の方のブログなど拝見しましても
皆様三和に関してはもう怒り心頭
とにかくぎゃふんといわせたいという感じですね
私はまだ1回目が終了したばかりでこの先どのような展開になるかは不明ですが
先々強制執行を行うことになったら
強制執行妨害罪や改正された民事執行法の財産開示手続きを使えないか
引き続きその背景はお勉強中です

大変、ながくなり申し訳ございません
今回の情報の裏づけは以上です

引き続きなにかわかりましたら
報告させていただきます

また、以前ご報告させていただきました
「ライフ」との期日が決まりました
こちらも信用情報に関する記載の件で色々ありましたので
進展いたしましたらご報告いたします。』

-----

xxx様よりhttp://yuuki.air-nifty.com/go/2007/12/post_d040.html#comment-16704386

『ムーディーズの件、モルガン信託銀行では?
債権譲渡登記を調べられたら、どこに入っている(いた)かわかりますが、証券化は、債務整理よりはるか前に、信託解除して戻していますよ。
ただ、不当利得を誰が得ていたかは、実際に受益者ということになりますから、信託への譲渡者は、信託の受託者の回収事務委任契約上の受任者にすぎませんので、受益した事実は、信託銀行にありませんか。証明さえできれば。回収金送金や回収金引渡しの回収金の計算報告書の文書開示をとったらどうですか。協力しなかったら、信託銀行に開示命令をとる。
そうすると、譲渡して権利もないのに、それは不当利得とってもいないのだから、払わないのではないですか。結論としては、共同被告で(債権譲渡登記を証拠?になるとして)、訴えるのがいいのでは。投資家に分配する前に、過払い金請求すれば、金融機関ですから、払ってくれませんか。』

(コメント欄よりここまで。また本日続報があればこの後に追記させて頂きます。)

---------

☆今日の一言☆

スミマセン,時間が無いです(>_<)

(取り急ぎ緊急UPまで)

|

« ■「三和ファイナンス」の情報その6(コメント欄への投稿+司法書士様ブログからご紹介) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」を見ての所感。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「三和ファイナンス」の情報その6(コメント欄への投稿+司法書士様ブログからご紹介) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」を見ての所感。 »