« ■借金の解決の道は・・・遠いようで近い? | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報・・・「最強法律相談室」様よりコメントが出ました。 »

2008.01.18

■平成20年1月18日最高裁判決・・・第一報はさすが2ch経由から。

‥‥……━★

こんにちは。

今日は午後からバタバタしていますが,なんとか時間差が少なくお伝えできそうです。

注目の最高裁判決が,本日13:30分に出たようです。

いつもの「あさぎり様」からの第一報と,N太氏のブログにいち早く掲載されていますので,ご紹介させていただきます。

---------

■「あさぎり様」からのコメント欄への情報

http://yuuki.air-nifty.com/go/2008/01/post_2e11.html#comment-17156904

『今日の最高裁判決ですが、今2chで拾ってきました。
どうも、最高裁を傍聴していた人がいたようです。

主文
 原判決を 第1項第2項に限り破棄する
 審理を名古屋高裁に差し戻す

原判決1項
「原判決中時効の請求を棄却した部分を取り消す」
原判決2項
「被控訴人は、控訴人に対し、43万8157円及びうち41万4829円に対する
 平成17年11月19日から支払ずみまで年5分の割合による金員を支払え」
原判決3項
控訴人のその余の控訴を棄却する
原判決4項
訴訟費用 1:3

差し戻しって・・・きびしいですね・・・』

(ご紹介ここまで)

--------

N太の『どっちもどっち』 様ブログ(1月18日付より)

「主文 原判決を 第1項第2項に限り破棄する 」!!

http://blogs.yahoo.co.jp/saiken_saimu/archive/2008/1/18

以下は、恐らく確かな情報と思われますが、今後弁護団が出される声明文に注目です。
嫌な予感が・・・・・

過払い金返還その35社目よりhttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/debt/1196737747/l50

『名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 14:07:10
>>323
わからん。
俺は理由のところを聞き漏らさないように、事前にある程度予想を立てて
臨んだけど、
「主文
 原判決を 第1項第2項に限り破棄する
 審理を名古屋高裁に差し戻す」
これだけだったんだよ(本当に)。
これだけ言ってすぐさま退廷されたんだから、どうしようもない。

体験記にもカキコしたけど
傍聴席48名一杯で殆どが原告(被上告人)弁護士の関係弁護士。

一般人なんて俺の他5名もいたのかな?と思うくらい。

理由を言われないんだからわからねーよ(トホホ  』

(ご紹介ここまで)

---------

☆今日の一言☆

うーん上記の内容から見ると,かなり厳しい判決と思います。

法律家関係者のコメントがあれば,続報も含めて時間がある時にまとめたいと思います。

(取り急ぎ失礼します)

|

« ■借金の解決の道は・・・遠いようで近い? | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報・・・「最強法律相談室」様よりコメントが出ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうやら厳しいものとなったようですね。

私も探しますが、yuuki様からの情報発信、お待ちしております。

投稿: N太 | 2008.01.18 15:51

yuuki様
あさぎり様
つばさ様

私の勘違いであれば良いのですが・・・
上申書に不要な文字が掲載されているように思います。
○○○様に教えてあげてください。

yuuki様
上記詳細は、別館をご覧ください。

投稿: N太 | 2008.01.25 00:00

N太様
取り急ぎご連絡。
N太様のゲストブックをご覧下さい<(_ _)>

投稿: yuuki | 2008.01.25 00:49

yuuki様
直接的な書き込みをすると、逆に注目度が増すと考え、上記のような回りくどい書き込みにさせていただきました。
どうもお手間を取らせ申し訳ありません。

いま逆襲様ブログを拝見してきましたが、比較的早い段階で修正されていましたので、ほっとしました。
yuuki様、逆襲様、あさぎり様、どうもありがとうございました。

投稿: N太 | 2008.01.25 07:34

N太様

遅くなりましたが,こちらこそお礼申し上げます^^
N太さんの素早い動きで(逆襲様のご対応も含めて)事なきを得たように思います(^^ゞ

あさぎり様

あさぎり風,またご紹介させて頂きますね^^
どうやら,「過払い金返還(損害賠償)」に於いて,「文底に隠された」事に気が付いている方は,まだ少ないように思います。

それから,つばさ様の件でN太様にお礼をお願い申し上げます。N太様の働きは大変だったと思います。当然,逆襲様へもですが・・・ただこれは「つばさ」様ご本人からが本筋かと思いますが・・・。

