« ■「三和ファイナンス」の情報その8(コメント欄への続報)+対ライフ情報(ayu様,xxx様より) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」の続報(下級裁判所判例集に掲載)+過払い金ニュース(読売新聞様ニュースより) »

2007.12.15

■祝!6億円突破(最強法律相談室さん)+他の弁護士様のご紹介+全国一斉多重債務者相談期間について

‥‥……━★

こんばんは。

長崎県佐世保でスポーツクラブ銃乱射事件の報道が時間と共に詳しく報道されています。本当に痛ましい事件です。しかもまだ犯人も逃走中とのこと・・・。

若くして亡くなられた方や,楽しく通っていた子供達の事を考えますととても胸が痛みます。犠牲者の方々に慎んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

-----

さて,「最強法律相談室」(山口県周南法律事務所)の中村弁護士様が,早くも今年の公約でもある年間6億円(再目標)の「過払い金返還」を達成されました。本当に凄い事であり,凄まじい数字だと思います。下記にご紹介させていただきます。

-----

祝 6億円突破

(「最強法律相談室」様ブログ 12月14日付よりご紹介)http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51097176.html

Tさんはタクシー運転手だが、月収が手取りで何と6万円しかない。
 奥さんがパートで10万円稼いでくれているので、何とかギリギリやりくりしているが、小学生の子供が二人いるので、生活は極めて苦しい。

 Tさんの話だと、以前は手取りで12~13万円あったのが、勤務シフトの変更もあって、最近はがたっと減ったという。

 「これじゃあとても借金は返せんので・・・」

 サラ金3社に約180万円の借金がある。
 唯一の希望は、取引期間が長い債権者もあるので、利息制限法で再計算して借金を圧縮すること。過払いになっていれば、ありがたい。

 借金は何とか解決できるかもしれない。しかし、月収手取り6万円の現実はあまりに厳しい。貧困という怪物の前に我々弁護士は無力なのだろうか。

 (新着過払金入金情報)
 ・12月13日 CFJ 302万1540円(2件)
 ・12月14日 アイフル 137万4000円(2件)
         アエル 97万8173円(2件)
         武富士 442万3000円(4件)
         セントラル 4万4000円
    
  平成19年の過払金取戻額、本日現在合計6億260万9714円

(ご紹介ここまで)
---------

「過払い金返還」で活躍中の弁護士様のご紹介です。

「はまだ市民総合法律事務所」http://www.shimaben.com/bengoshi/tanoue.html(以前は浜田ひまわり基金法律事務所で有名)の記事を,ご紹介させていただきます。

-----

弁護士報酬でAEDを寄贈 浜田の田上さん

中国新聞ニュース様(12月9日付よりご紹介)http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An200712090260.html

▽多重債務者を救済 石見の4市に計11台

 多重債務者の救済に取り組む浜田市田町、はまだ市民総合法律事務所の田上尚志弁護士(39)が依頼者の過払い金返還訴訟で取り戻した額が三年足らずで十四億円以上に達し、このほど報酬の一部で石見地方四市に自動体外式除細動器(AED、三十万円)を一台ずつ寄贈した。昨年八月以来三度目で、寄贈は計十一台となった。

 同弁護士は、浜田ひまわり基金法律事務所に着任した二〇〇五年一月以来、主に石見地方の依頼者を中心に、いわゆるグレーゾーン金利の過払い金返還訴訟を積極的に手がけている。これまでに消費者金融などから取り戻したのは千三百件、計十四億円以上。一人数百万円という例は多く、中には三千万円取り戻した人もある。

 昨年十二月に改正貸金業法が成立しグレーゾーン金利の撤廃が決まったが、同弁護士への多重債務に関する相談は減らないという。

 同弁護士は「多重債務者の中には、本来なら事業を拡張して地域経済に貢献したり、きちんと納税できたりするのに返済に追われて滞納した人も多い」として「訴訟で得た利益を地域に還元するため、AED寄贈を続ける」と話す。市は庁舎や体育施設などに順次配備している。

 また、同弁護士は、今年十一月、日本弁護士会連合会などの支援を受ける基金事務所を個人事務所に改め、浜田市に定着する決意を固めている。(田中伸武)

(ご紹介ここまで)

---------

また,下記の「無料相談」期間も残り少ないですから,早めにご相談されてはいかがでしょうか?

全国一斉多重債務者相談ウィーク

(金融庁HPより)http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/week.html

内閣に設けられた「多重債務者対策本部」では、全国の自治体における相談窓口の整備を一層促進し、各地域の多重債務者が相談窓口を訪れる一つのきっかけとするため、本年12月10日~16日に「全国一斉多重債務者相談ウィーク」を設けることとしました。

「全国一斉多重債務者相談ウィーク」は、多重債務者対策本部、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会が主催し、相談ウィークの期間中、都道府県と当該都道府県の弁護士会及び司法書士会が共同で多重債務者向けの無料相談会を開催いたします。

Poster                                                                                                                                                                                                                                              

---------

☆今日の一言☆

全国での無料相談は「16日迄」ですのでお早めにご相談されてはいかがでしょか?各県の相談場所の詳細は,上記リンク先に出ています。

当ブログでもご紹介させていただいている,

「最強法律相談室」さんhttp://blog.livedoor.jp/sarakure110/

「司法書士」さんhttp://plaza.rakuten.co.jp/sihou/もお薦めの所です。

面倒な方は「法テラス」0570-078374に聞くのが簡単かもしれません。http://www.houterasu.or.jp/

-----

ところで「過払い金」の取り戻し額では,島根県の田上尚志弁護士様のご活躍は,驚異的な記録と思います。
 
特に弁護士過疎地の場合では「ケタ違い」の過払い金が眠っているようです。まさしく「埋蔵金」といっても過言ではないでしょう!3年間で14億円以上・・・中には3000万円を取り戻した方も・・・。特に過疎地にはまだまだ過払い金という名の「埋蔵金」がありそうですね。
 
中村弁護士様が今回一人で6億円(昨年3億円)の過払い金を取り戻された事は,日本でも屈指の偉業と思われます。(周南法律事務所全体の年間目標は10億円だったと記憶しています。)
 
上記の田上弁護士様が3年で14億円ですから,合計では田上弁護士様の方が凄いことになります。(手つかずの過払い金も多かったと思われます)
 
ただ中村弁護士様は,永年の間地域の「過払い金」の取り戻しの上に,1000円,100円単位でも訴訟をされている事を考えると,やはり日本屈指の弁護士様であり日本一忙しい事務所と思います。
 
それにしても,山口県と島根県は近隣です。何とも凄まじい「過払い金返還地域」になっていますね。。。
 
どうぞ寒さ厳しいですが,これからも庶民の為にもよろしくお願い申し上げます。
 
(今夜はこれで失礼します)

|

« ■「三和ファイナンス」の情報その8(コメント欄への続報)+対ライフ情報(ayu様,xxx様より) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」の続報(下級裁判所判例集に掲載)+過払い金ニュース(読売新聞様ニュースより) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「三和ファイナンス」の情報その8(コメント欄への続報)+対ライフ情報(ayu様,xxx様より) | トップページ | ■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」の続報(下級裁判所判例集に掲載)+過払い金ニュース(読売新聞様ニュースより) »