守り役の「あさぎり」様から,「つばさ」様へお伝え下さいね(^^ゞ

(皆様,今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2008.01.26 01:04

yuuki様、N太様、つばさ様の件では、ありがとうございました。
つばさ様にはもうすでに、メールでお伝えしましたので、もうすぐご本人様から、お詫び・お礼の書き込みがあると思います。

投稿: あさぎり | 2008.01.26 11:00

あさぎり様

今日もバタバタしておりました<(_ _)>

つばさ様の事,逆襲様の書き込みを見ました。
ご本人の判断ですので,何ともいえませんが・・・つばさ様に「お疲れさまでした。これ
からも頑張って下さいね」とお伝え下さい。

「損害賠償」関連の記事・・・スミマセンまた後日にさせていただきます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

投稿: yuuki | 2008.01.27 00:45

あさぎり様
私もつばさ様の書き込みを拝見いたしました。
つばさ様のご本業と他事案のご健闘を祈ります。

あさぎり様も、お疲れ様でした。

投稿: N太 | 2008.01.27 09:15

あさぎり様

N太様の言われるように,本当にお疲れさまでした。

また,逆襲様への書き込み拝見しました。(おそらく徹夜だったのではないでしょうか?)
私はてっきり控訴理由書の「提出期限」が既に終わった?と勘違いしておりました。

それにしても,さすが「あさぎり」様の書面は素晴らしいですね^^

つばさ様にお伝え下さい。
「つるぎ(剣)なんども・進まざる人のためには用る事なし」とは先哲の金言です。

どんなに素晴らしい武器を持っていても,それを使わない人には無用な物という意味です。

私は,「つばさ様」なら現在使う事ができる立場に今いると思います。

いいかえれば,「つばさ様」しか使えません。
これは名誉挽回の「チャンス」になります。

政界でも,「辞めた」→「辞めなかった」は今日この頃の時世です。

誰も闘った事のない不法行為に関しての「損害賠償」での「本人訴訟控訴」の先陣ならば,私は引き続き応援したいと思います。

何故なら「キャスコ」等の消費者金融が「逆襲様」への書き込みを見て喜んでいるとしたら,これ程悔しい事は無いからです。

-----
また,参考までに「中山弁護士様」の記事をご紹介しておきますね。

■時効10年問題打破!の「神戸地裁判決文」の続報・・・(参考:弁護士さんのブログより)
http://yuuki.air-nifty.com/go/2007/12/post_c620.html

『不法行為が訴訟物だと民事訴訟法248条も利用しやすくなります。

(レイクや丸井やダイナースのように取引履歴を破棄してしまっている業者にも248条が適用できます。)

248条

損害が生じたことが認められる場合において、損害の性質上その額を立証することが極めて困難であるときは、裁判所は、口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果に基づき、相当な損害額を認定することができる。』

いよいよ,新時代の「過払い金返還請求訴訟」への記事を書いて行きたいと思う今日この頃です。

投稿: yuuki | 2008.01.27 12:19

yuuki様、N太様

こんにちは。

>(おそらく徹夜だったのではないでしょうか?)

つばさ様の私へのコメントを見て、なにかスイッチが入ったみたいになって、遮二無二なって、夜中11:30頃から朝まで、いっきに徹夜で作りました。
しかし、そのことで、逆襲様からメールをいただきました。
私に対しては、「控訴理由書」に関するご意見・アドバイスをいただきました。
つばさ様に関しては、かなりきびしいご意見をお持ちでした。
それに従いまして、こと「つばさ様の件」に関しては、逆襲様のところへの書き込みは、ご遠慮しようと思っています。

ところで、つばさ様の「控訴」について、私の考えを聞いてください。
要するに、
①「個別取引の充当問題」はやはりあきらめるけど、
②「第1取引」の過払い金+約15年間の5%利息は、取り返すということです。

あの最高裁判決では、実質、当然充当は無理にされてしまいましたが、
第1取引の「消滅時効問題」には、神戸地裁の「損害賠償請求事件」で過払い金を取り返す。は、まだ可能性があると思ったんです。

この点について、もしよろしければ、yuuki様とN太様のご意見をいただきたいです。
そして、逆襲様の掲示板に書き込んだ「控訴理由書」についても、なにか、お二人からアドバイスやご意見をいただけたらと思っています。

逆襲様は、「控訴理由書」の書き方についてのアドバイスを最後に、もうつばさ様関連には関知しないということでした。
それもいたしかたないことだと思います。
でも、yuuki様とN太様はもし別のご意見・お考えであるならば、是非お願いいたします。

投稿: あさぎり | 2008.01.27 18:14

あさぎり様

長い一日でしたね。本当にお疲れさまです。

「つばさ様」の件では,逆襲様の言われる事は仕方ない事だと・・・私も「つばさ様」の書き込みを見て思いました。N太氏も同じ思いかと思われます。

私も親族に,「つばさ様」タイプの人がいますので,少々理解できます。私の親族はどちらかと言えば性格ももちろんありますが,何より「消費者金融」等にそのような「生活」にされたと私は思っています。全ては自身の責任は「逆襲様」も言われているとおりですが・・・やはり限度があるかと思います。

それゆえ,「神戸地裁」の判決文を読みと私はいつも感涙しています。

長々となりましたが,ご質問の件についてですが・・・。

>第1取引の「消滅時効問題」には、神戸地裁の「損害賠償請求事件」で過払い金を取り返す。は、まだ可能性があると思ったんです。

私は,「つばさ様」が立たれるなら応援させていただきます。「控訴審を損害賠償を含めて闘う」のは,とても意義があるからです。

>逆襲様の掲示板に書き込んだ「控訴理由書」についても、なにか、お二人からアドバイスやご意見をいただけたらと思っています。

「控訴理由書」については,私は未知の分野ですので,N太様からのコメントを頂いた方がいいです。
ただ,中山弁護士様がご指摘されている事も出来るのでは?と思います。
『不法行為が訴訟物だと民事訴訟法248条も利用しやすくなります。

(レイクや丸井やダイナースのように取引履歴を破棄してしまっている業者にも248条が適用できます。)

248条

損害が生じたことが認められる場合において、損害の性質上その額を立証することが極めて困難であるときは、裁判所は、口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果に基づき、相当な損害額を認定することができる。』

昨年から,疲労も溜まってきているかと思います。時間が無いのはよく分かりました。
大変かも知れませんが,今回の控訴は頑張って見る「価値」があるかと思います。

それは,形がどうであれ「過払い金返還訴訟」を「損害賠償」という形で進行して行くのは,まだ「未開地」の事ですから(^^ゞ

最後に「逆襲様」は本当はとてもやさしい方と思っています。だからこそ「書き込み」等をキチンと見られて「最善」の処方箋を出されたと,私は思っております。これは「厳父の慈愛」からと思います。

「あさぎり様」ゆっくり「栄養」と「休息」をお取り下さい。「あさぎり様」が疲れると「つばさ様」始めご主人様や皆様方に影響が出ますので・・・。

キャスコ他の「消費者金融」が喜んでしまいます(>_<)

yuukiより。


投稿: yuuki | 2008.01.27 19:52

書き忘れました。
中村弁護士様へメールで「控訴理由書」を見て頂いて下さいね。
「あさぎり様」は以前,ご返事を頂いていますからご相談に乗って頂けると信じております。

投稿: yuuki | 2008.01.27 19:59

yuuki様

再びこんにちは。(来過ぎですねw)

中山弁護士様のお話、検討の余地ありですね。情報ありがとうございます。
でもむずかしそう・・(汗)もっと勉強が必要そうです。

それと、逆襲様ですが、あの方は本当に優しいかたですよね。私も重々わかっています。
“時には厳しいことを言ってあげる優しさ”なんですね。
それになによりも実際、私には、「控訴理由書」の書き方をアドバイスくださっていますから、いつかの光様と同じかんじの優しさですね。
yuuki様のお言葉をお借りすれば、
「厳父の慈愛」・・・まさにそうです。

>「あさぎり様」ゆっくり「栄養」と「休息」をお取り下さい。「あさぎり様」が疲れると「つばさ様」始めご主人様や皆様方に影響が出ますので・・・。

私は少々徹夜とかしても、全然大丈夫ですw
主人が多重債務者だった頃に比べたら、今の生活はほんとに、いろんな意味で、精神的にも“楽”になりました。
あの頃は、徹夜も何も、主人の新たな借金が発覚する度に、眠れない日々が何日も続きましたから・・・w
今なら笑って話せるんですがねw

実は中村弁護士さんへの、無料相談メールなんですが、1回目はyuuki様にもご報告のとおり、お返事をいただいたのですが、2回目のご相談させていただいた時は、お返事をいただけなかったのです。
でも考えたら、無料相談メールを、1回までならまだしも、2回目というのは、やはり私もあつかましかったかな?と反省しました。
なんたって、「無料」ですもんね。
弁護士さんのご意見を聞くのに、「無料」で受け付けてくださってるだけでも、すごいことですよね。
それで、今回の控訴の件でも、ちょっと遠慮させていただいているんですが・・・

yuuki様、ほんとに優しい方ですね。
いつもyuuki様には癒されます。

投稿: あさぎり | 2008.01.27 20:47

あさぎり様

再びです。
>無料相談メールを、1回までならまだしも、2回目というのは、やはり私もあつかましかったかな?と反省しました。
なんたって、「無料」ですもんね。

中村弁護士様の方から有料です。もしくはこれ以上はお応え出来かねます・・・等のご連絡が無い場合は大丈夫かと思います。

私も何件かメール相談させて頂いていますが,全てのご返事はいただいておりません。どうしても急ぐ時があり,電話でお聞きした事が当初はありました。その際は「書面内容は,それで良いと思います・・・」だったと思います。また間違った法律解釈のメールの場合は,キチンとご返事を頂きました。

察するに,メールの返信が無い場合は「その書面でも特に問題ない」かと思います。

私の中では,中村弁護士様への「借金関係」の無料相談メールは,何回でも大丈夫と判断しています。

特に今回は事案が「控訴理由書」「損害賠償」について煮詰まったものになっていますので,期日の事も含めてご相談してみてはどうでしょうか?

今後,「あさぎり様」は「損害賠償請求」もされるご予定ですから,意義があると思います。

頑張って見て下さいね。またメールを頂けたかも教えて下さいね(^^ゞ

投稿: yuuki | 2008.01.27 22:15

yuuki様

中村弁護士さんの無料相談のけんですが、
そうだったんですか!
じゃあさっそく今日にでも、メール送って相談してみます。
期日が1/31ですので、ほんっとギリギリなので、先生にもご都合がおありになるでしょうし、むずかしいかもしれませんが、でもやるだけやってみます!
そしてまたご報告しますね。

投稿: あさぎり | 2008.01.28 00:07

あさぎり様

頑張ってみて下さいね。明日は月曜ですから,中村弁護士様だけでなく,どこもお忙しいと思います。
期日が期日ですから,ご連絡を頂ければ良いのですが,もし1日待っても連絡が無いようでしたら・・・これは私の体験からですが,
例えば29日の午後一番にお電話をさせて頂きますと「予告メール」を出されてから,お電話される事をお薦めします。

電話での無料相談もOKですから。。。
今週はお互い忙しくなりそうですね(^^ゞ

(それでは今夜はこれで失礼します)


投稿: yuuki | 2008.01.28 00:26

yuuki様

こんにちは。
今朝、中村弁護士様に、メールと「控訴理由書」のFAXをしました。
お返事がくればいいんですが・・・1日待ってみて、もし来ないようでしたら、yuuki様のおっしゃるように電話も考えています。

そして、つばさ様ですが、先ほど、お電話をいただきました。

本当は、控訴はやり通したかった。けれど、あさぎりさんには本当に迷惑をかけてしまっているし、逆襲様のおっしゃることも、もっともだと思っている。
それに、各取引の充当計算はもう絶対に認めてもらえないだろう。
ならば、諦めようと思った。
でも、あさぎりさんの今回のアイデア→
『第1取引の過払金を損害賠償請求でやれば、元本と15年間の5%利息も可能性として残ってる』というのを聞いて、またやる気が出た。
是非やりたい。僕がしなければならないこともあるはずです。

と、こんなかんじのお電話でした。
そんなわけで、もうあまり、日にちもありませんが、がんばります。

投稿: あさぎり | 2008.01.28 15:20

yuuki様、あさぎり様、夜分に失礼します。

「不法行為に基づく損害賠償請求」に関して、貸金業者の不法行為といえる(のではないかと考える)ものの1つに貸金業法21条違反が該当するのでは、と思い、私の意見を送信します。

どういうことかというと、
***業者は、元本完済後の弁済(平成X年Y月Z日以降)が何ら法的根拠がないことを知りながら受領していた、すなわち、原告(借手)に支払義務が無いことを知りながら支払いを求めていた。これが貸金業法21条(A)および大蔵省銀行局通達第2602号(B)に違反していたことは明白である。
→よって被告(業者)の行為は不法行為に該当するというべきものである。***
ということです。
時効にかかる過払いの分ならば、当然、平成10年以前ですね。ならば、当時はまだ事務ガイドラインは無く、昭和58年成立の「大蔵省銀行局長通達第2602号」が適用されるものです。
「大蔵省銀行局長通達第2602号」←実はこれ、
最高裁平成17年7/19でも引用されているものです。ですので当時(平成10年以前)「2602号」に違反していたということは、立派に不法行為といえるものではないでしょうか?

あくまで私見ですが、参考までに。


--------------------------------------
1983(昭和58)年春に成立した貸金業規制法、および同年9月の大蔵省銀行局長通達第2602号(平成10年6月廃止、その後その中身は同年6月成立の金融庁事務ガイドラインに引継がれ現在に至る)「貸金業者の業務運営に関する基本事項について」によって、「取立て行為の規制」が定められました。
A=貸金業規制法第21条 (取立て行為の規制)=
(一)貸金業者又は貸金業者の貸付け契約の取立てについて貸金業者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当って、人を威迫し、又はその私生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない。(違反行為・6ヶ月以下の懲役若しくは100万円以下の罰金若しく併科)
B-大蔵省銀行局長通達(蔵銀2602号)-
取立て行為の規制(1~10)
10.法律上『支払義務のない者』に対し、支払請求をしたり、必要以上に取立てへの協力を要求する。

投稿: 774 | 2008.01.28 22:30

あさぎり様

コメントが遅くなりました。経過のご連絡ありがとうございます。

吉報をお待ちしております。

「つばさ様」は再度立ち上がるとの事ですね・・・応援させて頂きます。よろしくお伝え下さい。

どちらになっても,これからの展開は「不法行為」との闘いですので,勝てば歴史に名が刻まれると思います(^^ゞ

投稿: yuuki | 2008.01.29 00:39

774様

いつも貴重な情報ありがとうございます<(_ _)>

そうですか・・・「貸金業法21条違反」は大きな問題ですね。

また本文中(2008.01.24記事内)に「追記」コメントとして掲載させていただきます<(_ _)>

個人的には,774様の今までのご指摘も含めて考えますと・・・利息制限法違反の「貸金業者」は全て,「不法行為」になります。

私は,この「不法行為」により「自殺者」まで出した「消費者金融会社」の行為は「組織犯罪処罰法」に抵触するべきものと思っています。

今日もバタバタして時間が無くなってしまいましたが,近日中に記事をまとめてUPしたいと考えています。書きかけているのですが・・・どうも時間が思うようになりません(^^ゞ

先ずはお礼まで。また情報がございましたら,よろしくご連絡下さいませ<(_ _)>

投稿: yuuki | 2008.01.29 00:48

貸金業規制法第21条は、取立て行為の規制つまり、取立てのときに、「おらぁ~払わんかい。いつ払うてくれんねん。なんやったら、奥さんにわしから頼んだろか?ご近所のみなさーん!○○さんは返してくれまへんねん」みたいな、今なら冗談みたいですが、昔はまかり通っていた取立て行為が、社会問題になって、「もうそういう取り立てをしてはならない」みたいな法律ですよね、確か。
だから、今回でいうところの不法行為には、ちょっと遠いって気がするんですが、
「大蔵省銀行局長通達第2602号」は、確かに、774様のおっしゃるとおり、当て嵌まりそうですよね。

なので、
『第1取引完済・解約の際、過払金が発生してるわけだけど、当時の「借入れを再び希望する顧客」であった原告に、その第2取引開始の際に、サラ金側が、もしも「お客さん、過払い金あるから。」と告知してくれていたならば、当時の原告は、高利の借金を再開することなく、過払金の返還を受けることで、資金需要を満たすことができたはずである。でも、実際には、サラ金側は第1取引による過払金の存在を告知せず、再び高利の借金をさせているのだから、これは契約締結上の信義則に基づく「告知義務違反」である。』
と、
『債務者である原告の「無知に乗じ、適法に保持し得ない金員を収受しようとした」というべきだから、「社会的相当性を欠く違法な行為」といわざるを得ない。』
ということで、民法709条所定の「不法行為」を構成する。というのと、
「大蔵省銀行局長通達第2602号」をあわせて、やっていこうかなと思います。
なにしろ、貸金業法施行後の案件だと、神戸地裁の神判決には、少し足りてない弱い部分があることは歪めないので、どんどんアイデアを出していくことが必要ですもんね。
774様、ありがとうございます。

投稿: あさぎり | 2008.01.29 01:00

すみません、ちょっと訂正

×少し足りてない弱い部分があることは歪めないので、

○少し足りてない弱い部分があることは否めないので、

投稿: あさぎり | 2008.01.29 01:06

あさぎり様

丁度見直していたところ,「あさぎり様」のコメントを拝見しました。現在同じ時間帯でPC前でいるようですね(^^)

理論武装の早さはさすがです。
そろそろ中村弁護士様からご連絡があるかな・・・と思っていましたが,どうやらまだのご様子ですね。。。

FAXまで送られているので,いくら忙しくても見ていらっしゃると思いますが。。。

やはり「お電話」をされる方が,いいかも知れませんね。たぶん「あさぎり様」の書面で大丈夫?と言われるような気がしますが・・・。

昨日はお昼もかなりずれ込んで,しかもバタバタでした。今日はどうか分かりませんが・・・ご一報をお待ちしております。

それでは,今夜はこれで失礼します(^^ゞ


投稿: yuuki | 2008.01.29 01:20

yuuki様
連日のご奮闘、本当に頭が下がります。
ここ数日平年以下の気温を記録しているとのことですので、風邪など召されませないよう、ご自愛くださいませ。
また、あさぎり様との連絡用に勝手に使わせていただき申し訳ありません。

あさぎり様
あさぎり様も連日のご奮闘、お疲れ様です。お時間が空いたときにでも、あさぎりさんのブログのゲストブックをご覧ください。

投稿: N太 | 2008.01.29 11:02

N太様

N太様こそ、まさに控訴審の真っ最中なのに、お疲れ様です。

それで、「あさぎりさんのブログのゲストブック」って、
一瞬、「え?私のブログって何?私、ブログしてないはずだけど・・・」みたいな(●^o^●)
よく考えたら、N太様のところに書き込むために、開設してたんですね。
それで、今日初めて自分のブログのゲストブックっていうものを見てみましたら、N太様は「相殺」のことなど書いてくださっていたのですね。
もうほんとに、すみませんでした。
なんて、どんくさいんだろう!>私
このブログの使い方をいまいちわかってなくって・・・ほんとに、すみませんでしたm(__)m

ゲストブックに書かれてあったことを、お待ちしております。よろしくお願いします。

yuuki様

まだ・・です(汗)電話方法の教えていただいたやり方のほうも、その前の段階で・・というかんじです。
でも急ですから、仕方ないです。
もう少しお待ちしてみます。

投稿: あさぎり | 2008.01.29 14:58

N太様

ご多忙のところ,ご助言ありがとうございます<(_ _)>
N太様は現在,最前線で闘っていますので,とても心強く思います。

これからもよろしくお願い申し上げます(^^ゞ

-----

あさぎり様

N太様が味方ですから心強いですね^^

そうですか・・・待たれるのも大変な忍耐ですね。中村弁護士様の今夜のブログ更新に注目です。
それは時々ブログで「答え」をされる場合があるからです・・・。

「答え」がなければ,やはり直接ご連絡の方がいいと思います。

中村弁護士様は,ご多忙なのはもちろんでしょうが,私が感じる所では「厳愛」の先生と思っています。

それでは,吉報を引き続きお待ちしております(^^ゞ

投稿: yuuki | 2008.01.29 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■借金の解決の道は・・・遠いようで近い? | トップページ | ■平成20年1月18日最高裁判決の続報・・・「最強法律相談室」様よりコメントが出ました。 »